FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


元祖。

2006年03月23日[09:37:55]

観に行ってまいりました。
これ
タカラヅカサイトより

子供の頃にテレビ放映を見た時のそのまま。
「ごらんなさい、ごらんなさい、ベルサイユーのば~ら・・」に始まる眩い舞台。

一生に一度は見ておきたい(笑)とヅカファンの友人にお願いし、
チケット入手。面白かったです。

ウワァッ!!スゴッ!!のきらきら衣装に、これでもかッの舞台。
それでも"サブ"感が無いのが、タカラヅカなのですねぇ。
だって、もう歌舞伎そのもの。
言い回しに見得。
悶絶婦人と失神婦人のやりとりなんて、狂言の太郎冠者と次郎冠者ですもの。
ミュージカルの枠に入れてはいけない。"ベ・ル・ば・ら"

私が観たのは『フェルゼンとアントワネット編』でした。
これ・・・・不倫がテーマですね。
あら。元祖。
子供の頃は気が付かなかったというか、不倫という概念がなかったので、
結ばれることがない、悲しい恋人達というイメージしかありませんでした。

・・・・でも不倫。
"夜のベルサイユ宮殿の池での密会"
こちらより
フェルゼンの胸にもたれ甘いひと時
「王妃様・・・・」
「フェルゼン。わたくしのことは、マリーと呼んでください」
「はい。マリー・・・・・・・・アントワネット!」
「フェルゼン!」

愛。それは甘く。
愛。それは強く。
愛。それは尊く。
愛。それは気高く。
愛。愛。愛。


人には終わりがあるように。
花さえいつかは散っていく。
人には別れがあるように。
花さえいつかは散っていく。

この時この瞬間だけは、わが身をアントワネットに重ね、
ハートのお目めでジーンというシーン。
我を忘れてジーン。
あぁフェルゼン・・・・。
周りの女性は舞台をうっとり見つめる。

確かに切ない恋人達。
でも、私には重ね感がなく、ほんの少ぉし冷めた目がある。
現実を経験した悲しさからかしら。
素敵なのですけれどねぇ。

帰りに、少し皆様とお茶をいたしました。
皆様ヅカファン。今回はお目当てがいらっしゃらないという事で、
『待ち』の見学もせず銀座で余韻に浸ります。
(本格的なファンさんが『待ち』を許され、その他の人はその見学だそうです)
「まぁ。アントワネットもだんだんよくなりましたわね」
「●●さんも堂々としていましたわ」
「××さんのばらタンも板に付いてよろしくてよ」
もう。ディープな世界。

「それにしても、あのフルネームの間には又笑いそうになってしまいましたわ」
「あら、アナタ感激されてたじゃない」
「あの"マリー・・・・・・・・アントワネット"二秒の間は、ありますわよね」
「△△さんの演出でしょ。古臭いけれどあれはあれで素敵よ」
「myさんどう思われます?」
えっ?私に振る?
「その演出の方って男性ですわよね。でしたら、その間は照れですわよ」
「照れですって」
「例えば、『さゆりと呼んで』『はい。さゆり・・・・(あっ照れる)さん』
  のような感じだと思いますわ。
  男の方って甘あまな台詞を言いながらも基本的に照れ屋ですもの。
  それに男の方に名前で呼ばれるとゾクゾクいたしません?
  男の方だってきっとゾクゾク感があると思いますの。
  そのゾクゾク感を自分で逸らすために、
  セカンドネームを付けてしまったというのではございません?
  身分の違いというよりも、
  男の方の自分自身のゾクゾク感と疼きへの小さな抵抗めいた感じがいたしますわ」

奥様方深く頷かれる。・・・・その先は?という目。

いえいえ。その先は奥様方には毒ですわ。
はい。

愛。愛。あーーーーーーいーー。

★「おとなの恋草子」姉妹blog「大人の女性のために Way to Beauty」もどうぞ。

◆アクセスランキング参加サイト◆
いずれかをポチッと応援クリックお願いいたします。(あっ全部でもOKです)
  
|| 不倫ノートブック || 官能文書わーるど|| 愛と官能の美学||
    || 官能小説.com|| 超さんのSEX講座|| 恋愛事情||


『オスカルとアンドレ』も観てみたい気になってきました。

ブロンドの髪~、翻し~

出来事コメント:10 □ トラックバック:-◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
元演劇少女です
一番乗り♪

私実は宝塚見たことがないんですよ。
一回でいいから見てみたいです。
劇団四季の「アスペクツ・オブ・ラブ」だもかなり濃い恋愛のお話なので、myさんには見て欲しいな~。

先ほど、彼と言い合いをしました。
明日口も聞きたくないです。
でも出勤すれば嫌でも顔合わせるし、明日の夕方の会議に出ることになってしまったし。
役員の代理出席。役員の馬鹿ヤロー!
だって、明日はデートの予定だった。
口聞きたくないけど、言い過ぎてごめんくらいは言ってほしい。
さすがに仕事中プライベートのお話はできないから、会いたい。
恋愛中の女の子ってみんなそうだよね?
kutanチャン、もしかしたら私たち、同級生かも?
2006/03/23(木) 21:21:17 | URL | るぅ #[ 編集]
うふふ
愛・・・とは?
そうだね。ベル腹?バラもよく見るとみんな
報われない愛ばかりですな・・・
私もこれ友達が券余っていたので誘われていたが
行きませんでした。
コテコテ宝塚って、子供のときに一度観ただけ。
やっぱりベルバラで愛を語る・・・ね。

my chanの講釈なんて奥様方には10年早いかも。(爆)
2006/03/23(木) 22:34:52 | URL | mou #[ 編集]
毒ううう
myちゃんてさ、本当に奇想天外!!
卑屈星男の次は、よりによってヅカスター!!
でも私も一生に一度は見てみたいかな。

ルイ16世は包○でしかもオタクで、結婚したものの何年もいたせなかった。それを宮廷の人は皆知っていて、女ざかりなのに相手にされないマリーアントワネットは欲求不満と恥ずかしさとでたまらなくて、胸見せ見せのセクシードレスに加熱してったんだよね。国家の安全に関わると、王の包○手術の手立てが外交の最重要課題に。

外交官のフェルゼンも当然事情を知ってたわけなので・・・。アイ~アイ~とは言ってられない緊迫感なんだけどな、もっとリアルに凄かっただろ~・・・。どろどろの悲劇か、喜劇しかないでしょー。

myちゃんのお陰で、ブラックコメディになって、めでたしめでたし。
2006/03/23(木) 23:19:46 | URL | Lisa #[ 編集]
"これって歌舞伎!"と、私も大人になってから宝塚を観て、
幼少の頃には分からなかった感動を覚えました。
コテコテに煌びやかな世界なのに、サブい感が無い、というのも同感です。

るぅさん、私も皆さんと同様「だって好きになっちゃったんだもん~」ですよ。
この頃は「だって---」だけでは済まなくなってきましたが…
愛で彼を包んであげなきゃなー。



2006/03/23(木) 23:26:48 | URL | kutan #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼るぅちゃん
1getありがとう。
四季ねメモしとこφ(゚▽゚*)♪


私、今まで何度お仕事でデートが流れたことがあったかしら。
思い通りにいかない事があって、それをどう克服していくか。
その時は辛いけれど、乗り越えた分成長すると思うの。
恋愛中の女の子にはそう思ってもらいたいです。
老婆心ながら・・・。


▼mou-chan
えーッ!断ったのー。もったいなーい。
今度誘われたら絶対行ってね。
マジオススメっす。

私のお話は、奥様方には10年遅かったかも・・・・・┐('~`;)┌


▼Lisaちゃん
他は知らないけれど、ベルばらはよござんす。
公演にあわせて帰国する?

ふ~ん包○だったの。知りませんでしたよ。

物語では、帰国報告をするフェルゼンに
「それは困る。王妃の為にいてほしい」と深い愛を示すのよね。

あっそっち方面のためにいてほしいってこと?
アントワネットの愛玩程度にしかフェルゼンを思っていなかった?
うぐぐ・・・・・


▼kutanちゃん
でしょでしょ。歌舞伎よね。正面を見て台詞を言うのもね。
歌舞伎好きには、オススメよね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2006/03/24(金) 00:47:56 | URL | my #[ 編集]
いや~
歌劇場に 2度行きましたっ。

憧れちゃいますよ
バレエ・ミュージカル・上海雑技団・サーカス
スケート いろいろ~
同じ人間の体で、なぜあんなことできちゃうのか?
日々の努力これに尽きますな。

づか劇場 忘れられないのは
役者様が観客席に降りてこられたときの
ふわっと かおるお化粧の香り~~。
カーテンにはしっかり
「寄贈 資生堂」
の 文字。。。。。
2006/03/24(金) 10:29:48 | URL | moon #[ 編集]
観た事無い人です。
池田先生のほかの作品は好きなのもあるけど、あれだけは子供の頃から読みたいと思わなかったしだから宝塚も。
もう終わっちゃったけど、パルコでやってた三谷幸喜さん演出の歌舞伎は見たかった~
でも遠くて観にいけなかった~(>_<)
2006/03/24(金) 12:54:39 | URL | かな #[ 編集]
今週最後の逢瀬
今日デートしてきました。
夕方だと思っていた会議は3時から、しかも彼は仕事が理由で休んでました。
いろいろ話したいことあっても、体を重ねると忘れちゃう。
異動で離れ離れになると思っていたら、同じ部のお隣の課に異動した→彼の課の隣でもあり・・・。
同じ課になれなくて残念。
近いようで遠い私と彼との距離。
2006/03/24(金) 23:36:01 | URL | るぅ #[ 編集]
愛。それは・・・。
愛。それは大塚。
愛。それは飯島。
愛。それは福原。
愛。それは杉山。
愛。それは高橋。
愛。それは神崎。
愛。それは大友。
愛。それは青木。

う~ん・・・。
愛、愛、あ~い~~~(^^ゞ

宝塚とは・・・。
私が観たお笑いライブとはラベルが違う。
やっぱり女性のあこがれなのかなぁ・・・。

私自身も女性があこがれる存在に・・・無理!!!
ドッカ~ン・・・自爆!!!
(^^ゞ


2006/03/26(日) 20:57:04 | URL | はるき #[ 編集]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▼moonっち
お化粧の香りを感じることが出来たなんてまさにナマ体験ね。


▼かなちゃん
なんで~?
ベルばらは通しで全巻読んでミソ


▼るうちゃん
同じ課でないほうが楽かもよ。
いろいろとね。


▼はるきさま
あ~。はるきさまが壊れてるぅ。
年度末だらか?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2006/03/27(月) 00:40:04 | URL | my #[ 編集]
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛