FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


嘆く女へ

2005年05月04日[11:10:46]

前回の「恋文」に、たくさんの方々から、
とても素敵な恋文投稿をいただきましてありがとうございます。
皆様の恋人への愛にあふれた言の葉、
残念ながら、エントリアップは出来ませんが宝の箱にしまっておきます。
まだ、お読みになっていらっしゃらない方はどうぞ前回のコメントをお読みくださいね。

さて、今回はお客様がお越しのようです。

**************************************************************

皆様こんにちは。
私、「藤原道綱の母」と呼ばれているものです。
御存知ありません?

私こそ、元祖女性ブロガーでございますのよ。
こちらの管理人より千年以上も前に男女の恋愛についての日記を公開しましたの。

「蜻蛉日記」の作者と言えばお分かりいただけますかしら。
ネカマ(?)の紀貫之の「土佐日記」は別といたしまして、
女性日記文学のはしりですわね。

名前ですか?
非公開でございます。HNは"トンボ"とでもいたしましょうかしら。
私、この生き物のはかなさ加減が気に入っておりまして、
日記の タイトルにもこの生き物の総称をつけましたくらいですから。

私、平凡で役にもたたぬ女でしたけれど、
あまりにも世間に出回っている小説がつまらなくて、
私の生の生き様を書いてみようかと日記をつづりましたの。

私の息子はもちろん、道綱でございますが、夫は藤原兼家でございます。
はい。有名でございましょう。エリートでしたもの。
この、エリートとの結婚なんて傍から見ると玉の輿の勝ち組みたいですけれど、
その実は腹立たしいことばかりでしたの。

御存知のとおり、私の時代は一夫多妻が許されておりましたでしたので、
兼家には他にも妻がおりましたわ。
そして、愛人も多数。 それはまめな男でしたから。
それに当時の結婚は通い婚で、夫が妻の家に通う形でしたの。
これがどういう事になるかお察しいただけますでしょう。

兼家は私の心をいつも乱す、冷たくて、優しい男でした。

兼家ったらあろう事か、他の女の家に行く時に私の家の前を通るようなイジワルをした事がありますのよ。(信じられます?)
でも、メイドが恥ずかしがるくらいイチャイチャしてくれたりする事も(*ノ▽ノ)あったり、
実家が遠い私の出産後よく面倒をみてくれたり・・・
そうそう、兼家にあまりにも放ったらからされて、私がキレて出家しようとしましたら、
寺まで来て、強引に連れ戻したり・・・。

こんなこともありましたわ。
「病気で食事が食べられないけれど、一番大好きなお前が来てくれたら一緒に食べて元気になるんだけどなぁ」なんて言ってくれましたの。
私もその時はうふふ・・・なんて思いましたわ。

でも、その後すぐにまた、愛人を作られましたわ。(`ヘ´#)

兼家の行動があまりにも腹立たしくて、
兼家が来てくれたのに絶対にウチの中に入れないで、こんな歌を送りましたの。

なげきつつ ひとりぬる夜の 明くるまは
          いかに久しき ものとかは知る

「待てども待てども来てくれないあなたを思って一人寝をする夜は本当に辛く長いのよ。わかってるの?」という意味なのですけど・・・。
百人一首にも撰ばれておりますので御存知ですわよね。

因みに、この歌に対しての兼家のレスったら、
「おっしゃるとおりです。トホホ」みたいな歌で・・・\(*`∧´)/

あーもうもう、本当に腹立たしい男なのですの。兼家は。
でも、でも、憎らしいほど私は兼家を愛していたのです。
苦しいくらい・・・。

では、皆様この辺りで失礼いたします。

**************************************************************
myです。
皆様、トンボちゃんへコメントをしてあげてください。
叱咤激励、感じたままに・・・。
トンボちゃんへですよ。
これが今回のお題。

トラバも大歓迎です。
但し、「トラバルール徹底週間」につき、
「このエントリへのリンク」「 おとなの恋草子」のタイトル明記を ご理解の上、お願いいたします。

人気ブログランキングに参加中です、応援クリックをお願いいたします。
↑ランキングはアダルトカテゴリですけど、びっくりしないで下さい。


実はmyは「蜻蛉日記」はドロドロ、ネガティブであまり好きではありません。
日記文学なら「和泉式部日記」のようなポジティブな方が好きです。

でも、読んでしまうのよね。これが・・・
トンボちゃんへの兼家流の愛が読めるの。

◆本日のオススメサイト◆

〓愛と官能の美学〓にmyと彼の逢瀬日記【世界にひとりだけ】完結編がアップされました。初めての方はどうぞご覧下さいませ。
あっ「それなんだっけ随分前のことで忘れちゃったなー」(毒)という方もご覧下さいませ。
この時のキーワードは・・・ ローターとanal と・・・

部員名簿への御登録ありがとうございます。
←左サイドバー「club list」が記名所への入り口です。
初めましての方もどうぞ。
名簿の部員の個室(サイト)へは積極的に訪問しましょう。
部員間の交流推奨!!


「おとなの恋草子」が"え゛っ"というサイトでランキングされていることがあります。それも"え゛っ"というような画像つきで。
「おとなの恋草子」が正式ランキング参加しているのは、左のサイドバーのLinkをはっているサイト様のみです。
その他は"ワンクリック詐欺"もあり得ますので、ご注意ください。
宣伝コメント、閲覧者様の気分を害するコメント・成りすましコメント、本来のトラバとは別の使われ方の(こちらへのリンク無し・出所不明)のトラバは削除させていただいています。皆様もいかにも"出会い系撒き餌"コメントのURLは無視してクリックせぬようお気をつけください。(個人blogを装う業者blogは大体、誘うタイトルにHな写真。リンク先は出会い系業者サイトか、エッチ画像ダウンロードサイト。)

投稿コメント:21トラックバック:0◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
ひょっとして1番!?\(^o^)/また難しいじゃんmyちゃん!トンボちゃんにですね(右大将の母さんじゃなくて)そうね、私の彼も似たようなとこあるな~あめとむちなのよね。やさしいとこを見せてくれたかと思いきや冷たい日もある。(少しは男中心じゃなくこちらの手玉にとってみたい!)次に逢瀬のお誘いがあるのはあなたの性欲がピークになった頃!?(いつやねん!ソレ)みたいな…
ただ今、彼はあの「愛」に行ってます。もちろん奥様とお子さん連れで。お土産なんか買ってきてくれる人じゃないから土産話でってお願いしたけど、携帯からブログにいっぱいUPしてきてるから、これでもうOK!?myちゃん遊びに行った?今、子供を主人の家にほっぽってきてこんな事してる母。今から迎えに行ってこなきゃ兄嫁ににらまれる(>_<)
2005/05/04(水) 11:11:20 | URL | かな #[ 編集]
前略 トンボ様
兼家様・・・なんとも愛すべきお方ではありませぬか(^^) 男といふもの、時に冷たく、時に優しく・・・それが出来ぬ男がどれほど居りましょう?
心焦がす思いは、わたくしにも痛いほど解るのでございます。されど、兼家様のトンボ様に向けられる愛だけを信じませう。他のおなごに向けられているであろうアレコレは、一切合切捨ててしまわれることを切に祈ります。
さすれば、いづれその愛は深く広く大きく育まれ、更に貴女様を煌めかせることになりましょうぞ♪  アラアラかしこ~(*^^*) 
 追伸 庭の菖蒲が高僧の袈裟のような濃い紫の花びらを    今にも開くぞと天に向かって凛と立っております。    綺麗に咲きましたら、甘~いお菓子と共にお届けに参りますにゃ♪
2005/05/04(水) 12:11:43 | URL | ちっち #[ 編集]
皆様お天気がよろしいから、お出かけのご様子ですね。先ほど時間がなく、あせってたので、一首詠むほど時間なかったから…では、トンボさまに「いつの世も 変わらぬものと想えども  さりとて解せぬ 男のココロ」わかっちゃいるけど、やっぱわかんね~!みたいなカンジっす!
2005/05/04(水) 16:06:13 | URL | かな #[ 編集]
トンボ様
いつの世も女は待つ身なのかしら。待つ身というのは、心引き裂かれる思いもすることでしょう。しかし、楽しみながら待つというのもいいものですよ。私一人の彼ではないのですから。楽しみながら待っていれば逢えたときには、彼に昨日までの自分を笑顔で報告できます。すねている私を見せては、せっかくの時間も台無しのような気がします。
縁あって、めぐり合えたのですから、大切にしていただきたいと、思います。
勝手な事を言っていますが、お許しください。ここに書いた事は、こうありたいと言う私の気持ちでもあります。
2005/05/04(水) 21:44:18 | URL | 夕 #[ 編集]
>管理人に変わりまして、私"トンボ"がお返事させていただきます。
>かな様一番のコメントをありがとうございます。男のココロは、げに分からないものでございますね。いえ、わかっておりますけれど、不安の方が大きく、つい疑心暗鬼に陥ってしまいます。悲しいものですわね。
>ちっち様ありがとうございます。私は常に兼家の"一のひと"になりたいという気持ちでいっぱいなのでございます。成長しなければとも思うのですが、兼家流の女の扱いにいつもオロオロ、イライラするばかりで・・・。信じることが大切なのでございますね。
?????????A?z?????????v????B??q????????????????E?E?E?B
>夕様私一人の男ではあらず。そのとおりでございますね。執務もかなり忙しいと道綱より伝え聞いております。私、いつも拗ねてばかりで、時々兼家を怒らせてしまいます。兼家が求めているのは癒しだという事はわかっておりますが・・・。逢えた時の時間は大切に使わなければなりませんね。
2005/05/04(水) 22:42:38 | URL | トンボ #[ 編集]
はじめまして トンボ様
 若輩ものの私ですが、一言申し上げさせていただきます。 一夫多妻では、他の女の方々も同じ思いなさってるのではないでしょうか。 トンボ様が兼家様といちゃいちゃなさってるとき、トンボ様と同じように、心焦がし袖を濡らしている方がいらっしゃると言うことを忘れてはいけない気がいたします。ナカナカ難しいですけどね。 でも、ある意味トンボ様はお幸せですわよ~(^^)v
 なぜって、通い婚てことは日常生活の嫌な部分はあまり見なくてすむわけですよね。そして、兼家様がトンボ様をほしくてしょーがないときにいらっしゃる、それはそれはラブラブになりますわよね♪
 冷やかな兼家様は忘れて、逢えた時は、感謝し、優しい兼家様の手のひらで転がっていてあげるほうがお互い幸せですよ。きっと。 
2005/05/04(水) 23:22:03 | URL | non #[ 編集]
トンボちゃん
腹ただしくとも、憎らしくとも、冷たくて、優しい男に心乱されるのも、女の幸せ。
「一番大好きなお前」コレを100回唱えると、苦しさが愛しさだけに変わります。え?唱えたけどダメ??んじゃ1000回で。 スミマセン、おバカで。(^^;
・・・いや、本当は今回の宿題は辞退しようと思っていたのですが、ウチのblogへの監督の訪問に殺気を感じ、提出にきました。
2005/05/05(木) 00:52:11 | URL | rainy #[ 編集]
トンボ様
「妻」ではない立場から言わせていただくと「妻」には敵いませんわ。トンボ様の時代には、その「妻」だって大勢いるわけだから「妻」もすごく大変なんでしょうけど。
私のような未熟者はどうにも達観できなくてどうすればいとしいお方が足を運んでくださるかあの手この手を練っております。(まあだいたい餌付けだったりするわけですが)寵愛を受けるスゴ技を身につけたいものです。トンボ様のスゴ技をご教授くださいませ~~
2005/05/05(木) 02:33:02 | URL | 晴香 #[ 編集]
トンボさま
あなたが格好悪いのも省みず嘆いたせいで,後に続いた女たちが、賢しら顔に生きるようになったこと。紫サンや清サンはすっかり男嫌いで仕事に没頭。お陰で日本に、世界初の女流文学が生まれたわけですけれどね。だけど男をあきらめて自己実現するのと、自分はぱっとしないけど、とびきりいい男に出会えた人生ではどちらが幸せなんでしょう。
仕事上の男女対等はいくらでも達成できる平成の世の中だからこそ、あなたの嘆きは意味があるのかも。いくらばりばり仕事してても、いい男に会ってしまったらあっという間に「蜻蛉の嘆き」の渦の中。
容貌も衰え果てた中年になって、出家もできず筆一本で自分の醜さをそのままさらけ出したあなたはすごく未来的な人だったのかもしれません。あなたは、本当に美人だったんだでしょうね。だから自分の弱さを防御しなかったのね。あなたが嘆きの向こうに何をみたのか知りたいわ。
2005/05/05(木) 08:05:48 | URL | Lisa #[ 編集]
>トンボでございます。皆様のお言葉ありがたく思います。
>non様その通りでございます。確かに。兼家が病気になって私を呼びだしたのは、実は他の妻の家でございました。私はご遠慮させていただいたのですが、とうとう兼家の度々の呼び出しで伺ってしまいました。その時はさぞかし本邸の妻は涙したことでしょう。
おっしゃるとおり、愚痴ばかり言っては仕方のないこと。感謝が必要ですわね。ありがとうございます。 >rainy様
1000回ですね。唱えてみます。祈祷も必要でございましょうか。 管理人、キツくて申し訳ございませんね。私より申し伝えておきます。
>晴香様私もそのスゴ技とやらを知りたいものです。ただ、兼家は手馴れておりますので、効き目もいかがなものか・・・。可愛い女にはなれなかったのでございます。
>Lisa様結果的にそのようになってしまったようですね。私が歌人として歌を詠み続けていたのは、どこぞの女性と同様、仕事に没頭し煮える思いを断ち切らんが為。恋が先にあり、それを埋めるが如く何かに没頭する。いつの世も女はそうなのでしょう。仕事が先の男の方々とは最初から生き方が違っておりますもの。
私が嘆きつつ送った半生を書き綴ったこの日記、兼家への恨み嫉妬を書いたつもりが、結局のところ、兼家からの愛を浮かびだすこととなりました。
2005/05/05(木) 15:22:05 | URL | トンボ #[ 編集]
>トンボ様
いつの世も、オトコは身勝手な生き物ですわよね。わたくしもずいぶん悩まされましたもの。
トンボ様が生きていらした時代は、女性が闊達に生きられる世の中ではなかったでしょうから、その分苦しみや煩悩が多く、出家したいとお考えになるのもわかる気がいたします。でもトンボ様がそのような日記を残してくださったおかげで、後の世の私たちが、ほんの少しラクをさせていただいているのも、事実でございますよ。
今の時代、女性も男性に頼らず(どうにか)生きていけるようになりました。恋する気持ちは大切ですが、それにより自分を見失ってはいけない、と私は思うのです。まず、自分自身がどう生きたいか。それを理解してくださる殿方と、形式にこだわることなく共に生きていけたらいいなぁと、わたくしは考えるのでございます。
2005/05/05(木) 17:00:12 | URL | 菜月 #[ 編集]
>my様最大文字数を越えてしまったので、改めてこの場をお借りしまして。
明日から「官能文書」を公開いたします。私と彼の初逢瀬の記録です。頑張って書きましたが、あまりえっちになりませんでした。全6話です。特に初回は導入部なので、本当にえっちじゃないです。
「えっち」ではないですが、「ドキドキ」していただければ、私としては成功ですね。
2005/05/05(木) 17:04:22 | URL | 菜月 #[ 編集]
なんとも難しい問題・・・。おバカなんで、難しいことは何にも解んないんですけど、冷たかったり他の女の影がありそうな(トンボ様の場合は確実に女の影があったのですね。それもつらいですが・・・)男性って、とっても魅力的ですものね。そしてジェラシー!!私も彼に、”星の数ほどの女の中の一人には入ったよ”って・・・あぁっ!!ジェラシー!!でも、好きーっ!!!
ホント馬鹿ですみません。。。(_ _;) ちなみに私、中学生の頃”平安美人”って呼ばれてましたから!!切腹!!!
2005/05/05(木) 21:58:43 | URL | tomo #[ 編集]
トンボ様平安時代でも21世紀でも、待つ身は同じつらさ逢えないからってじたばたしたくはないし、やっと逢えたら最高の笑顔でお出迎えこれが余裕の大人ってもんよ!ってきっぱり言えたらかっこいいのになぁ
その陰でさんざんメソメソして、でも好きなの~!大好きなの~!って想いを自分にぶつけていいオンナになる努力
こんなに努力してるのをちゃんと見てる?わかってる?もう!男って鈍感でマイペースなんだから~って本人に叫んでやりたいと思いませんか?
今回のお題はむずかしいよ~(>_<) 最近ダーリンからは音信不通なので、ついでにちょっと文句言ってみました
2005/05/05(木) 22:51:57 | URL | のり #[ 編集]
トンボ様
>管理人、キツくて申し訳ございませんね。
いえいえ、管理人様は、決してキツイ方ではございませんわ。それは、ココへ来る誰もが存じ上げていることでございます。日々、尊敬申し上げております。はい。マジで。
独り身には、ちとキツイ宿題もございますが・・。(笑) >のりちゃま >最近ダーリンからは音信不通なので
はい?最近??つい最近、お会いになったばかりよねん??この贅沢もの~~~!!!
2005/05/05(木) 23:34:37 | URL | rainy #[ 編集]
>トンボでございます。夜になってやっとアクセスが増えたらしいです。管理人いわく「皆様戻ってきてくださった・・・はずなのに・・・」だそうです。 >菜月様
"ゥ?????????????E?E?E??????????Bゥ???g??????I?????o????????????????A"??????????l???????????m?????B??U????????I?????????????B
管理人より、「すんごい楽しみ」との伝言を承りました。私も読みとうございます。
>tomo様兼家もその通り、直衣に単衣の合わせのセンスのよさ、匂い立つほどにりりしい恰幅、政治手腕の匠さ。どんな女がみても惚れ惚れするほどに魅力的な男でした。魅力的すぎるのです。このような男を好きになる女は不幸なのでしょうか。魅力的な男と交わす代償なのでしょう。
私も一応美人歌人と呼ばれておりましたの。ですから・・・切腹!!!ですか?
>のり様私、いつもプライドを気にして自分の位置に耐え切れず、素直になれませんでした。待つことが出来ませんでした。ホンニ辛うございますね。
他の妻や愛人を憎み、兼家までにも背を向けたり、自分本位な女でした。それに気がついた頃はもう年をとりすぎておりました。いいオンナになる努力をもっと早くに分かってしていればと・・・・。
兼家も随分傷ついていたと思います。 >rainy様管理人が私につけたあだ名は『鈍感ぷんすかオンナ』言葉もキツイ女ですのよ。
2005/05/06(金) 01:49:09 | URL | トンボ #[ 編集]
トンボさま
『鈍感ぷんすかオンナ』なんて、なんかあだ名までカワイイ~。
話し変わりますが、ご忠告ありがとうございました。このところ、恋愛とは程遠く、ただの日記blogになりつつあるので、うっかりでした。
監督に訪問いただき、そして御指摘いただき感謝です。 今後とも、よろしくご指導くださいませませ。ちゅっ。え?↑コレはいらない?あ~そう・・・。
2005/05/06(金) 06:38:04 | URL | rainy #[ 編集]
惜春のおりから トンボ様のお嘆きの声が強い風に乗って、私の元に届きました。 主たる女は堂々とあれ でございます。 女あっての男でございます。
契りの夜に交わすことばその都度交わす文のひとつひとつ その瞬間 瞬間はすべてあなた様のものでございます。
さあ 心置きなく 兼家様との秘め事を世の女房たちに、知らしめてくださいませ。トンボ様に心地よき風が吹きますよう・・・ お祈り申しあげます。
2005/05/06(金) 12:54:05 | URL | moon #[ 編集]
>moon様ありがとうございます。その瞬間私のものでございますものね。言葉と感触を大切にしたいと思います。
>私、そろそろ戻らせていただきます。皆様失礼いたしました。
2005/05/07(土) 01:40:17 | URL | トンボ #[ 編集]
トンボ様 遅くなって申し訳ないですいつの世も“男”がそうであり“女”がそうであるからこそ
“男”も“女”も そして“恋”も 魅力的であるのでしょうねでも 心通う時間があるのですからその時間を大切にして 他の事には心奪われないでくださいませね一緒にいる時間の長さよりも 時間は短くともどれだけ想いを込めるかが大切と思うのですよ… 生意気言いましたね ごめんなさい
myたん★ myたんって不思議な人…(^.^) でもって すごく魅力的な人 現代人のような古人のような心のやわらかい女性なんだね
ん~ 源氏物語また読も!何回読んでも飽きないんだなこれが何度読んだ事か!(笑)
2005/05/07(土) 11:20:13 | URL | hoku★ #[ 編集]
>hoku★様想いの込め方を私は間違っていたのでしょう。兼家から優しい言葉が欲しいばっかりに、拗ねたり怒ったり。「どうせ私なんか・・・」などと言い、「そんな事ないよ」と言わせたい。でも、期待した言葉など返されるはずなど無く、又嘆き怒る。ほんに、間違っておりました。
管理人は源氏物語のつまみ読みが好きらしいです。どこを読みたいというのではなく、その時に手に当たった箇所を読む。新しい発見があり、面白いと。変わった女ですね。
2005/05/08(日) 00:49:44 | URL | トンボ #[ 編集]
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 
トラックバック
  • スポンサーサイト嘆く女へのトラックバックURLはこちら。(※本文中に当プログの名称表記・リンク貼り付け必須でお願いいたします。表記貼り付けのない場合は、削除させていただきます。)
  • http://koizoushi.blog13.fc2.com/tb.php/33-39bc1756


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛