FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


狂わされた男

2006年04月07日[23:44:55]

古典文学に見る男と女シリーズ 第24回

前回の平中に関する、ちょいと別方面で有名なお話です。

初めに言っておきますが、平中は実在の人物ですが、
色男ぶりと間抜けぶりが混ぜこぜの滑稽譚として本当の話を元に、
脚色され、語り継がれています。

今回のお話は、前半後半に分けるとすると、
前半は私の好きなお話ですが、後半はちょっとスカトロ系。
苦手な方は後半は、読まないでね。

■■平中が大臣の屋敷に使える女房に恋する話■■

『平中物語』『宇治拾遺物語』『今昔物語』『十訓抄』『伊勢集』に収録されています。

前半部分の元は平中と伊勢との実話ですが、『今昔物語』『十訓抄』では、侍従という女房になって更に面白可笑しい滑稽譚になっています。
今昔物語編でご紹介いたしますね。

今は昔。
平中が伺候していた大臣の屋敷に才色兼備のすばらしい女房が仕えていました。
色好みの平中がそのままにしておくわけがありません。
恋文を侍従に送ります。
何度も何度も恋文を送ります。
ところが、侍従からは、なしのつぶて。
返事がありません。

そこで、平中は「手紙を見たのならば、"見た"というお返事だけでもください」という懇願の文を送ります。
すると、やっと女から返事がありました。

有頂天でその手紙を見ますと、平中の文の"見た"という部分を破りとり、
薄い紙に貼って送り返してきたのです。
コピペですね。

もう、こんな女忘れようと思ったのですが、3カ月位した後の五月の後半、
五月雨がしとしと降る夜、侍従をやはり忘れられない平中は思い立ちました。
雨が降り、真っ暗な夜です。
「こんな日に訪ねると、きっと心も動かしてくれるだろう」と侍従を訪ねます。

二時間ほど待たされた後、平中は局に招き入れられます。
嬉しさで身震いしながら、侍従の臥所へ入り込みますと、なんともいえない香り。
触れた侍従のほっそりとしたカラダと冷えた髪の手触りにさらに身震いします。

その時侍従は暗闇の中で声をかけました。
「あら、大変なことを忘れておりましたわ。ふすまの懸金を懸け忘れておりましたので、懸けてまいりますわね」
「そうですね、懸けておいでなさい」
平中に言われ女は着ていた衣を脱ぎ、単衣と袴のまま出て行きました。

さて、いよいよと平中は衣を脱ぎ捨て横になりワクワク待っていました。
"カチャリ"
懸金を懸けた音が聞こえましたが、侍従の足音は遠ざかるようです。
「おかしい・・・」
平中がふすまに近寄り懸金を触りましたが、向こうから懸金が懸けられていました。
「図られた」
口惜しさにそのまま局に居座ろうとも思いましたが、
恥をさらすのも悲しく、すごすごと帰っていきました。

その後、平中は侍従を諦めたく悪い噂でも聞いて嫌いになろうと思っていても、
一向にそのような噂は聞こえてきません。

 

恋心はつのるばかり。

「そうだ。どんなに素晴らしい良い女でも不浄の物は自分と変わらないはず。それを見たら自分も興ざめして諦められるはず」
トンでもない事を思い立ちます。

その頃の高貴な人は、部屋の中に桶洗(ひすまし)の筥を置き、用を足し、
それを桶洗の下人が都度洗い清めて処理をしていました。

その筥を平中は奪い、中を見ようと計画をたてました。

さりげなく局近くで張り込みをしていますと、可愛らしい桶洗の少女が局から出てきました。
これだと走り寄り、その筥を奪い人のいない家に入り込みました。

とても不浄の物が入っているとは思えないほどの漆塗りの素晴らしい筥。
しばらく筥を眺めていましたが、決心しおずおずと筥の蓋を開けました。
「ややっ」
蓋を開けたとたん丁子(クローブ)の良い香りが立ち上りました。
「こんなにも芳しいものか」
中を覗きますと、薄黄色い水が半分入っていて、親指くらいの黒っぽい黄色い塊が三切れ浮かんでいます。
「おお。これが侍従の・・・・それにしても・・・」
その辺りの木の端で突き刺し、塊を鼻にあてると練り香のよう。
「なんと芳しい。これはこの世の物ではない。侍従は天女か」

その時、平中の心に狂気の愛情が湧き上がりました。
「侍従を我がものにしたい。侍従の全てを我がものに・・・」
筥に顔を寄せ、中の液体をすすってみました。
さらに、木に刺した塊を舌先で少し舐めてみました。
苦く甘く、香ばしい。

 

「さては」
平中は、すぐに気が付きました。
黄色い液体は丁子を煮た汁。
塊は山芋と練り香を甘葛の汁で煮込み、それを大きな筆の軸で突き出したもの。

このような細工は誰でも考えることはできます。
でも、平中が筥を奪いとることまで予想し、先手を打つことはなかなか出来るものではありません。
「何という女であろうか」
ますます平中は女に恋焦がれ、ついには恋死してしまったということです。

あまりにも女に熱をあげるとこのようなことになるので、
「ほどほどにせねば」と世間の人はそしったと語り伝えられていたということです。




*******************************************************
報告

LCのジャムウシリーズの新製品ジャムウハードバブルを使ってみました。
濃厚な感じで良いです。
商品が少なくなっているようです。予約もお早めに。
「おとなの恋草子」姉妹blog「大人の女性のために Way to Beauty」
使用感報告をしておりますので、よろしかったら覗いてみてくださいませ。
*******************************************************

◆アクセスランキング参加サイト◆
いずれかをポチッと応援クリックお願いいたします。(あっ全部でもOKです)
  
|| 不倫ノートブック || 官能文書わーるど|| 愛と官能の美学||
    || 官能小説.com|| 超さんのSEX講座|| 恋愛事情||


この時代は不浄はトイレでという意識がなく、
そこかしこで・・・・だったらしいです。
なので伝染病も多かったのでしょうね。

古典 恋愛入門コメント:7 □ トラックバック:-◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
こうでなくちゃ
男性にとって、こういう女性でなくてはいけませんね。

彼と毎日顔を会わす日々ですが、男性にとって「そばにいるからいいだろ?」と、いわゆる「釣った魚には餌を与えない」心情がどうしても働いてしまうのでしょうね。

もちろん、これまでの遠距離恋愛に比べれば、ほぼ毎日彼の顔、声、会話、存在に満ちた毎日。

でも「周りの目」に対し、これまで以上に気を遣わなくてはならないし、彼と他の女性とのやり取りには、やっぱりヤキモチを焼きますもの。
(それを言ったら、彼はやけに喜んでおりました)

地元彼(正式におつきあいを申し込まれましたが、結局は切れています)の弟も結婚が決まったとたんに、セックスの回数が少なくなったと言っていました。

女性と男性の恋愛に対する熱さの違いが、醍醐味でもあるんでしょうねぇ。

myさまは、どう思います?
2006/04/08(土) 00:18:44 | URL | mami #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼mamiちゃん

自分の子孫をたくさん各方面に残すためには、次、次!というのが男。
良い遺伝子の男の子孫をたくさん自分で生むためには情熱の持続は必要というのが女。

・・・というのもありますが・・・

そんな後付の理由は頭にきちゃいますよね。

「釣った魚もバケツから飛び出るパワーがあるのだから気をつけろ!」と思わせる恋の上級者になりたいわね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2006/04/08(土) 00:37:32 | URL | my #[ 編集]
mamiさん、うちもそうです!
本当、何にもしてくれない。
>「釣った魚もバケツから飛び出るパワーがあるのだから気をつけろ!」
これ、すごく納得です。笑える~けど、本当、その通りだよね。
職場不倫のご法度をかましまして、
ジ・エンドになるかならないか…のるぅです。
もし、これからもお付き合いが続くのなら、
こう思わせるように頑張りたいです。
あとは、考えてもしょうがないので、
なるようにしかならないでしょ。
2006/04/08(土) 10:56:53 | URL | るぅ #[ 編集]
こんばんは☆
日本文学って平安時代から伝統的に
「女にモテる優男のたった一つの片思い」っていうのが圧倒的に多いテーマだって何かに書いてあった記憶が。
平中も源氏も…夏目漱石から村上春樹…。うーん、そうかしら、やっぱり。

昨日、年下の男の人とデート(?)の約束をしました。「ラスト・デイズ」を観ようということになったのです☆2人ともグランジ・ロックが好きなので観たいね、と盛り上がっただけなのですが…。彼にはいちいち報告しませんけど、ちょっとわくわくしてしまってる自分がいます(笑)
2006/04/08(土) 22:21:41 | URL | ほし #[ 編集]
なるほど・・・。
お話の内容、
私がザッと知ってる内容とちょっと違うようですが、
書物によって、いろいろ脚色されているという証明ですね。
後半はやっぱりダメですね・・・全部読みましたけど・・・。
まぁ、この手の趣味は人それぞれですから・・・。

ほどほど・・・。
恋愛においては難しいですね。
「ほどほど」ということは理性が働いている・・・。
「恋は盲目」・・・それが本当の恋愛ですから・・・。
2006/04/09(日) 00:37:29 | URL | はるき #[ 編集]
>職場不倫のご法度をかましまして

よく考えたら、そんなにタブーなことはしていない。
彼に責められたから、鵜呑みにしちゃってました。
4月からの人事異動で彼の隣の課になりまして、
声は聞こえる、出かけて行ったのもわかる、仕事がたまっているのもわかる、もちろん姿は見える。
彼は初めから「ばれたら終わり」と言っていますが、そしたら何で隣の課に異動になったのでしょうか。
言葉では言い表せないもやもやを抱えていまするぅです。
2006/04/09(日) 13:48:44 | URL | るぅ #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼ほしちゃん
ちょっと、うふふなデート。
いえ、いひひなデートになるのかしらん♪

彼様には報告しなくてもよいから、コチラには報告してね。いひ。


▼はるきさま
平中憚はいろいろなトコロで引用されていますね。

「恋は盲目」・・・でも覚めた時・・・。
やはりほどほどがね。
でも、ほどほどが一番難しかったりするのかもしれませんね。


▼るぅちゃん
はらはら、ドキドキ。
危うい状況も楽しんでみたらいかが。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2006/04/09(日) 23:01:14 | URL | my #[ 編集]
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛