FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


元彼

2009年06月03日[02:27:26]

友人F子(独身)から、元の彼が忘れられないとのメールが・・・
 
3年前に別れてから、恋は何度かしたけれど、いずれも上手く行かず、
出会いと別れの繰り返しだったとのこと。
 
心の底で、別れた彼のことが気に掛かり本気になれなかったと。
 
別れた原因は、彼の事業の失敗。
会社が潰れて恋愛どころではないとお別れ。
 
F子も、もう逢うことは無いと断ち切り諦めていたのに、
恋愛のたびに、ついつい比べてしまっていたと。
 
忘れようとアドレスも消去して、連絡も絶っていたのに、
先日、つい名前をネットで検索してしまった。
 
そこには、ある会社の取締役になっている彼の名前と写真。
それも、一皮向け谷を乗り越えた精悍な表情。
涙が出て、逢いたくて逢いたくて、どうしようも無くて、
とうとう私にメールをしてきた。
「彼のアドレスを教えて」と。
 
実は、私はその彼と交流がある。
もちろん。知人として。
 
現在の会社も、仕事も、ポジションも、アドレスも知っている。
そして、結婚して最近お子さんが生まれたことも。
 
F子とは、会った時に彼の近況をそれとなく伝えてもよかったけれど、
会う機会も無かったし、わざわざメールで「○○さんが結婚したのよ」
なんて・・・・
私も、まさかそんなにも思い詰めていたとは知らなかったので、
どうしたものかと。
 
メールや電話では、伝えられなくて、
F子のオフィス近くに用事をつくり、
「○○さんの新しいお名刺もあるから、お見せついでに、お茶でも」
と、カフェに呼び出した。
 
「これが、○○さんの新しいお名刺よ・・・と言っても2年前から」
「あっ2年も前なんだ・・・」
「最初はコンサルとしてね、●●さんにご紹介したの」
「彼の為にmyちゃん動いてくれたんだ」
「動くというほどでは無いわ。ホンのご紹介程度よ。
○○さんの努力の結果よ」
「結構彼に会うの?」
彼女がワクワクして聞いてくる。
「ええ・・・・と言っても、この前お会いしたのは・・・3月末よ」
「彼、ちょっと太った?写真だからそう見えるのかしら」
 
 
私の頭の中では、3月に○○氏に会った時に話した言葉がリフレイン。
「ちょっと太りました?」
「嫁が夕食必ず作るから、外で食べても家に帰ってからも、
食べなアカン。結婚してから8kg太りました(笑)
お前が妊娠してるのか?言われます(笑)」
「幸せ太り・・・ですか?」
なんて、言葉を交わしていた。
 
 
私は、店内を見回すフリをして、大きく息を吸い、
息を吐き出しながらF子にゆっくりと話した。
「あのね。○○さんね、結婚したの」
F子は、一瞬表情を硬くし、でもすぐにほぐし口角を上げて言った。
「そう・・・。もしかしてと思ったわ。
○○さん、赤系のネクタイしないから・・・」
"彼"から"○○さん"にF子が呼び方を変えた。
 
唇を噛みしめ、F子は少しの沈黙。
そして、重い口を開いた。
「myちゃんが呼び出すから、アレ?っと思ったわ。
期待通りに事が進まないことも覚悟したわ。
笑っちゃうわね。私ったら・・・・」
「ごめんなさいね。ずっと言えなくて」
「ふぅー。いいのよ。あやまることないわ・・・・
・・・うん。そう。これでね・・・本当の諦めがつくわ。
話しに来てくれて、ありがとう。わざわざ、忙しいのに」
 
私はF子の手を握ってあげることしか出来なかった。
 
「名刺は、返すわ。・・・うん。メアドももちろんいらないわ。
う~~ッ!悔しい。
あんな格好よくなりやがって、偉くなって、
おまけに結婚までしてやがってぇ~~ッ!!
アッタマ来たから、すっぱり忘れてやるわッ!!
本気で婚活してやるぅ~~ッ!!
myちゃんの息のかかって無い、妙齢の男性紹介してよッ!」
「息のかかって無いって・・・なによぉ。
息なんて、かけてないわよ」
「あはははは・・・・・」
顔をくしゃくしゃにして、F子が笑う。
目に涙をためて。
 
「赤いおめめじゃ、オフィスに戻れないわね」
「うん。もう少しだけ、一緒にいてもらっていい?」
「いいわよ。甘いものいっちゃう?」
「うんうん。ザッハトルテ食べたいわ」
「いいわね。買ってきてあげるわ。おごってあげる」
「わーい。ラッキィ」
「ホイップクリームは?」
「もちろん"アリ"で」
「了解。待っててね」
私は席を立ちレジに並んだ。
いつもは、長蛇に辟易するけれど、
この日はもう少し並んでいたいと思った。
 
*******************************************************************

夏限定のLCジャムウ・プレミアムミント
ミントがスーッと気持ち良く汗をかく季節にはピッタリ。
お湯に少し浸した『LCジャムウ・プレミアムミント』を体に優しくこすり付けて、マッサージバーのように使用します。
気になるプヨプヨやムチムチにも当てて、軽くマッサージするとツルツルに♪
お早目のチェックを!

*******************************************************************

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック ||超さんのSEX講座|| 恋愛事情||


元彼の名前をネット検索してしまい、気持ちがぶり返すことって結構あるらしいですね。
便利なのも・・・・ちょっとね。使いようによっては・・・・ね。

思ふことコメント:4 □ トラックバック:-◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
元彼ではなく、今の彼を検索しました。
普通の人だし経営者でもないので出ないだろうと思っていたのですが、市民団体のボランティア活動に参加したときのHPがあり、写真もありました。
彼とは遠距離なのでなかなか会えないので発見したときはすごくうれしかったです。
でもいずれそれがつらくなる日が来るのでしょうね。
いや、ほんわか懐かしく思えるといいな。
それにはいい恋愛しなきゃ。

ちょこっと被害者意識のusagiでしたが、my様のコメントをいただきこれではいかんと思ってたら彼からメールが来て(一週間ぶり)たちまち元気になりました。
また、就職先も本日決まりました。やりがいある仕事なので、彼への気持ちは変わりませんが彼のことを一日中考えている生活から変われそうです。


2009/06/03(水) 16:01:36 | URL | usagi #[ 編集]
こんばんは
my女史に急遽ご報告がございます。

恋愛相談に乗って頂くということでしたが
残念ながら、好きな方が居ると打ち明けられました。

連絡先もこちらから教えて
相手側から連絡があったので
正直に好意を抱いていることを
ストレートに伝えていたのですが
その時は恋人が居ないとのことだったので
アプローチを続けておりました。

相手の女性もずいぶんと悩まれたとのことですが
私が真剣に交際を申し込んでいると気付き
御誘いに乗ろうとも考えたそうですが
中途半端な気持ちでは失礼ということで
正直に今、好きな人が実は居るんですと言われました。

見事、この恋は砕けちったわけですが
なんだかスッキリ致しました。

やっぱ恋ってよかですたい♪
「好いとっとたい」と伝えてからは
毎晩、彼女とどの店に食事に行こうか・・・
デートするには、この仕事をいつまでに片づけて・・・
などなど、何かいつもと違った生活を送っていた。

恐らく、気持ちを打ち明けられないまま
デートを一度でもしていたら完全に恋してしまい
狩猟本能のあるがままに、彼女を口説いていたと
思うのですが、ある意味それをしなくてよかったと
今はホッ胸をなでおろしております。

せっかく、浮いた話をおもちしたのに
my女史のアドバイスを受けられなくて残念です。

また、好きな人が現れて
純粋に20代前半のような恋をしたら
my女史に助力を願おうと思っております。

ちなみに、my女史の記憶通り
年上殺しで今までの恋愛の9割が年上の女性です。
前カノも年上で、ずいぶんと長く付き合っていました。

今回は約8年ぶりの年下の女性への恋でしたよ。
年下に恋するなどありえなかったのですが
こんな自分にちょっとだけ人間的な成長を感じます。

ほんとお騒がせ致しました。御容赦を・・・。

【追伸】
最近というか、代表取締役社長というポジションになり
仕事が順調になってくると、地位や立場に群がる
女性がよく近づいてくるようになりました。

私は庶民派なので、所得が上がっても
あまり生活水準を変えず、身につける服すら
カジュアルなものを好んで身に付けています。

ブランド物と言える所持品などただ一つ
ムスクのクロノフラフの時計くらいでしょうか(笑)

こういう地位や富に群がる女性とも適当に
お付き合いしておけばよいじゃないかと思いつつ
なかなかプライドが許さない自分がいます。

こういうことも、多少なりともビジネスに成功した
男としては、男冥利に尽きると考えるべきなのでしょうか。

私は私のオプションにではなく
私という一人の人間に興味を持ってくれる
そんな女性と親睦を深めたいと考えてしまいます。

やっぱりこの辺、アオいですかね・・・。
2009/06/04(木) 01:16:39 | URL | Yell #[ 編集]
夏がくーれば思ひ出す・・・
例の元彼のこと、正直言えば今も思い出さない日はないです。
心の中にある 「どうして・・・?」 という思いは消えませんが、
連絡をとりたい、とまでは思わないですね。

こちらへ帰ることになり、飛行機に乗る直前にメールしようと思っていましたが、
いざ携帯を開いたらなんだかバカバカしくなって。
今に至るも連絡していません。

イロイロあったけど、あの経験はいい人生勉強になりました。
あれがあったから、今、生まれ育った土地での平和な暮らしが大切だと思えますね。
2009/06/04(木) 19:24:09 | URL | 菜月 #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼usagiちゃん
自分の知らない世界の顔を見るとキュンとなりますよね。
ましてやusagiちゃんのように遠距離で、
なかなか、おナマのお顔を見られないとなると
ますます恋しくなっちゃいますよね。

就職先が決まったのね。
おめでとうございます。
頑張ってくださいませね(^-^*)/


▼Yellさん
まぁ・・・・想い出に変わったのね。
でも、大きく息を吐いて「よっしゃ」と気合を自分に入れている
Yellさんの姿が思い浮かぶようです。

いくつになっても純粋な恋はできますわよ。
30代には、30代ならではのビュアな恋。
素敵な出会いがありますように(祈)


確かに、ポジションというか、お名刺というか・・・
お財布がモテてしまうことは、ありますよね。
 
女性にもあります。
 
そういうことがあっても、謙虚に驕らずにいたら、
ちゃんと理解してくださる方は現れます。
 
他人は自分の鏡です。
これにつきます。

頑張ってくださいね。



▼菜月ちゃん
元彼さんね・・・・
いい人生勉強と思えたら、「勝ち」
変な言い方ですけれど、そんな感じがします。

そちらは、これからが良い季節ですね。
おいしい物を食べて、おいしい空気を吸って、
のびやかに・・・・


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2009/06/05(金) 01:35:33 | URL | my #[ 編集]
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛