FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


タカラ

2008年08月28日[00:47:58]

「今日は最初から燃える」
エレベータの中、後からI氏がウエストに片手を回す。
「ふふっ」
チラリと斜め上に目をやる。
カメラがあるのではと・・・・・
もう、ここまで来れば気にしても仕様がないのに。
 
 
部屋に入って私が靴を揃える。
(なんか、ラブホテルって感じ)
淫靡な世界へのスイッチがこれで入る。
 
I氏は、浴槽にお湯を溜める。
これが、I氏のスイッチかしら。
 
パチンパチンと革のアタッシュケースを開ける音がする。
ホント、「最初から燃える」つもりなのね。
お道具をそろえている音を背中で聞きながら、
私は、ワンピースを急いで脱ぐ。
今日のワンピースは、シワになり易い素材なので、
こっそりと・・・
 
そして、ブラもガーターもストッキングも脱ぎ、
シースルーレースの白いシュミーズとタンガだけになる。
華奢なレースで、肌が透けて見える。
 
本当はこの姿見せたかった。
I氏に脱がされると、ワンピースもシュミーズも一気に脱がされて、
折角の姿を見せられなくなってしまうから(笑)
 
普段は着ないイベント用。
 
チョッと乙女チックで好きにしてくださいと誘う白。
 
「あっ何、もう脱いじゃってるの?僕に見せないで脱いじゃうの?」
「うふふ。見ていいわよ・・・」
丁度化粧台の前。
後から肩に手を置かれ、一緒に鏡に映る。
「綺麗ですね」
「いやらしいでしょ」
「うん。いやらしいから好き。myさんはホントにH」
「いやらしいから好きなの?失礼しちゃう」
「最高ということですよ」
もちろん私もそう思っている。
こういう場で、こういう事をしている中で、
それは最高の賛辞になるから。
 
 
片手で胸をつかまれ、
もう片手では、タンガのクロッチを押しよけクリトリスを愛撫される。
耳の中には、甘い口吻の吐息まじりの声が注がれる。
そして、目の前には後から男に抱かれ猥らにカラダをくねらす女がいる。
その女は淫楽に酔った顔をしてコチラを見据える。
ナルシストな私にとって、これほど最高のシーンは無い。
 
「なかなかですね」
「うふふ。いやらしい。でも素敵だわ」
 
 
シュミーズを捲くられ、ヒップを丸く撫でられる。
グッと背中を押され、腰をさらに高く上げさせられた。
「綺麗なお尻・・・・綺麗なアナル・・・・綺麗なお●●●。
ピンク色。殆ど使っていないみたい」
「そうよ。使われていないわ」
「嘘だね。今まで何人の男を迎え入れてきたんだ?」
「初めてよ」
「あははは。それも信じたくなるくらい綺麗」
「アリガト・・・・」
 
そう。きちんと手入れをしているタカラを誉められるのは、
本当に嬉しい。
この時のためというより、自分のためなのだけれど、
やはり、張り合いがあるというのは幸せなこと。
 
 
I氏は床に腰をおろし、蜜壺に口づけする。
「はぅ・・・ん」
クリトリスを包む唇が、壺口に移り、滴る蜜を玩味される。
「あ・・・・ん」
蜜壺は栓を失い、止め処も無く蜜が溢れていた。
 
目を閉じて、私は這う舌の動きを追う。
「自分で感じるのですよ」
I氏に前に言われた言葉を思い出す。
舌先が左の花びらの端から内側を通り、
蟻の門渡りをターンして右の花びらをなぞりかえる。
ツンツンと蜜壺の中を浅く突かれると腰が砕ける。
「まだまだですよ」
指が中に入り、じゅぶじゅぶとかき回される。
「指が締められる・・・あっもうがまんできない」
I氏が大急ぎでズンと中に入ってきた。

「ああぁ・・・・気持ちいい」
後から責めるI氏と私が再び鏡に映る。
「うわっいい眺め。残して置きたい」
「えっ?」
「撮りたい。撮らせて」
「こんなの撮ったら、投稿写真みたいだわ」
「うん。投稿したいくらい」
「えっ?」
「ウソウソ。そんなことしないから。顔ははずすから・・・・」
「そんなに撮りたいの?」
「・・・・うん」
駄々っ子のような目で懇願されると拒否はできない。

 
****************************************************************

私の秘密のタカラのお手入れは、
シャイニングベリーローション
H用にも使えるローションですから安心。
意外と見落としがちな、お尻の割れ目の辺りから
花びらまで、しっとりさせます。

****************************************************************

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック ||超さんのSEX講座|| 恋愛事情||


蜜滴る花でおびき寄せる私は、食虫植物?
キャ~!!(笑)

make loveコメント:5 □ トラックバック:-◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/28(木) 22:19:32 | | #[ 編集]
食虫植物♪
殿方を惑わす香りを発してるのねっ
ま~ 人で言う今の言葉で「オーラ」かしらん~
構えずにさらけ出せたりじゃれあえる・・・・
認め合える 指摘しあえる・・・・そう言う人が
居てくれる幸せって 日常が忙しかったりしんどかったりすると とても 感じます。
2008/08/29(金) 10:00:28 | URL | 牛子 #[ 編集]
以前一度だけコメントしたKといいます。
相変わらず彼女とは月に1回ぐらいしか会えない状態が続いています。
今日はひさびさのデートの予定、一回キャンセルになって、延期していたものだったのですが、昨日「明日は何か美味しい物でも食べたい」というメールがきました。
体だけが欲しい訳でもないけど、たまにしか会えない、しかも一回キャンセルになったデートで(時間も短いです)そんなこと言われて正直少しテンションが落ちました・・・。
そしてデート当日朝(今日です)「親の具合が悪くなって、病院に連れていかないといけないから・・・」
またキャンセルです。

彼女は嘘をつくような人ではないし、本当にツイてないだけなのでしょうが、最近の二人の仲を考えると、なんともやり切れない思いがしてしまいます。

大人にならなきゃとは思うんですがねえ。
好きすぎるのか、彼女を失うのが怖いのか・・・。
あー、朝から愚痴っちゃいました。すんません。
2008/08/29(金) 10:38:06 | URL | K #[ 編集]
食虫植物って、虫の方から落ちて来ますよね。きっと虫にとっては堪らないくらい魅惑的なんでしょうね。
「食べられたいっ!」って感じ?

たいていはお洋服を彼が脱がせてくれますが、私、未だに顔から火が出そうなくらい恥ずかしいのです…。自信がないから?
SEXYに、魅せつけるように脱げたりしたらカッコイイですよねぇ。
さらに恥ずかしいのは着る時!!
なんなんでしょう?あの恥ずかしさ(笑)
舞台裏を見られるような、秘密を覗かれてるような…。

2008/08/29(金) 16:44:38 | URL | 椿 #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼2008/08/28(木) 22:19:32にコメントをくださったnちゃん
お気をつけて、お帰りくださいね。
こちらでの思い出は、そっとアルバムに残して、
かの地では、また素敵なページが作られますように・・・
 

▼牛子ちゃん
"指摘しあえる"というのは、とても大切ですよね。
それこそ、感謝し合える仲ですよね。


▼Kさん
申し訳ございません。
実は、"K"のHNのコメントを下さる方が男女とも幾人かいらっしゃいまして、
どちらのKさんであるか特定ができないままの、お返事になってしまいますが・・・・
彼女様は、何かを迷っていらっしゃるのかもしれませんね。
優しいから迷っている。
そんな気がいたします。


▼椿ちゃん
はいはい。着る時は、かなり恥ずかしいです。
お化粧直しも・・・
できれば、化粧室が見えない場所にあるのがいいわ。

LHをプロデュースしてみたいわ。
女性目線から・・・・
思いません?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2008/08/31(日) 17:38:45 | URL | my #[ 編集]
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛