FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


和事

2011年05月28日[01:23:24]

ビジネス仕様の部屋があるシティホテルを私も利用することはあるけれど、
たとえ仕事を抱え込んでも、
レポート提出で一晩中PCに向っていなければならないことがあっても、
ビジネス仕様の部屋は、クールすぎるのであまり利用しない。
ましてや、一人での利用となるとそら寒く自分は何をしているのだろうと、
空しさを感じてしまうこともある。
 
でも、このgohが良く利用するというホテルのビジネス仕様の部屋は、
書斎スペースのインテリアが良いのか居心地がよい。
一人ではないというのが、そういう気持ちの最たる理由かもしれない。
窓からすぐ隣のオフィスビルが見えて、働く人たちが見えるのが残念だけれど。
「見せびらかそうか」
「馬鹿なこと言わないの」
すぐカーテンを下ろした。
 
 
YouTubeを開いて、BGMのセレクトをする。
 
私達が毎日一通ずつ交わしているメールには、
毎回YouTubeから楽曲のリンクが引っ張られている。
その時のメールの流れからとか、
送った楽曲の返し曲とか、
コレはどう?知ってる?みたいな対局のようなものだったり、
「僕の気持ちだよ」「私からの贈り物よ」だったり、
洋楽中心に、JAZZ,R&B,AOR,classic
歌い上げ系やにぎやか系、しっとり系、時にerotic系。
どれもお互いに外しがない。
音楽嗜好が一致しているから、やりとりが楽しい。
何と言っても、楽曲の歌詞がそのままラブレターになるのが素敵。
 
 
 
買ってきたデリをデスクに広げる。
「じゃあmyちゃんは、そっちに座って。僕はこっちでいいから」
と、私をプレジデントチェアに座らせて、gohはオットマンに腰をかけ、
デスクを挟んで向かい合う。
「なんだか面接みたいだわ」
「そだね面接だ(笑)よろしくお願いします」
笑い合うたびに、心が寄り添い、どんどん解されていく。
マクロビオティックスのやさしい有機ご飯と野菜を一口入れるたびに、
「・・・美味しいね」
と笑みあう心はずみ。不思議と懐かしさを感じる。
同級生のような、幼馴染のような、気持ちを許せる安心感。
そこに恋人という心弾みが加わって楽しさが跳ね上がる。
 
  
食事を済ませるとgohがオットマンごと横に移動してくる。
キスをしながら脱がされていく。
ガーターのはずし方も大分慣れてきて、
「こうするんだよね」
なんてスムーズ。

胸にキス。
gohのキスは柔らかい。
唇と舌だけで、刺激は無い。
刺激はないけれど、甘く気持ちよい。
揉みしだいたり、きつく吸ったり、あま噛みすることもなく、
ひたすら柔らかい愛撫。
片方の胸ずつ丁寧に丁寧にふくむ。
その様子を私は上から眺める。
「なんだかね、自分の胸なのに嫉妬しちゃうわ」
「どうして?」
「こんなに、愛されているのを見ているとね、
そんな気分になっちゃう」
「愛しているのは、胸だけじゃないよ」
そろりと下も撫でられる。
「お胸だけで、濡れちゃったわ」
「じゃぁベッドに行こう」
手を引かれて、デスクコーナーからベッドスペースに移動する。
 
「今日もたくさんしようね」
「ええ。たくさんしてね」
唇から全身へのキス。
「とけちゃう」
「うーん。入りたい」
「どうぞ」
ゆっくりとgohが入ってくる。
 
 
歌舞伎には男性が、はんなりと柔らかい演技をする「和事」と、
隈取で化粧をして、豪傑な演技をする「荒事」がある。
gohの所作事は、まさに、和事。
甘いささやきとkissと柔らかい動作とグラインドでとろけさせられる。
荒事に慣れていた私にとっては、とても新鮮。
荒事の場合は、相手の荒々しく激しい動きに伴い声がでるものだけれど、
和事のゆったりとした、小刻みな動きに、声は柔らかく緩やかにこぼれる。
シティホテルのビジネスダブルでも平気なくらい・・・・
 
 
「お風呂いこうか」
「ええ。あれ持ってきたわ。またヌルヌルしましょう」
 
セパレートタイプバスの洗い場で、
固めのローションをお互いに塗りたくる。
そして、バスタブに溜めたお湯を少しかけると、
ヌルヌル度が増して二人ではしゃぎ上気する。
 
ヌルヌルと子供のように、ふざけ合っている中、
gohが背後からぬるりと入ってくる。
「あん」
「こんなことやったことあるの?」
「・・・無いわ」
「楽しいね。又しようね」
「ええ」
「絶対しようね」
gohのお気に入りになっている。
もちろん、私も。
 
「こっちもいい?」
gohがmonoを"a"に当てる。
「え、ええ・・・ゆっくりね」
今回は処理済。
とはいえ、戸惑いがないわけではない。
ローションをたっぷりと付けてね」
「うん。ゆっくりね」
「あぅっ」
そろそろと入ってくる。
「キツくて、いいよ」
鈍い痛みをこらえながら、gohの喜びに私自身も愉悦を覚える。
「もう、限界かも」
「わかった。ゆっくり出るね」
「あっ・・・ふぅ」
出るとやはりホッとする。
「綺麗にしなきゃ」
monoにシャワーをあて、ボディソープで丁寧に洗った。
「うん。危ないからね」
 
バスタブに入って、撫であいローションを落とす。
「なんでこんなに気持ちいいんだろうね」
「ヌルヌル加減が胎内のような感じがするからかも」
「あぁ・・・そうかもね。またしようね」
「ええ、しましょうね・・・・」
「しつこい?」
「ふふ、し・つ・こ・い」
いいのよ。しつこくても。
gohのそういう可愛げが好きだから。
 


 

******
熱く潤って、上級の官能を得られるエッセンス
固めの絡みつくハーバルローション
私もお風呂上りにたっぷり使用のシットリボディローション
彼が夢中になるバスローションいつまでもバラの香りでトロけあう
柔らかなピンクのツボミが、ふっくら大人唇をつくります
お道具入門はローターから。二人の間でも導入しやすいのよ。
衝動を起こさせたい、じれったいあの人への刺激
売り上げの一部が義援金になります
******

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック || 恋愛事情||


刺激的なのもいいけれど、情感的なのもグッといい。
 

make loveコメント:13 □ トラックバック:-◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
myさん、いつも楽しみに読んでいます(*^o^*)
久しぶりの恋話でドキドキ、ワクワク。
お幸せそうでなによりです。

my さん“a”セックスについて聞かせてほしいの…。
myさんもOKしちゃうんだ…と思ったらウフフなぜか気軽になれたような(笑)。
なぜ男性は求めるのかな?
シメツケ感がもの足りないから“a”に挿入したいのかな?
などなど。
『それはね、違うよ』と 彼は言うんだけど。

“a”セックスってマンネリの打開策じゃないの?!
と偏見があります。
私は職業が医師。
医学的にも抵抗があります。
自分が嫌な行為はNO!すればいいんだけど、

“a”を求める男心が知りたいのです。
myさんはどう解釈していますか?
2011/05/28(土) 06:48:21 | URL | マカロン #[ 編集]
ステキな逢瀬を楽しんでいらっしゃいますね…myさん(*^o^*)


゛a¨については私は未経験(^_^;)
だけど、つい先日アクシデントが…

潤いが手伝ってそのつもりではなかったのに勢いで私の゛a¨に…

心も体も準備ができていなくて、あまりの痛さにムードは壊れ彼もオロオロ(笑)

やはり相性というものがあるのでしょうか…ネ

2011/05/28(土) 13:48:57 | URL | moon-stone #[ 編集]
いいですね…


私の彼もaを求めてくるようになり、私はやはり抵抗あったのでメールで断りました。でも何だか無下に断るのも可哀相で、

「一説によるとインテリはaがお好き、というデータがあるようね。困ったわね~」

とメールの最後に付け足したら、これが悪かった

逆に彼を喜ばせてしまった。

「え?そうなの?それは研究心が高い、ってことかな?」とか
「私もゆみちゃんもインテリなエッチだから、勉強してみようよ」
とか、へんなやる気を起こしてしまいました  


数日後に年一度のお泊りデートの予定があり、わくわくな彼と、やや戸惑いぎみな私です。

彼のわくわくを感じてしまうと少しは付き合ってあげたいと思ってしまいます。
あ-ん…どうしよう…

2011/05/28(土) 21:49:30 | URL | ゆみ #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼マカロンちゃん
はいな。
男性の中には、"a"の締め付けのみを欲する方もいるようですが、
gohもマカロン彼もそうではないと思います。
 
もちろんマンネリ打開策でもない。
だってgohは2回目で求めて来ましたし、
1回目からそんな雰囲気もあったのね。
 
"a"ってとても恥ずかしい場所でしょ。
プチS的な羞恥心を煽る本能と、
他の人には渡さないという独占欲と、
好奇心。
 
それプラス若干の締め付け願望・・・・
 
男性ではないので、そのあたりの機微は100%分かりませんが、
私も、今はそれほど好きではないです。
やはり、色々と処置も必要としますし、
医学的に危険も伴いますから・・・・
 
でも、「許したい」という気持ちもあるの。
これも一種の独占欲かもしれませんね。
 
ある方とはできない事を、私が許してあげるというような・・・・
そんな女心もあります。
 

▼moon-stoneちゃん
アクシデントかなぁ~(ヘ。ヘ)
勢いでは入りませんもの・・・・
 
いきなりは痛いですよね。
 
私達の様子を見ておいてくださいませ。
 
 
▼ゆみちゃん
研究心というか探究心というか・・・・
まぁ、少しはお付き合いしてあげてもよいかもしれませんが、
前処理、後処理は必要ですね。
 
中は綺麗にしておく、
スキンは、やはり必須かと・・・
あとローション。
 
本当は、指にスキンからと少しずつ慣らすのが良いらしいのですが、
それもね・・・・
 
みんなで体験学習していきましょうぉぉぉ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2011/05/31(火) 01:25:46 | URL | my(ミィ) #[ 編集]
こんにちは myさん ♪

お返事ありがとう(*^o^*)フムフム そうなのね
と頷いてます。

よーく 当たってる(笑)『独占欲』と“a”セックスを求めるキモチが結びつくなんて思ってもみなかった。

「マカロンの初めてのオトコになりたかった…30年前(笑)に遡るのは無理だから“a”は、初めてが僕にしてほしい」と真顔で言われて、誘い文句だとスルーしたけど、本心かもと思えてきました。
独占欲かなり強いし。
“a”構造と同様(笑) “a”を求めるキモチ、応えるキモチは 奥が深いのですね。

myさん、ありがとう(^_^)v

2011/05/31(火) 11:48:15 | URL | マカロン #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/01(水) 01:56:16 | | #[ 編集]
心情は、人それぞれなんで、なんとも言えませんが、知り合いのお相手は、インテリでもなく、独占欲でもなく、単にきついからと言う理由で求められてました。彼女は愛ゆえに受け入れてましたが。
一度許してしまうと、毎回になるんで、嫌ならキッパリ断る勇気も必要かと。
女性は、健気ですよね。
アタシは、自分が、嫌なら、愛があっても、断ります。断るのも愛です。(笑)
2011/06/01(水) 23:36:26 | URL | 砂の扉 #[ 編集]
違っていたらごめんなさいね。
もしかしたら…
お“知り合い”は“アタシ”ご本人だったりして?と思ってしまいました。
だってオトコとオンナ、本音や事実は本人たちにしかわからないから。

「キライキライも好きのうち」といいますものね(*^o^*)
いろいろありますから。
2011/06/02(木) 03:18:51 | URL | マカロン #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/02(木) 09:45:41 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/02(木) 11:23:42 | | #[ 編集]
すいません!!!

アタシの言葉足らずで、マカロン様、

もし気を悪くされてましたら、謝ります。

でも、アタシの事では、なく
知り合いの事です。

当人同士の気持ちや心情や事情は当人同士にしかわからなくて当然ですよ。

また、”a”を否定する気持ちも全くございません。

各自の嗜好の問題ですから、ご自由にですよ☆

この先、アタシが”a”大好き人間にならないとは、限りませんからね。(笑)

ただ、今の正直な気持ちで、コメントしただけです。

何故に、排泄物の出る、しかも痛い所に???

アタシはごめんだわ。。。

と、思っただけです。それだけなんですよ。

だから、キライキライも好きのうち。。

という事もないです。嫌なものは嫌。

それだけなんですよ。

好き勝手なコメント、申し訳ありません。

マカロン様や、管理人様、お許しくださいませ。

今後とも、楽しみにしてますから☆

2011/06/02(木) 20:50:49 | URL | 砂の扉 #[ 編集]
いえいえ、砂の扉さん。 こちらこそ、ごめんなさい。
ご丁寧にありがとうございます。
“a”がok(*^o^*)/non(`ヘ´)に関わらずにね、なんかね、myさんのコメントを否定されてしまったような気がしちゃったの、そんなことないのにねごめんなさい。
そしてお知り合いの方もお気の毒に思えてね…… ごめんなさい。
お許しくださいね。
これから仲良く、よろしくお願いします(^_^)v
2011/06/03(金) 00:54:18 | URL | マカロン #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼マカロンちゃん 砂の扉ちゃん
すぐにコメントをできなかったばかりに、ごめんなさい。
 
"a"話の時は、やはりいろいろなご意見やお悩みをいただきます。
 
セックスは『こういうもの』というのはありませんので、
色々なお話が出てくるのも当然と思います。
 
お二人、それぞれのコメントに他意は無いことは、
今までいただいているお二人のコメントからも理解できております。
 
お二人とも正直なお話をありがとうございます。
こうしたコメントに、「おと恋」は支えていただいております。
 
マカロンちゃん、砂の扉ちゃん、今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
▼2011/06/01(水) 01:56:16 にコメントをくださたLuちゃん
でもね、きっとその普段とは、まるで別人のような、スネスネを、
彼様も「可愛いな」と思っていると思います。
素直に甘えちゃいましょう。
気持ちの弱さも見せましょう。
大丈夫ですよ。
 
 
▼2011/06/02(木) 09:45:41にコメントをくださったriちゃん
悲しいですね。ショックですよね。
ただ彼様も本当は言いたくなかったと思います。
フェードアウトしてしまいたいと思ったのではと思います。
事実を聞くのはイヤですよね。
言う方だってイヤだと思います。
それでも言わないことを不義理と感じて、
そしてriちゃんにモヤモヤさせたくなくて、
思いやりから事実を書いてくれたのだと思います。
 
聞きたくないけれど、聞かないと悲しみが増幅してしまうでしょう?
本当は聞かないほうが良いとわかっていながら・・・ね。
 
今のお薬は『時間』しかないと思います。
 
3ヶ月、早くて1ヶ月。
事実は受け入れて、
ご自身をぎゅっと抱きしめていてください。
 
何かが変わって、何かが見えてくると思います。
ご飯も食べて、どうぞご自愛くださいませね。
 
 
▼2011/06/02(木) 11:23:42 にコメントをくださったnbちゃん

カウントダウンが始まってしまいましたね。
彼様も気持ちの整理を一生懸命つけようとしてるのでしょうね。
 
名残惜しさを必死にこらえているのだと思います。
 
それは、今までのnbちゃんのコメントでもよく分かります。
自律しようとしているのだと思います。

お互い様であることは間違いないです。
このnbちゃんなら分かってあげられますよね。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2011/06/03(金) 02:06:28 | URL | my(ミィ) #[ 編集]
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛