FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


「和」

2011年12月18日[21:50:47]

どこまでも白く明るいバスルームに、昼の日差しが差し込む。
明るいバスルームというのは、あまり好きではない。
見られたくないもの、見たくないものまでが見える明るすぎる照明は、
商業的で、下品な残酷さすら感じることがある。
でも、このホテルのバスルームの明るさは、上からの照明の明るさではない。
広めのバスルーム全体が白い大理石と陶器のタイルで囲まれ、
全体から白の明るさで包まれる。
経年劣化もそのまま味にしているので、冷たさは感じない。
 
浴槽にお湯を溜め、頃あいで入浴剤をいれる。
「何入れてるの?」
とろとろするものよ。大丈夫。のようなものではないわ」
以前持参した入浴剤はトロミが濃すぎて、流すのが大変だった。
「アレもアレでよかったけどね」
「でも、ここのお風呂では危険だと思うの。詰まったらアウトっぽいでしょ」
 
色々な形で、gohと「和」したいと思う。
前回は濃い目のローションを付け合いながらシャワーブースで交わりあった。
今回はとろとろの中で「和」したくて用意をした。
「和」をじっくりと楽しみたい。
セックスというよりも、「和」。
情の交感という方がしっくりする交わり。
 
浴槽の中で向き合い、抱き合い、
流れのように私の壷の中にそろりとgohを迎え入れる。
 
特に摩擦など必要なく、とろとろとした疑似胎内とでもいえるお湯の中で交わると、
何ともいえない幸福感に浸れる。
息をしながらのkissではなく、kissそのものを呼吸のように交し合う。
額をつけ、頬をよせ、背中に腕をまわし、指を絡め、時に上になった私がかすかに上下する。
 
入ったまま、180度回転をして背中を向けると、gohが後ろからクリトリスを指で刺激する。
緩慢に心地よさだけに浸っていたカラダを、細い電気が貫流する。
「はぅ」
声と同時に蜜壷が締まり、goh自身をも刺激し、
「うぅぅん」とgohも声をもらす。
 
「気持ちいいよ」
「うん」
gohの右手がクリトリスに触れ、左手は左胸の蕾を摘む。
私はの右手はgohの首筋に添え、左手は、胸のgohの左に重ねる。
纏綿した絡みあいは、ゆっくりとヨガのポーズのように移行していく。
 
お互いの局部は繋がってはいるけれど、この後の滑り出しのように、
心とカラダのストレッチをするような「和」。
滑らせたり、伸ばしたり、呼吸をあわせたり・・・
 
激しさも強い刺激も必要ない。
ただやわらかに。
心を解し、全てを受け入れ、全てを与えられるように、
日常のコリもすべて解しておく。


 

******
エステ感覚でとりいれて、セルフで気持ち柔らかに。
あの人の指に巻きつけてもらう柔らかふんわりアンダーヘア
衝動を起こさせたい、じれったいあの人への刺激
色気をまとって、誘惑するの。
いいんですよ。セックスは楽しんで
あの頃のような官能的なクライマックスを導くひと塗り
マンネリ打開「お風呂ラブ
******

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック || 恋愛事情||


やはり、基本はエステヴェール
丁度良いトロみ。排水のしやすさが良いです。
是非お奨め。
 

make loveコメント:0 □ トラックバック:-◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛