FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


狎れ

2011年05月24日[23:26:54]

仕事を早めに切り上げる予定の午後。
予定時間から遅れてオフィスを出る。
このままだと、また遅刻してしまう。
約束から大体30分の猶予をもらっているけれど、
いつもいつもそれでは申し訳ないし、
一分でも一緒に長くいたい。
そう。gohとの逢瀬の日。
 
駅まで小走りで向かう途中、くぼみにパンプスのヒールを引っ掛け、ゴムがつぶれかけた。
コツコツというヒールの金属音と気持ちの焦りが同じように音を立てる。
 
乗り換えスムーズに、約束の時間10分前に着くけれど、
gohがいない。
gohのことなので、約束の10分前には来ているはずなのにいない。
めずらしい。
『●●駅××口売店前』
場所はあっているはず。
丁度の時間になってもgohが来ない。
間違えた?
メールをくくって確かめる。
『●●駅××口の売店の前でね』合っている。
怪しいのは、売店がいくつかあるということ。
やはり間違えた?
最初の約束のメールを見る
『●●駅東口の売店の前』
東口なんて・・・見当たらない。
方向的には東であっているけれど・・・・
駅員に確認してみる。
「東口というのはありませんよ。もしかしたら地上の広場のことかも知れませんね」
地上・・・・
もう時間を10分過ぎている。
また、遅刻してましったわ。
焦るけれど、地上口が沢山あってこれも分からない。
心の中は半べそ状態。
 
携帯に電話をしてみるのが一番かもしれないけれど、
私とgohは、携帯については全く触れていない。
gohが聞かないから、私も特に言わない。
危機管理の一つかと思い、
私も敢えて聞かない。
緊急性のある連絡は無いし、いつもの連絡はPCメールで事足りている。
それに、連絡の術がない待ち合わせの緊張感は、
今の世の中なかなかのスパイスになる。
 
その前に事前打ち合わせで確認をしていたら問題ない。
ただ、今回はgohの指定のみ。
 
gohは神経が細やかそうで、実は大雑把なところがある。
(そこがまた大らかな魅力でもあるのだけれど)
これまでも、gohのアバウトな指定に対して、
私が細かくピンポイントで確認をしていた。
 
それが今回は××口の改札を出たところと私が思い込んでいたので、
特に確認はしていなかった。
大丈夫と思っていた。
「gohのバカ。どこにいるのよぉ。東口なんてどこよ」
かかとから金属が見え始めている靴で慎重に地下の階段を降りたり、
ビルの階段を昇ったり。
ただただ、gohが呼んでいそうな方角を動物的勘を頼りに進む。
「多分こっち・・・」
 
果たして、前方にらしき男性を発見。
二週間ずっと恋しかったひと。
ホッとして、涙腺が熱くなるのを抑えようとしたら、
「ここ、××口じゃないわ。ずっと××口にいたのよ」と毒づいてしまった。
「地下の?」
「××口は地下にしかないって駅員さんが」
「ごめんね」
この地に明るい彼にとって長年××口はここで、
私にとって××口は、改札のことと思い、
確認も無いまま、お互い様なのに、謝らせてしまった。
 
その後もヒールを直す場所を探してもらったりしたのに、
昼食用のデリも我侭を言ったり、
謝らせてしまったことに、私か微妙に不機嫌になっている。
 
今回が初めてのデートならこんなことはないはず。
回を重ねて油断してしまっている。
そして、gohの優しさに緊張感を無くして、
狎れてしまい、礼儀も節度も欠き初めてしまっている。
いけない、いけない。
 
既にチェックイン済みという場所までの道すがら、
心のスイッチを入れなおすきっかけを探していた。 
 
 
gohはスタスタと早歩き。その場所までは、よそよそしゲームのまま。
今日はいつに無く早い。ついていくのに若干わき腹に痛みを感じるくらい。
 
「はい到着」
その場所に入ると、大きく息をはき私を中に入れた。
 
L字の対面タイプのデスクにPC・プリンターが据えられている。
「ビジネス・・・」
「そう。PCがあると何かと面白いかと思ってね」
「よかった。USBメモリ持ってきているから、一仕事しようかしら。ホラ」
gohにいくつもタコ足になっている、常時携帯のメモリを見せる。
「えっ?マジ?」
「いつでもできるわ・・・・嘘よ」
バッグを置いて、窓際から外を眺めると、後ろからgohが抱きつく。
「ほら、この瞬間でしょ」
よそよそしゲームと私の不機嫌が終了して、
gohの柔らかいkissでスイッチが入れなおされた。
 
 


 

******
熱く潤って、上級の官能を得られるエッセンス
固めの絡みつくハーバルローション
私もお風呂上りにたっぷり使用のシットリボディローション
彼が夢中になるバスローションいつまでもバラの香りでトロけあう
柔らかなピンクのツボミが、ふっくら大人唇をつくります
お道具入門はローターから。二人の間でも導入しやすいのよ。
衝動を起こさせたい、じれったいあの人への刺激
売り上げの一部が義援金になります
******

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック || 恋愛事情||


いつまでも緊張感はどこかに残しておきたいですね。

make loveコメント:5 □ トラックバック:-◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
そうですね…

不機嫌なスイッチの切り替え。


大事ですよね…

ほんとうに…
2011/05/25(水) 08:48:37 | URL | ゆみ #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/25(水) 09:09:19 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/25(水) 23:09:22 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/26(木) 05:53:42 | | #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼ゆみちゃん
そうね。切り替えが上手くコントロールできるようになると、
楽です。
そうなのよ・・・

▼2011/05/25(水) 09:09:19 にコメントをくださったLUちゃん
あら・・・前進しましたね。
一歩というか、半歩ずつね。
それでも、前に進んでいるのですものね。
壁を越えるまでが、また楽しいものです。


▼2011/05/25(水) 23:09:22にコメントをくださったmちゃん
言わないの?
抱きしめて欲しい、寂しいという思いは伝えても良いと思います。
困るどころか、嬉しくなるのでは?
困らせようとして言うのではないのですもの。
それでも頑張って我慢してます・・・・というのが見えたら平気ですよ。
きっと。

回数ですか?
私の仕事は相変わらずですが、
gohが逢える日が確定しているので、
候補日を合わせやすいんです。
もちろん、求め合っているというのも要因ですがね。


▼2011/05/26(木) 05:53:42にコメントをくださったLiちゃん
大丈夫ですか?
それは辛いですよね。
彼様も動揺しての言葉であったのかもしれませんね。
あんなに細心の注意をLiちゃんがはらっていたのに・・・・
今は様子見で離れていたほうが良いですね。
 
少し時間を置くことで、冷静になって、
適切な対処方法が見えてくるはずですから。
 
彼様を信じて、もう少し辛抱してみたください。
心を大切に。
好転を私も祈っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2011/05/28(土) 01:46:25 | URL | my(ミィ) #[ 編集]
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛