FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


morahara

2008年12月14日[03:15:16]

「myさん、myさん」
夕方の駅地下、後から呼び止められた。
振り返ると、鮮やかな赤いコートの女性。
「あら、お久しぶり」
友人T美だった。
「お仕事帰り?」
「これから会社に戻るところよ。あなたは?」
「私は、帰るところ」
彼女はデパートの惣菜屋さんの袋を手に提げていた。
「いつ以来かしら」
私達は混雑する駅地下を立ち止まらず、歩きながら話す。
「七月の海老蔵」
「そうね。今年はあれ以来ね」
T美は、仲間内では伝統芸能観覧担当で、
チケットはツテでとってくれる。
ただ、今年は夏以降、彼女が忙しくお誘いがなかった。
「御苑(森の薪能)に行きたかったわ」
「ごめんなさいね、その時ピークで」
「お仕事の?」
「ううん・・・・myさん少しお時間あるかしら?」
「ええ。会社に戻るだけですもの、いいわよ」
「じゃあ、30分位お茶しない?」
 
地上に出て、空いているカフェを見つけ、椅子に腰を下ろした。
T美がバックからシガレットケースを出す。
「あら、止めてたのに・・・・」
「復活よ。もう、うるさく言うヒトはいないから」
「え?」
「別居してるの。実家出戻りだけど」
「別居って、そんな話聞いてなかったわよ」
「言わなかっただけよ。ごめんなさいね秘密にしていて」
「まぁ・・・・・理由・・・聞いていい?」
「我慢出来なかったの。もう限界だったの」
「限界?Kさん(彼女の夫)に?」
Kの浮気問題?と脳裏をかすめたが、T美がそれを遮った。
「浮気とかじゃないのよ(笑)
むしろ、そっちの方が、まだ良かったわ」
T美は、口から細く煙を吹きながら話しだした。
 
「モラハラ(モラルハラスメント)だったのよ。結婚以来ずっと。
最初の頃は、あのヒトのキツイ指摘に、自分はまだまだだわと思ってたの。
反省することが沢山あったのね。
痛いところをズバリ指摘されて。
あのヒト、頭いいし、仕事の話も政治や経済の話も的を射た批評だったから。
私、抜けているところあるし、弱いし・・・・」
 
とんでもない。T美はとても頭の回転が速くて、仕事もしっかりこなす。
一見、おっとりとしたお姫様育ちのように見えるけれど、
仕事では、いくつもの成果をあげてきていることは知っている。
多少、天然気味ではあるけれど、それは世間スレしていない育ちから。
 
「世間への皮肉も、反骨ぽくて魅力的だと思ってたの。
でもね、単にネガティブな皮肉屋だったのよ。
私への指摘も、こんな事を言ってくれるヒト今までいなかったわ。
なんて感謝していたけど、
今思うと、馬鹿げたことで怒鳴られていたわ。
その時は、何故自分が正しいのか、
私のとった行動が、いかに自分を憤らせたかということを、
正論の如くとくとくと説かれるの。
私も、そうかしら・・・・なんて妙に納得したり反省したり。
何事もあのヒトルールじゃなきゃ気が済まないの。
全て私が悪いということになってしまっていたの。
 
子供が出来なかったのも、私のせいだって。
夫婦生活も無いのに、妊娠なんてありえないでしょ。
そうなると、求めない私のせいなのよ。
意を決して誘っても、疲れているからとか、
明日早いからって、邪険に断るくせに。
 
喧嘩になったこともあるけど、殆ど一方的で、
いつも絶対に自分は悪くないのよ。
大体そうなると、私の方が何を言ってもムダって思うから、黙るのね。
そうすると、翌日謝ってくることがあるの。
ああ、やっぱりこのヒトはいい人なんだわ。ってコロッとなっちゃう。
馬鹿よね。私。まんまと術中にハマっちゃって。
また、繰り返すのよ。否定と冒涜の連続。
そして、私は自己否定に陥ってしまうわけ」
 
「あなた、お馬鹿さんじゃないわ。頑張りすぎちゃうのよ。何事も」
 
「私ね、自分がモラハラを受けているのを気が付かなかったのよ。
大体そういう人が多いんですって。
気が付かないうちに、檻の中に入れられて調教される、
サーカスのライオンのようになっていくのよ。
学習するのは、どうしたら怒られないかということ。
植えつけられるのは、相手の優位性。
 
気が付くのは、モラハラ体験者の話を聞いたり、
それに関する記事を読んだりした時なんですって。
あっそうだわ。私もそうなんだわ。
これはモラハラだったのだわ。ってね。
 
私は、ネットサーフィン中に、偶然目にしたのね。
そういう体験記を。まさに、そうだったの。
理不尽な怒りとか、普段はいい夫なのに豹変する様とか。
同じだったの」
 
「それで、あなたの中で何かが変わったの?」
 
「それがね、あなたが私に厳しいことを言うのは耐えられないということを、
極めて、オブラートに包むように、あのヒトに話したの」
「話したのね」
「ところが、私に辛く当たってしまうのは、
母親に甘えられなかったトラウマからだって言うの。
自分でもなんとかしたいと思っているって。
今迄、恋愛してもそれでダメになった事もあるって。
そう言われて、私も何とかしてあげたいって思ってしまったのよね。
同情しちゃったの。
実はそれもモラハラ男の手なのよ。もう、どんだけよね」
 
私は、胸に大きな石を乗せられたような重い気持ちになって、
息苦しくなった。
思わず、T美の手を握る。
 
「T美さん。辛かったでしょうに。何も役にたてられなくてごめんなさいね」
「いいのよ。
私は、皆さんとご一緒している時間は楽しくて息抜きだったから。
これからは、調停で大変だけど、もう意思は固まっているの。
ここまで一年かけて準備してきたわ。証拠もしっかりあるし。
かならず離婚するわ」
「何度も会ったのに、気づいてあげられなくて悪かったわ」
「そんな事ないのよ。本当に秘密にしていたことだから・・・・
離婚の為の周到な準備を一年かけてしてきたの。
DVのように、痕が残るわけでは無いから、録音やメモを残したり・・・
そうなってくると、面白いもので、モラハラを受ければ受けるほど、
"証拠"が増えるって愉快になっていくの。
私の方が怖いわよね。
少しずつ荷物は実家に送って・・・
両親にも、もちろん内緒だったのよ。
モラハラ離婚には、計画性と強い意志が必要だから。
決行の日までは、全く普段と変わらずに過ごすことが必要なの。
そしてね、あのヒトが出張に行く10月15日に
荷物をまとめて実家に戻ったの。
 
ウチの両親への説明も大変だったわ。
実家は、父が一番偉いヒトで、母は三歩も四歩も下がって尽くすの。
そんな家庭環境で育った女性はモラハラの被害者になりやすいのよね。
夫に従うのが当たり前、いくらかの横暴も当たり前的な・・・・
両親には我慢して、戻りなさいみたいな事を言われたけど、
調停委員への説明の予行練習のつもりで、証拠と状況説明をしたの。
両親もやっとわかってくれて、泣かれたわ。
今では、危ないからって駅まで車で送り迎えしてくれるの。
ちょっと大げさだけどね」
 
「私にできる事はない?」
「こうして話を聞いてくれただけでも、心が軽くなったわ。
充分よ。ありがとう。ずっと誰かに話したかったの。
第六感じゃないけれど、母が○○のお漬物が食べたいっていうから、
今日は、遠回りしてきたの。それでmyさんに偶然に会えたわ。
これも吉兆だわ」
「そう言ってくれるなんて嬉しいわ。
とにかくメールでも電話でも呼び出しでもなんでもして。
T美さんのチカラになるのだったら、何でも聞いてあげるから。
それしか私にはできないけど」
「ありがとう。頑張るわね。そのうち浄瑠璃でも見に行きましょう」
「ええ。もちろん。待ってるわ」
 
 
 
30分のつもりが、一時間半話を聞いていました。
ここに上げたのは、会話のほんの一部。
「あっ」と思った方は、
モラハラの実情が掲載されているサイトが色々ありますから、
読んでみてください。
 
彼女が勉強になったと教えてくれたサイトは、
モラル・ハラスメント被害者同盟
http://www.geocities.jp/moraharadoumei/
離婚までの道筋も案内されています。
彼女がとった行動は、まさにこのサイトのアドバイス通りでした。
真面目で素直だからモラハラを受けてしまうのですが、
真面目で素直だからこそ、
こういったサイトで気づき開眼して突き進めるのだと思います。
 
 
ご参考までに。

*******************************************************************

お風呂上りのボディケアが寒い季節。
あなたはどうやって保湿対策していますか?
そんなときはこちらの限定『恋艶ベリー』がオススメ。
最後にボディをしっとり仕上げるボディ用リンスです。
適量手にとると、甘~いベリーの香りが辺りに広がりうっとり。体全体になじませると、ヌルヌル。独特なすべり心地が気持ちイイ!たっぷり使って体全体をこのリンスで包み込んでしまいましょう。
なじませて流すだけですので、ササッとケアできます。お風呂から出る直前、お風呂の中で塗って流せば、ハイOK!成分には、コメヌカ油やオリーブ油、キイチゴエキスなどを使用。なめらかな使い心地はクセになっちゃうかも。
季節限定ですので、お早めに!

*******************************************************************

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック ||超さんのSEX講座|| 恋愛事情||


恋人同士でも、モラハラはあります。

思ふことコメント:20 □ トラックバック:-◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/14(日) 15:47:51 | | #[ 編集]
恥ずかしながらモラハラって初耳でしたけど、中身を見て私も思い当たるフシがありました。

パワハラとかセクハラは浸透してきていて、それなりに心の準備がありますが、モラハラについては無知でした、教えて頂いてありがとうごさいました。

私の彼女も口には出さないけれど、でも心の中で「責められてるみたい…」と囁くことがきっとあるのだと思います。そしてそれが別れのきっかけとなるわけですよね…

責めないで、許す

言葉は簡単ですが、なかなか…出来ませんね…

でも挑戦する価値は充分にありますね
2008/12/14(日) 23:11:09 | URL | suu@♂ #[ 編集]
タイムリーで・・・
つい一昨日、モラルハラスメントに苦しむ女性から
話を打ち明けられたばかりで、
何てタイムリー…ってびっくりしながら読ませて
頂きました。

10年来のお付き合いのある女性で
仕事も出来てがんばり屋で…私も頼りにしている女性。
彼女は一年前に結婚… 
そして結婚後初めて、彼女に久々会ったところ、
彼女がモラハラに苦しんでいる話を聞いて…
とにかく悲しかったし、
自分が力になれない非力さをも痛感して…

myさんがご紹介頂いたサイト、彼女にも是非教えようと
思います。

2008/12/14(日) 23:25:49 | URL | saya #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/14(日) 23:40:25 | | #[ 編集]
私はモラハラ離婚体験者です。だからすごく彼女の状況や気持が分かるような気がします。
一番信頼したい夫の理不尽な行動や態度・言葉には大変苦しみましたし、夫の顔色を見ながら夫の機嫌を伺いながらの生活でした。被害者は精神的に壊れていくような気がします。
そこからの立ち直りのチャンスはマスコミなどからの情報ですね。そこでこれは私だと思えたら強くなれます。だから彼女も離婚の準備が出来たのでしょう。
今はすごく頑張っておられると思うので気丈にしてると思いますが、いざ決定したら気が抜けて、精神的に沈んだり思いがけない病気をするようなことも考えられます。そんな時にはmyさんのようなお友達と心おきなくのんびりした時間を過ごすようなことも必要かも。その時は彼女の力になってあげて下さいね。
彼女の調停はこれからとの事。大変だとは思いますがここまでこれば大丈夫だと思いますよ。ここまでしっかり取り組めてたら希望する結果が出るでしょうね。心から応援しています。
2008/12/15(月) 09:22:18 | URL | yucco #[ 編集]
うちは
きっとモラハラ該当してます。
夫が怒らないよう、かなり気を遣う日々。
まだ我慢できる範疇ですが、長くは続かないと義母には話してあります。
自分の中に溜めておかず、いざという時の為に、周りの人達にアピールしてます。
うちは言葉によるモラハラなので、物証が残し難いので…。
私も、本を読んで気付きました。
「それも人生修行だ」みたいなことを言う年代の方もいますが、絶対違う。
夫だから、恋人だからといって人の尊厳を傷つけていい理由なんてないんですよね。
2008/12/15(月) 12:55:42 | URL | 椿 #[ 編集]
うちも~
亡くなった旦那が そうだったな~
・・・と言うより ちょっと違うけど
暴力こそ無かったけど 眠剤とアルコール依存で
「どうせ~」「死んでやる」が口癖で普段は気弱ではあるけど真面目な優しい所もあるんだけど
最後 子供達(4人)小脇に抱え 腰に旦那がしがみついてぶら下がってる気がした・・・・
それでも 何とか・・って思ってた
旦那が通う精神科の先生に自分がカウンセリング受けて
初めて自分が 異常な夫婦関係と生活してる事を悟った
・・・ 少し気持ちが楽になって しばらくして
出先に「酒を買ってきてくれ」の言葉に「昼から飲んでるし体に悪いから我慢しようねっ」・・・
それが 最後の会話だった
・・・ごめんなさい 重たくて暗い話題で
旦那が亡くなって 一番に思ったこと・・
言ってはいけないのだろうけど  「私 楽になっちゃった・・・・」 悲しいけど辛いけど
心のどこかでつぶやいている
張り詰めた糸が切れてぺしゃんこになったけど
今の彼が 根気よく時に強引に包んでくれた・・・
今じゃ 品行方正な箱入り嫁が 箱から足と羽を出して
わが道を暴走してる(彼曰く)

myさん 色々あったけど 後悔していないんです
今の自分 結構気に入ってる(笑) 無駄な経験なんて
ないんですねっ 「お陰で 逞しくめげない人間になったわよ~」って笑って言える

彼女も きっと 素敵な人生が訪れます
「諦めない人生」まい進してますもん♪

2008/12/15(月) 19:13:29 | URL | 牛子 #[ 編集]
ご無沙汰です
唐突ですが、私、3年前に離婚してまして。
原因は、元妻の酒乱と暴力と、モラハラでした。何とかなると思ってたんですが、相手への指摘はそのままこちらへの反撃の糸口になるものですから、何ともなりませんでした。辛かったな、あの日々…辛かっただけではなかったはずなんですが、それすら分からなくなってしまってたんですね。人格や尊厳を傷つけられるというのは、それほどのことなんだと思います。否定と冒涜の連続。。そのとおりです。別れられるまでに、長い時間がかかりました。今も、消えない傷が、心にも身体にもあります。情けない話です。
別れるまでにものすごいエネルギーを必要としました。慎重に、確実に、周到に、別れるための準備をして、やっと別れられました。途中、一体何をやってるんだろうと自問したのは一度や二度ではありません。別れた直後も、今でも、間違っていなかったのか分からなくなることがあります。第三者の意見が必要です。myさん。話を聴いてくれるだけで、落ち着くことが、安らぐことが、自信を持てることがあります。T美さんの力になってあげてください。
今、とても好きな人がいます。こちらのコメントにも何度か書かせていただきました。大切な大切な人です。新たな出会いが傷を癒してくれた訳ではありませんが、信頼できる人との関係が、自分を強くしてくれたのは確かです。

お待たせでした。…やっと。何年越しかの報告です(笑)また、お邪魔しますね。お身体、大切になさってください。
2008/12/16(火) 00:23:17 | URL | まこと #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼2008/12/14(日) 15:47:51 にコメントをくださったM様
はじめまして。
お読みいただきありがとうございます。
同じハンドルネームの方がいらっしゃいますので、
大文字で書かせていただきました。
 
経験されていたのですね。お辛かったでしょう。
今はご自分を取り戻されてらっしゃいますか?
 
輝きは磨けば、ちゃんと戻ってきます。

諦めないことが大切ですよね。

どうぞまたいらしてくださいませねヾ(^∇^)


▼suuさん
責めるというか、心から相手のことを思っての指摘は○なんです。
モラハラの加害者は、相手のためではなく、
自分の優位性保持のためなので×なんですよね。

許すというよりは、相手の立場になって考えて、
それでも違うと思ったら話し合う。
心を開きあうことが大切なのだと思います。


▼sayaさん
そうでしたか。
是非教えてあげてくださいませ。
 
一刻も早く、その方が泥沼から抜け出されることをお祈りしております。


▼2008/12/14(日) 23:40:25 にコメントをくださったy様
はじめまして
体調の方は大丈夫ですか?
寒かったでしょう。お辛かったでしょう。
不慣れな土地で、それも土曜日の夜は探すのも大変でしたでしょう?

もうそろそろ心は落ち着かれましたかしら・・・・

では・・・言わせていただきますわね。
「バカヤロォーお前が身勝手だろッ!yちゃんを独り取り残して、ふざけるな~ッ!!」
バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!
ぶん殴らせていただきました。

本当はどういう方かは、解らないまま言わせていただく失礼をお許しくださいね。
文面から判断いたしますと、その方は子供なんです。
気が向いたときに行動して、気に食わないとキレ出す。
今回のエントリとリンクしていますね。

y様は、何故その方とお付き合いを続けているのでしょうか?
好きだから?寂しいから?
もしかしたら何かの可能性に掛けていませんか?
 
勝手に親友のつもりで申しますと。
小さなあるかどうか定かではない可能性よりも、
これからのy様自身の可能性を広げる努力をされたほうが、
きっとy様の幸せに結びつくと思います。
 
相性は、どうにもならないんですよ。
今一度、ご自分の本当の気持ちと向き合ってみてください。
 
 
そして、またどうぞいらして下さいませね(^-^*)/


▼yuccoちゃん
yuccoちゃんも経験者だったのですね。
精神的に壊れていくような苦しみから抜けられて良かったですね。
もちろん、その後もお辛いことは沢山あったことでしょう。
本当にお疲れ様です。
とても参考になるアドバイスをありがとうございます。
精神的に支えてあげるようにいたします。


▼椿ちゃん
椿ちゃんもそうだったのね。
加害者の甘えですよね。
だから、対象が、恋人だったり夫婦だったりするのですよね。
もちろん、それは許される行為ではありませんし、
被害者が我慢すれば良いというものでもない。
椿ちゃんが、そこから脱出できますように。


▼牛子ちゃん
>私 楽になっちゃった・・・・
精一杯頑張ってきた牛子ちゃんだからこそ許される言葉だと思います。
きっと、自分が楽になるというよりも、牛子ちゃんを楽にさせたい・・・
そう思ってのご主人の最後の行動だと・・・・
真面目で優しかったのね本当は。
 
無駄な経験ってないですよね。私もそう思います。
過去の経験をどのように捉えるか、
現在の状況にどれだけ感謝できるか・・・・

強さは経験がつくるのですね。

尊敬しますよ。牛子ちゃん。


▼まことさん
やっとのご報告ですね。
どれだけの思いで今迄がんばってこられたか・・・・
 
本当にしんどい経験をされてこられたのですね。
 
お疲れ様でした。

まことさんの優しさの背景には、こんなことがあったなんて。
告白をしてくださってありがうございます。

簡単に癒される傷では無いでしょうけれど、
時間と愛で修復できると思います。

どうぞ、これからは現在の愛のお話をお願いいたしますね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2008/12/16(火) 02:57:24 | URL | my #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/16(火) 23:06:04 | | #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼2008/12/16(火) 23:06:04 にコメントをくだったyちゃん
幾分お気持ちが楽になったようですね。よかったです。

新しい環境に移られるとのこと。
今回のことは良い機会になったようですね。

一生の内に恋愛は何度しても良いんです。
恋愛の機会も訪れます。
 
ちょっと痛い出来事でしたが、神様が荒療治をしてくださったのだと思います。
でなければ、見えないこと、動けないことってありますからね。
 
新しい年に新しい環境で、素敵な出会いにめぐり合えますように♪
お祈りいたしておりますね。

もし、歯をくいしばりきれないことがありましたら、又どうぞいらしてくださいね。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2008/12/16(火) 23:32:08 | URL | my #[ 編集]
なんだか
ここだけでもこんなにたくさんの方が…と、悲しくなりました。
そして、頑張って自分が変わっていかねば…と、心底思いました。
彼にメールしました。
だからと言って、彼にどうこうしてもらおうと言うのではなく「見守っていて下さいね」と。
「あなたがいつも笑顔でいられるよう祈ってます。」そう言ってくれました。
私の人生ですから。
自分でのびのび生きていけるように、私が頑張らなくちゃね。
すでにアラフォーと言われる年代。
時間がもったいないもの(笑)!

2008/12/17(水) 07:30:43 | URL | 椿 #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/17(水) 15:25:10 | | #[ 編集]
myさんにお願いがあります。
彼女に「あなたは一人じゃないよ」って伝えてあげて下さい。
このエントリにも沢山の方が被害者ですってコメント寄せて下さってます。
私は某SNSで同じような被害者の方の集まるコミュニティーがあって、そこで励まし合ったり情報収集したり、同じような状況の仲間とメッセ交換したりしながら離婚の手続きを進めました。
本当にたくさんの方が同じようなつらい思いされてますし、その中で必死に加害者から逃げ、証拠を集め、離婚手続きをされています。実際、一人でこつこつと積み重ねる準備作業の苦しさは周りの方には分かってもらえないかもしれないけど、本当に同じような状況の方がたくさんいるから、一人じゃないから、私も頑張れたからきっと彼女も頑張れると思うので、そんな事を伝えていただけたらと思います。
2008/12/17(水) 17:54:21 | URL | yucco #[ 編集]
私も・・・
myさんやみなさんのお話読ませていただいて、
私も一歩踏み出そうかな…、と思わせていただきました。

子どもが出来て以来、十余年、夫からのDVとモラハラに悩んで来ました。
それがDVやモラハラの一種なのだということも、最近やっと認識したのですが…。

昨年、あいも変わらず毎日毎日一方的に理不尽な罵声を浴びせられ続けていた上、
怪我までさせられたのがきっかけになって、
それまで胸の内に秘めていた事実を、初めてほかの人たちにも話をしました。
話をしただけでも、かなり気持ちが楽になりましたが、
心のストレスは、自分が思っていた以上に体にも影響を及ぼしていました。
ある病変が見つかってしまったのです。

長年のことなので、いろいろあり過ぎて、
うまくまとめて説明出来ませんが、
T美さんの気持ちは、痛いほど感じます。
私も、対外的にそういうことを口にすること事態もイヤだったので、
ずっと自分だけの判断で自分なりに伏せてきましたが、
人に相談して初めて、これはやはり異常なことだと
認識させられました。

だからと言って、子どもたちのことや経済的なことなどを考えると、
なかなか踏み出せないで来たのです。
問題は多いし、どうなるかわかりませんが、
人生は一度きり。
私にだって、心からおだやかな日を過ごす権利はあるんだと思って、
ここでご紹介いただいた本を購入したりして、
少しずつ準備して行こうかと思い始めています。

とうとうこちらでもカミングアウト?しちゃった。
また、聞いていただきたくなったら、
吐露させていただいてもいいですか?

あ、もちろん、今心の支えになってくれている人のこともですけど!
2008/12/18(木) 02:28:23 | URL | みどんぐり #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/19(金) 11:58:58 | | #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼椿ちゃん
本当にそうですよね。
このエントリは、upしようかどうか迷いましたが、
upしてよかったと思います。
私自身の整理にもなりましたから。


うんうん。頑張りましょう。今という時間を大切にしましょ(^-^*)/


▼2008/12/17(水) 15:25:10にコメントをくださったmちゃん
改名のお手間をありがとうございます。

そうそう、自分は生かされているのですよね。
何の為に?素晴らしい人生をつくり上げていくために。
前に進んでいきましょうねヾ(^∇^)


▼yuccoちゃん
本当に同じような状況の方々がたくさんいらっしゃいますね。
彼女も、沢山のサイトを見て、「私だけじゃない」というのが、
一番の励みになったと言ってました。
あらためて、私もそれらのサイトを読ませていただいたので、
彼女にも「本当に独りじゃないのよね」と伝えてあげます。
ありがとう。
 
 
▼みどんぐりちゃん
みどんぐりちゃんも、お辛い日々を過ごしてらっしゃるのね。
勇気あるカミングアウトをありがとう。
きっと、みどんぐりちゃんと同じ状況の方もご覧になって、
勇気をもらっていることと思います。
 
問題は、確かに多くありますよね。
特にお子様がいらっしゃると厳しいことが・・・
でも、諦める前に一歩踏み込んでみる事は必要ですよね。
沢山の方々の体験談でお勉強されて、
是非とも一日でもはやく、みどんぐりちゃんとお子様が、
穏やかな日を向かえることが出来ますようにお祈りいたしておりますよ。

それまでは、どうぞどうぞいつでもいらしてね。
もちろん、心の支えになっている方のことも。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2008/12/21(日) 13:04:37 | URL | my #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼2008/12/19(金) 11:58:58 にコメントをくださったhちゃん

やってしまいましたのね・・・・・
 
見てしまったものは仕方がありませんよね。
もし、私なら、見たくないものを見てしまったら、
見てしまったモノを見てしまった行為の記憶ごと消し去ります。

記憶を消したら、言う必要はありませんでしょう?
 
もし、これは何なの?と彼に問いただしたいのあれば別ですが・・・・
 
男ってねぇ~、全く無頓着ですよ。
そういうブツを彼女の部屋に置いておいても平気なんです。
でも、逆を言えば平気なくらいのブツなんです。
過去の思い出を大切に・・・・というのもありますが、
どちらかというと蒐集癖の延長だと思ってもいいと思います。
女性のソレと比べて。
 
問いただす必要の無い事だと私は思いますが・・・・
どうしてもというのであれば、ヤブヘビ覚悟で・・・・
 
hちゃんのショックは、とてもわかります。
そりゃぁね。過去とはいえ、見てしまったら・・・・ねぇ。
でも、そういった過去もひっくるめての彼様ですよね。
 
見られた・・・・と思っているかもしれませんが、
知らない振りでいいのでは?
どうしても、過去が気になるのでしたら白状。
それはそれと思えるのでしたら、知らない振りが、
彼様の気持ちも助けるのでは?

大人ってそういうものだと思いますが。
いかが?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2008/12/21(日) 13:49:34 | URL | my #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/21(日) 19:27:48 | | #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼2008/12/21(日) 19:27:48 にコメントをくださったhちゃん
今は、それでいいと思います。
hちゃんは、大事な書類を預けられる大事な人なんですよ。
自信もってね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2008/12/21(日) 23:08:30 | URL | my #[ 編集]
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛