FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


写01

2008年08月31日[17:08:19]

私の携帯をカメラモードにしてI氏に渡す。
I氏の携帯は"カメラなし"携帯だから。
「猥褻写真を撮れないように持たされている(笑)」
と前に言っていたけれど、多分会社のセキュリティ上の理由でしょう。
 
「横向いて・・・・髪の毛で顔を覆って・・・・」
「まさに投稿写真みたくない?」
鏡に映る私を確認する。
「あはは・・・いいですね」
I氏が後から私の中に入っている状態で、
化粧台の鏡に向かいシャッターを切った。
 
「うわっ。凄くいい・・・・まさにしてるって感じ
透けている下着もいい感じ 」
画像を確認して、再度鏡にレンズを向ける。
「まだ撮るの?」
「うん。でもmyさんの顔がないと・・・・・」
「イヤよ。恥ずかしいわ」
という私の言葉を遮るように激しく後から責め立て、
喘ぐ私の髪をかき上げ顔ごと写す。
「最高・・・」
納得した表情で、宝物を納めるように携帯を閉じた。
 
「満足?」
「うん」
「見せびらかさないでね」
「見せびらかさないさ。もう俺だけのmyちゃんになったから」
「うふふ。今更・・・・」
「この前、あんな事あったけど、myさんは帰らなかった」
あの蕎麦屋での喧嘩を蒸し返すの?
 
「本来のmyさんなら、あんなの許さないでしょ」
「あれで帰るのは、大人として・・・」
「ううん。姫なmyさんは、あーゆう時は、つんと帰っちゃうはず」
「そんな我侭じゃないわ」
I氏は実質の20%増しで私を評価しているような気がする。
気高く高慢で、統率力が高く我侭で、完璧でキツい。
良いか、鼻持ちならないか、両極端なオンナ。
ただ、そんなオンナを手中に収めてる心地良さを楽しんでいるという。
猛獣を操る愉悦を味わっているのか。
 
「でも、別れなかった。あれで、確信したんですよ。myさんの気持ちを。
俺も心の底から愛してる。
もっと愛したいんですよ・・・・」
と、言いながら激しく突き上げられる。
「あ・・・ん」
こんな時に。
素直にならないI氏だから、こんな時なのか。
あんな理屈っぽいメールなんかよこさないで、
もっと気持ちを表現してくれたらいいのに・・・・
なんて、チラリと頭を掠めるけれど、
まったく無いというよりはヨシという事にしておかないと、
気持ちがもたないのは目に見えている。
私もヒトのことは言えたギリではない。
きっとI氏も、私に言ってもらいたい言葉はあるでしょうけれど、
私も言えない言葉はあるし・・・
加減のよいところでの折り合いも必要。
 
 
 
 
「うぅぅ。気持ちよすぎ。イッちゃいそう」
「イッていいわ」
「ダメ。楽しみはとっておくの」
スーッと抜かれた。
「あん・・・」
「お風呂入ろッ!」
「はい。蕩々しましょ」
 
 
 
 
I氏はバスルームに直行。
裸になるとコドモのように、一気に行ってしまう。
本当にお風呂好き。
私が脱ぎ捨て状態の服を掛けて、タオルを用意し、
髪の毛をアップにしてバスルームに入ると、
すっかり良い気分状態になっている。
 
大きめのバスタブ。用意しているエステヴェールには湯量が多い。
「少し多いかも・・・」
「抜くね」
ブロワーの噴出しギリギリまでお湯を落としてエステヴェール投入。
トロリトロリとなっていくお湯の中に、私も入湯。
入るなり後ろを向かされ、引き寄せられ、
蕩々流れるように、I氏のmonoに私がセットされる。
はい、君の場所はここねと、I氏のアタッチメントのよう。
激しくというわけではなく、中に入ったまま。
 
時々バストトツプを刺激されて、
そこから電流が蜜壺に到達し、I氏のmonoをキュンと締め付ける。
「うぅぅ・・・締まる」
「うふふ」
ブロワーを止めて静かな蕩々のお湯の中でたゆたい、
お互いの弦を爪弾き、音を奏であう。
  
「なんかいいね」
「ええ。いい感じ・・・・でもそそろ」
 
私は、I氏より一足先にバスルームを出て、
用意したコスチュームを身に着けた。

 
****************************************************************

◆イベント用ランジェリー◆
意外とリーズナブルなスペシャルランジェリー
いろいろ揃えて、日替わりアプローチ
\3,071
\2,756
\2,756
\3,307
\3,307
\3,780
\2,205
\2,756
1Night LoveStory_NSL

****************************************************************

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック ||超さんのSEX講座|| 恋愛事情||


コスプレでは、ございませんから(笑)

思ふことコメント:5 □ トラックバック:-◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
こんな時…
…だからこそ響く「愛してる」もありますよね。
私、彼様と同じタイプかもしれませんね。
その時には素直に言える。
何故でしょ(笑)?

女性の視点からのLH、ホントにmyさんにproduceして頂きたいです。
Interiorだけじゃなく設計から!
2008/08/31(日) 21:46:08 | URL | 椿 #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼椿ちゃん
まったくね・・・照れ屋さんなのかしらねぇ。

LHは、女性に気に入ってもらえると、リピーターも増えると思うのですけれどね。
どかーんとゴテゴテしい外観よりも、シンプルでちょっと隠れ家っぽいところなんていいですね。
シンプルで、本当の大人限定な感じなところ。
ないかしら・・・・ねぇ。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2008/09/01(月) 01:22:35 | URL | my #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/02(火) 21:14:49 | | #[ 編集]
『パシッ』
『おっ、いいねぇ…パシッ』


『そう、そのウエスト…パシッ』


ぴぃ~彼は『パシッ』と自分でシャッター音をつけるのですよ(笑)
照れ隠しでしょうが…
『国宝もんに綺麗に撮れた(*⌒-⌒*)』と…
私を誉めてるの?
自分を誉めてるの?


近頃の携帯カメラは写りがお宜しいようです。はい(*⌒-⌒*)

2008/09/02(火) 22:24:32 | URL | ぴぃ~ #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼2008/09/02(火) 21:14:49 にコメントを下さったsちゃん
『練習』でランチ?
とても可愛げのある殿方ですね。
お互いの素敵な部分が再発見できると良いですねヾ(^∇^)


▼ぴぃ~ちゃん
そりゃ~ぴぃ~ちゃんを誉めているのでしょ~
照屋さん?
面と向かわずに、そんなカタチで嬉しがらせてくれているのね♪

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2008/09/05(金) 00:37:17 | URL | my #[ 編集]
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛