FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


着衣で

2007年06月26日[01:39:19]

shunの携帯の着メロが鳴り響く。
「あぁぁ~もぅ・・・・ごめん。・・・ったくぅ」
私は噴出して、shunのmonoを口から出す。
もう、笑うしかない。
スラックスを上げながら携帯を耳にあて仕事の指示を出している。
こういう時でも、マナーモードに出来ないのはお互い様。
おやすみが有って無いようなのもお互い様。
致し方なしよね。

話が長くなるのか、ソファーに腰を下ろし話し始めるshun。
私はバッグを片付けたり、テーブルの上を中腰で片付けたり・・・

その中腰の私のスカートの中に後ろからshunの手が入る。
携帯で話をしながら、蜜壺の中を"ぐちゅぐちゅ"とかき回す。
「あっ・・・・」
出そうな声をグッと飲み込む。
スカートを捲くり上げクリトリスをクルクルといじくる。

男の人って・・・・
首から上はビジネスモードでその下は淫靡モードのシチュエーションに
憧憬しているようなところがある。と思う。
(もちろん、全ての人がそういうわけではないけれど)

パートナーにその気持ちがあるのなら、
それをちょっと実現・・・してあげたい。

テーブルに手を付きお尻を突き出す。
喘ぎを抑えようとすると上半身がくねり、腰が振られる。
「・・・ん、んんんん」
クリトリスがどんどん硬くなって、
触れられるたびに電気がびくんと身体を走り抜ける。
shunの顔は見えないけれど、ふふんと憎らしい笑みを浮かべているよう・・・
イケナイ事をしながらも、冷静に数字や指示の言葉を発している。
それが妙に生々しくて、淫靡さに拍車がかかる。
花びらをなで上げたり、指を抜き差ししたり、まさにイタズラ。

もう、いい加減にしてと痺れを切らしそうな瞬間、
ピッと切った携帯をソファーに放り投げshunが私の足の間に入り込んできた。
ショーツの紐が解かれ、唇が濡れそぼっている泉を捉える。
「myのお●●●、美味しい・・・」
溢れた蜜を広げた生温かい舌で舐め拭いたかと思うと、
"シュブシュブ"といやらしい音をたてて吸い上げる。
「んっ・・・はぁん・・・ダメ・・・」
「何がダメなんだ?」
「溶けちゃう・・・」
身体がゾクゾクし、テーブルに付いている手の力が抜けていく。
「溶けちゃうだけか?」
舌が蜜壺の入り口を刺激する。
「あぁぁ・・・ん」
蜜壺の中が欲しがっている。疼いてどうしようもない位。
「欲しいの・・・・」
「何が?」
「shunのが」
「俺の何が?」
「shunの・・・・ジュニアが欲しいの」
「いやらしいなmyは」
ソファーに掛け直したshunが、私の腰を引き寄せる。
硬いshunの先端が、入り口に当たる。
でも、当てるだけで軽くこすられる。
後ろ向きで中腰の私は、体勢も欲求も耐えられない。
「頂戴・・・・」
「我慢できないコだ」
ずぶずぶと圧迫感たっぷりのshunのmonoが入ってきた。
二人とも着衣のまま、繋がっている。
これもshunがしたかった事・・・
『服を着たままのmyを後ろから犯したい』
そう言っていた。

「ああぁぁ・・・締まるっ」
「あぁぁ・・・ん」
「凄い、myのお●●●が吸い付くんだ。最高に気持ちいいお●●●」
ずずずっとさらにめり込むように根元まで入り、子宮の入り口が押される。
ぐぐっと腰を突き上げるたびに、子宮口が強く刺激され、
私は飛び上がりそうになる。
「shun、素敵・・・こうなりたかったの。shunと繋がりたかったの。
ずっと、ずっとそう思っていたの」
「俺もだよ。こっち見て」
顔だけ振り向く私の唇に、shunの舌が挿入される。私も絡ませる。
二人の舌と唾液も撹拌され、溢れた唾液が唇の端から、つーっと流れ落ちる。

 

「前、向いて・・・」
中に入っているshunのmonoを軸に足を回して
アクロバティックに前向きに移動する。
「この方がmyが動きやすいでしょ」
「もう・・・」
腰を浮かせてズンズンと私が動く。
「うわッ最高・・・」

「ねぇ・・・脱がせて」
身体が熱くなり汗ばみ、ワンピースの裏地が身体にへばりついている。
背中のファスナーを下ろしてもらい、ワンピースを脱ぎ捨てた。
「綺麗だ・・・・」
のけぞり胸への愛撫を要求する。
両手で胸を持ち上げられ交互に左右の蕾を吸い付かれる。
「あぁぁ・・・んんん・・・」
痺れる甘い刺激。
「やっばりmyが一番だよ」
「嬉しい・・・」
「愛してるよ」
「私もよ。愛してるわ」
「離したくない。絶対に離したくないよ」
「離さないでね。ずっとよ・・・」

shunに身体を預けると、ぎゅっと抱きしめて頭を抱えられた。

***********************************************************************

私の美味しい蜜の秘密は
メイクラブリップ・カシスレディ

感じる部分をおいしくデコレートしてくれる『メイクラブリップ』で、彼に『おいしい私』をアピールしてみませんか?

***********************************************************************

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック ||超さんのSEX講座|| 恋愛事情||


ハイッ!正解は、会社からの電話でした。
正解率高かったですね。
ってクイズブログかッ!

make loveコメント:8 □ トラックバック:-◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/26(火) 07:43:57 | | #[ 編集]
盛り・・・
働き盛りですものね(死語?)
でも、電話しながらされると、声を殺さなきゃ~なんて
余計に燃え上がっちゃいそうね
何はともあれ、触れ合えて
本当に良かったねぇ~
嬉し、楽し、艶ブログは、本当に私も嬉しい

誰も居ないところではイチャイチャと・・・
そうですよね~
私達も先週の土曜日にお互い2時間移動して
中間地点で逢瀬でした
なんの縁もない土地なので、駅から目的の場所への
途中のコンビニで、まさにmyちゃん達のように
少しでも離れるのがもどかしいというように
絡まるようにひっついてお買い物・・・とかね
6週間ぶりでしたので・・・(^。^)

私達は40代後半だけどね
この前彼が言ってた
「40し盛り、50ゴザ破れ」って言うんですってね
なんだかね~
二人でまっしぐらです

2007/06/26(火) 12:41:10 | URL | まー #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/26(火) 16:16:44 | | #[ 編集]
逢瀬の時にくる電話はやっぱり彼の方が多いですよね…

私はパクッといっちゃいます(笑) 彼の顔見ながら(*^_^*)

絶対に嫌がったり はらったりしないですからねσ(^◇^;)

エッチな事は明るく楽しくが2人のモットーですからぁ~(^o^)/
2007/06/26(火) 20:57:54 | URL | ぴぃ~ #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼2007/06/26(火) 07:43 にコメントを下さった●●●ちゃん
言わせたいのよねぇ・・・
「欲しい・・・・」
征服欲を満たす言葉なのね。

言わされなくても、言っちゃう私ですけれど(笑)

「欲しい?」と逆に言わせてあげるのもちょっとしたお遊び。


▼まーちゃん
そうね「盛り」ね。
50でゴザじゃなくて、
50,60,70と一生し盛り、花盛りでいたいわよね。


▼2007/06/26(火) 16:16にコメントを下さった●●ちゃん
まぁ・・・素敵な計画ですね。
お二人でシミュレーションし合って、臨んでくださいね。
燃えるわよ。

うふふ。


▼ぴぃ~ちゃん
そうね明るく楽しくね♪
でも、時には切なさもスパイス。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2007/06/27(水) 00:21:59 | URL | my #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/27(水) 02:10:34 | | #[ 編集]
後ろから・・服を着たままで
イヤン
なんてソソられるシーンなんでしょ(〃д〃)きゃ
彼と・・・・してみたいッッ

ウーン、
メッセ専科の私達。
カメラでソソられるシチュエーション
2人で検討してみようかしら・・・。
2007/06/27(水) 02:13:12 | URL | ひなた #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼2007/06/27(水) 02:10にコメントをくださった●●様
はじめまして。

スキンをつけていてもうつってしまう感染症は、
防ぎようもないのですし、
彼様も温かい言葉を言ってくださったのですから、
あまりご自分を責めないでください。

これは、どのような関係でも避けたいことです。
そして、スキン、セックス云々の前に、
風邪くらいであろうと、相手の為に健康でいるというのは大切。

さて、ご質問の感染に関してですが、
正パートナーには、スキンを求めません。
ただし、お付き合い初めにはスキンは付けてもらいます。
hiもhideもmasaもそうでした。
避妊のためというより、ピルユーザーの私は、感染回避のためでもありますし、
最初のけじめの意味合いもあります。

相手の心と身体が信頼しうる方と判断した時に、スキンはなくなります。
もし、それでも感染してしまった場合は、それはそれで致し方なしです。
ただし、原因をきちんと追究し、二度と起こらないように予防策は講じるでしょう。
彼様がお話しされていたように、リスクを負う覚悟は常にもっていますから。

shunの場合は、日常的に血液検査や感染症検査は行っているということ、
確認もし合っていましたので、スキンはつけていません。

私自身も普段から、小さな変化は見逃さないようにチェックや検査もしています。

予防がなによりも大切と思います。


●●様ほか、ご主人様、彼様の治癒をお祈りいたします。


▼ひなたちゃん
カメラを駆使してやってみて。
うーん。どうするのかな?


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2007/06/28(木) 02:27:57 | URL | my #[ 編集]
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛