FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


「信じてる」と言うこと

2010年03月07日[19:24:55]

以下のコメントをいただきました。
 
***************************************************
「逢えなくても、僕はずっと思ってるってことを信じて欲しい」と彼に言われました。
でも、私は「信じてる」って言えなかったんです…。
【信じる】ってなんでしょう?
自分自身に、希望的観測を思い込ませることでしょうか?
人の心は虚ろうもの。
「信じてる」なんて、相手に言葉の手錠をかけるような気がして簡単に言えない…。
嘘でも「信じてるわ」と、大人の対応が正解なのだと思うのですが、何故か言えなくて…。
****************************************************

 
エントリに上げるのが遅くなり申し訳ございませんでした。
ずっと考えておりました。ずっとずっと。
 
信じるって何でしょう?
逆に信じないって何でしょう?
 
「信じてる」というのは、手錠の言葉なのでしょうか?
 
「信じてる」と言えないのはどういうことなのでしょうか?
思っていても言えない。・・・というより敢えて言わないのでは?
 
言わない原因は、彼が起こした過去の"おイタ"に起因していると思います。
「信じている」と言うと、彼が安心して"又"するのではないか・・・という恐れ。
私は、まだ信じていないのだから、"又"やったら、もう信頼失墜よ。
そこのところ肝に銘じておもいてね・・・・という威し。
 
意識はしていないかも知れませんが、潜在意識下でそういう思いはあると思います。
人を信じないというのは、自分を防御するためなので・・・
 
でも、きっと信じてらっしゃるのですよね。
信じてらっしゃるのに、言えない・・・・
それは、エゴからくる自己防衛。
 
 
仮に「信じている」と自分は言っているのに、
相手から「信じている」と言われなかったらどう思われますか?
どのくらいのショックを受けられますか?
 
特に男性は、こちらは過去の"おイタ"だけ責めても、
人間性そのものを責めていると思うので、
全否定されていると思われがちです。
 
そういう気持ち。どう思われますか?
 
信じていない人を愛せるはずなどはありませんよね。
本当は、信じている。
 
でも「信じている」と言い切れない気持ちもお察しいたします。
 
「信じている」と言葉にするのは、相手への思いやりだと思います。
相手への希望と期待を込めて、相手のために言う。
決して自分への希望的観測だけではないと思います。
 
恋愛から仕事に移して考えてみましょう。
スタッフさんに対して、「信じていますから、頑張ってくださいね」と言う時・・・
100%信じているとまでは行かない、ちょっと大丈夫かしら・・・と思いつつ
がんばって欲しいとの願いと期待を込めて、
力を発揮してもらうおまじないの言葉のように使いませんか?
 
人に信頼されるというのは、自己の存在を認められているという、
人間として一番の欲求を満たすものです。
自己の存在を認められないことほど、人として辛いものはありません。
 
自分への言い聞かせや、心を誤魔化すために使う
「信じているわ」という言葉ではなく、
相手の尊厳までに響く「信じているわ」という言葉。
 
どちらをどのようなつもりで相手に伝えるかということが肝要ではないかと思います。
 
相手を愛している気持ちに嘘がないのであれば、
「信じている」と言えるのではないでしょうか?
相手のために。
 
それでも言えないのであれば、
相手の過去の"おイタ"を許せないでいる自分自身をもう一度見つめて、
許せないままでいる自分で良いのか、
大らかさと謙虚さで受け入れる自分が良いのか・・・
成長課題として取り組まれることをお勧めいたします。

*************************************************************************

素肌になじませるだけで、『色気』のベールに包まれる可愛いらしい桃とバラの香り 限定ボディミルク『セミヌード』
ベッドタイム前にさりげない『色気』を演出する、限定ボディミルク『セミヌード』が完成。ポイントは、思わぬ可愛らしさと、奥ゆかしさ。内面から、じんわりとにじみ出てくる女性らしさを重視。
みずみずしく可愛らしい桃の香りと、上品で女性らしいバラの香りをミックス。うっすらとピンク色のボディミルクです。手にとって塗るだけで、しっとりすべすべの女性らしい肌へ。その滑らかになった肌の上に、バスローブやパジャマ、下着を着るだけで、何とも言えない女性らしい『色気』を演出できます。
男性は、その下に隠された柔らかい肌を思い出さずにはいられない…。そんなセミヌードの状態を想像させる、ボディミルクです。

*************************************************************************

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック || 恋愛事情||


感謝と謙虚さ。
難しいけれど、基本ですよね。

思ふことコメント:11 □ トラックバック:-◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
「信じる」‥これは私にとっても課題です。

信じる、のは相手に対しての思いやり、と云うよりも自分の心を癒やす方法だと今は感じます。

実は私の彼は私が詰めてしまったり、自分が仕事が忙しくなると、メールをくれなくなります。
私にはそれが耐え難い苦痛でありました。

一週間ほど前、ちょっと言い争いになりそうな感じの時に、
「昨日携帯をなくしました。連絡がとれなくなる無礼をお許しください。」
と会社のPCからメールがあったきり、途絶えてしまいました。

私は携帯を落としたなんて嘘をついて、そんなに私と連絡したくないの?と苛々しましたが、例え嘘であっても、何故そんな嘘をつかなければならないのか‥私は彼をそんなに追い詰めているのか‥と自分に問いました。そして、彼の言葉を信じよう、と。嘘であったなら騙されればいい。そう思ったら、彼を詰める気持ちから、穏やかな気持ちになれました。

「いくらメール嫌いな貴方でも携帯がなくなったらさぞご不便な毎日でしょう。早めの携帯復帰を願っています」と一度だけPCにメールしました。

一週間が過ぎ、昨日、新しい携帯を買ったと連絡がありました。

多分、本当になくしたのだと思います。

嘘か本当か、調べようと思えば方法はあったと思いますが、敢えていたしませんでした。

彼がそう言っているのだから、そうなんだろう‥
そう思って過ごした一週間は思ったより楽でした。

1つ壁を乗り越えた気持ちで今います。
2010/03/07(日) 20:57:15 | URL | ゆみ #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/08(月) 22:56:58 | | #[ 編集]
初めまして。
ちょっと引っかかるものがあり、コメントさせて頂きます。

「信じて欲しい」
「信じたいけど、信じられない」

というようなことが、恋人との間で話に出ること自体、私には信じられないことなので…。

人間的に信じられない人とは深い関わりを持つこともないですし、信頼なくして本当の心の交流が得られるはずもありませんから。

私は、尊敬・信頼できるひとでなければ、まず好きになれません。
いくら見た目的には好みのタイプでも、その人が発する雰囲気を受け取ったときに、「あ、ダメだ」と感じることが多々あります。
容姿や言葉よりも、その人が持っているなにかと共鳴できるかどうかが重要なので。

これは恋愛だけの話ではなく、友人でも、仕事のスタッフでも同じです。調子のいいことを言っているけれど、なんとなく腰が退けているような人とは、いい関係が築けません。
信用の置けない人とでは、何も創造できないですものね。


恋人から毎日メールがたくさん届けば、そしてもっと頻繁に会えれば、信じられるのでしょうか?
きっと違いますよね。
それだけでは解決する問題ではないと思います。

私は、好きだから信じたいのではなく、信頼できる人だから好きになるので、そう考えるのかも知れませんが。

もし、裏切られた、騙されたと感じたならば、それは自分に人を見る目がなかったということ。
また、そんないい加減な人を好きになった自分も、その程度の人間だったというわけです。


信じる信じないで言えば、私は私の感覚を信じています。

だから、なかなか逢えなくても、音信が途絶えていても、いま何をやっているのかわからなくても、
「私が好きになった人だから大丈夫」

ナチュラルに、そう思えます。

長々と失礼致しました。
2010/03/10(水) 20:45:04 | URL | えあ #[ 編集]
私も相手を「信じてる」って言葉を、手錠というか、相手を拘束する(もしくは、自分もがんじらめになる)言葉になってしまうかな、と思ったことがありました。(コメントを残した御方の意味と違ったらごめんなさい。) 
相手に対しては「信じてるんだから、もう裏切らないでよ!いい?わかった?」みたいな。
自分では「信じてるって言ったんだから、信じなくちゃ。」そこには、相手のしたことをもう許した・・と言いながら、まだ怒りの感情や、哀しかったり苦しかったり、傷ついた痛みが残っていて、治りきっていなかったんだなぁって、今だとわかるのですが、その時は自分でよくわからなかったです。もうあんな思いは二度としたくない、と忘れていませんでした。
人の心は変わっていく物だと私も思います。未来永劫信じているわ、変わらないわ・・なんて言えません。 でも、信じる毎日を重ねることはできるかなとか、変わるのだとしたら良い方向に変わりたいなとか、どこかの本で「愛とは許し続けること」という言葉を読んで、(何でも許せって意味ではないですけれど)本気で愛するのなら、大人の対応ではなく、逆に子どもみたいに、なんの疑いもなくまっすぐ信じてみようって思いました。私の場合は、それでもダメだったので、やっぱりこの人とは、だめなんだなぁって、なってしまいましたけれど。
2010/03/11(木) 12:02:05 | URL | りら #[ 編集]
コメントを読ませて頂いて、ずっと考えていました。

ゆみさんの「彼がそう言っているのだから・・・」。
そうですね。
私の彼はとても正直なので、言葉自体は本当なのだと信じています。
私の事も、本当に好きでいてくれるのだろうと思います。そう・・・私のこと「も」。「今は」。
そこは信じられると思います。

えあさんのおっしゃる事もとても理解できます。
彼を信じたからお付き合いが始まったのです。
でも、信じていたからこそ、おイタをされた時にダメージが大きかったように思うのです。
それを機に嫌いになれたらよかったのに・・・。

そして、りらさんの残してくださったコメント。
私の気持ちにとても近いと思います。
もう平気なふりをしているけど、まだ私の中でどこかが痛いのだと気付きました。
だから私は、またあんな思いをしたくないと自己防衛しているのですね。
「信じる毎日を重ねて」・・・心に響きました。
ずっと先のことなんて誰にもわかりませんものね。
どこかに残ってしまった傷が癒えるまで、私も「信じる毎日」を重ねていこうと思います。
そうすれば、いつか心から「信じているわ」と答えることが出来るかもしれません。
それで駄目だったとしても、私の中に、彼を信じた毎日が、自分の自信として残るような気がします。

myさん。
心の底から「信じる」って難しいですね。
彼の行為自体は、もう本当に責める気もないし過去のことだと思えます。
そして、やっぱり彼を愛しているのです。
彼の信用を裏切ることがない自分を、私が信用しています。
あとは自分の傷の修復作業ですね。
エントリーで、他の方のお話を伺う機会を与えてくださって感謝しております。

ありがとうございました。
2010/03/12(金) 21:25:56 | URL | 椿 #[ 編集]
2回目のレス失礼します。
私が本当に辛い時、何度もここのサイトで
「辛い時に無理して笑顔になったり、我慢して相手を信じるのではなくて、コンチクショー!と想う日々があったり、すごく愛せる日があったり・・それでいいんだよ!まずは『私』を愛して大事にして磨いていこ?そこから笑顔の日々を積み重ねていこー!」と「皆様、いきますわよ!」のmyさんを先頭に、みなさんに勇気づけられてきました。あぁ、それでいいんだなって肩の力が抜けました。私もまだボロボロだけど頑張りまーす!
2010/03/14(日) 10:03:02 | URL | りら #[ 編集]
久しぶりです
「信じる」の反対は「疑う」・・・かなっ?
「安心」の反対・・「不安」・・・
どちらも 自分の心のあり方で変わる気がします。
「裏切られる」・・って言うのも 多分 その人の受け取り方で・・・心は 移ろうものだしそれを認められると 楽になれる様な気がしますがね~
・・言いたい事が 定まりませんが(笑)

誰かを疑う自分より 誰かを信じる自分でいたいな~と
思いますね~ めでたい人間ね~と言われても(笑)

2010/03/14(日) 10:07:39 | URL | 牛子 #[ 編集]
信じる

という言葉の印象とかイメージとか
そういうのかな。。。
と感じました。
例えば、
信じる

信頼する
に置き換えたらいかがでしょう?


私自身、自分の気持ちに信じる
という言葉は使えません。
その都度その都度で
明日にはどう変化するか自分でもわからないですから

でも、私は彼の事が好きで好きで
たまらない毎日が大分続いていますし、
彼が自分を想ってくれる気持ちは感じていたいです。
不安や思考に捉われるとその感覚が鈍ってしまう。
逆に、
相手の出方や連絡の回数、逢う頻度など
そういう事で気持ちを測る行為は
「信じたい」
からなのかもですね。
私もそういう時があります。
そういう時には途端に不安になります。
そういう時には
「信じる、信じない」
みたいな心の葛藤が出てきます。

ただ、私は彼の事を信頼していますし、
私も彼から信頼される女でありたい

とは感じています。
前からこのエントリを拝見していましたが、
「信じる」と「信頼する」
違いがよくわからず、
それでも私の中ではっきりとした感じ方の
違いがあり、コメントさせていただきました。
いまいちわかりにくいまとまらないコメントで
申し訳ありません。。。。
2010/03/21(日) 23:29:54 | URL | マロン #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
コメントにお返事ができずに申しわけございません。
ちゃんとお返事をいたしますね。
もう少しお待ちくださいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2010/03/22(月) 02:10:54 | URL | my(ミィ) #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼ゆみちゃん

>嘘か本当か、調べようと思えば方法はあったと思いますが、敢えていたしませんでした。
ここですよね。

>彼がそう言っているのだから、そうなんだろう‥
そうなのですよね。大人恋愛は、いかに感情を握るつぶすか・・・・

その経験が迷いを払拭してくれるようになるのですよね。


▼えあ様 
初めまして。
ズバリとご自身の考えを明確に伝えてくださり、ありがとうございます。

相手を信じる以前に、ご自身を信じてらっしゃるのですね。
感性・感覚・嗅覚。
常に研いで有事の際も平気。
きっとそれも自然体なのでしょうね。

素晴らしいお考え、また聞かせてくださいませね。


▼りらちゃん
とっても人間味のあることだと思います。
正直そうなのですよね。100%許すというのは、中々難しいものです。
でも、許しきれない部分があるからこそ、常に学べるのでは・・・
そう思います。

ダメはダメで・・・ご縁ですよね。
がんばってくださいませねー♪


▼椿ちゃん
本当に、椿ちゃんは、いつも謙虚にご自身を見つめられる。
素晴らしい女性だと思います。

きっといつか、「そういえばあったわねぇ~」とか言いながら、
ちょこっとチクチク出来るときがくるのでしょうね。

椿カップルは、この先もずっと椿カップルのような気がします。
お互いに時を上手に重ねていく大人のカップルで。


▼牛子ちゃん
自分がどういう自分でありたいか・・・
そこですよね。

自分の理念を持っていると、何があっても平気なのでしょうね。
「めでたい人間」結構なことですよ~!最高。


▼マロンちゃん
それで良いと思います。
事細かに、明確化する必要性も無いのですよね。
お互いがしっくりとくる方法であればOK。
・・・でいたいですね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2010/03/25(木) 01:04:45 | URL | my(ミィ) #[ 編集]
ありがとうございます
>牛子さま

染み入りました。
「誰かを疑う自分より 誰かを信じる自分でいたいな~」
本当にそう思います。
牛子さんの、女性として、人としての器の深さを感じました。



>マロンさま

私のことを見ていらっしゃったのかと(笑)。
彼のこと「信頼」…していると思います。
そして尊敬しています。
ただ、彼に聞かれた時に、一組の男女として「信じている」と言い切れない自分自身がもどかしくて、彼にも悲しい思いをさせてしまったと思います。
私が上手く言葉に纏められなかったことを
書いて下さってありがとうございます。



>myさん

ありがとうございます。
これからも彼と二人、椿カップルのままでいられたら…切に願います。
長い年月が過ぎていく間に、彼も仕事でのポジションが上がり、昔と同じままではいられないことも増えてまいりました。
その流れに上手く沿えるように、これからも出てくる問題も、二人で越えて行きたいと思います。

2010/03/25(木) 12:22:10 | URL | 椿 #[ 編集]
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛