FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


出し抜く。陰険なオンナ。

2004年07月09日[17:11:24]

マメになると言っていた彼からは連絡無く、ビジネスの打ち合わせも何回かスケジュールが合わず流れた。
やっと時間を合わせて彼のオフィスに行くと何と彼の奥様がいた。
奥様が時々いらっしゃっている事は2年前にここに来ていた時から知っていた。
「あっ。お久し振りです。」私からご挨拶をした。
2年前と少し印象が変わっている。以前はマダムという感じがしたが、その感じがまるで無くなっている。

女は意地悪だ。久々に会った知り合いが、ランク下がり気味になっていると黒い優越感に喜ぶ。「あなたは、本当に変わらないわねぇ。」などと言われれば極上だ。

彼は奥様を背にして、私と向かい合わせに座る。
テーブルの上で「スミマセンね。なかなか時間が合わなくて」と言いながら私の手を握る。
私はそっと「逢いたかった」という気持ちを込めて手を離した。
普通にビジネスの話しをしていても奥様が近くにいると、ぎこちなくなってしまう。
「実はこれから出掛けなければならないんですよ。申し訳ないけれど30分位でできるかな。12時にはここ出ないと間に合わないんだ。」時計は11:30。私も居心地の悪いココでは仕事を進められない。大急ぎで取りまとめ12時前にはオフィスを出た。

もう少し長く居たかったが、仕方が無い。駅に着くと12から15分をまわっている。彼の携帯にわざと電話をしてみた。
「あっmyさん。さっきは愛してるって言えなかった。」先ほどのオフィスでの会話のときとは声が全然変わっている。やはり、近くに奥様はいない。
私はとぼけて「今どこにいらっしゃるんですか。そんな事言っていいんですか。」と答えた。
「今、車で出先に向かっているところ。どうしたの。」
「次回のお約束ですが、どうしても間に合わなさそうなので、出来れば30分遅らせていただいてよろしいでしょうか。」どうでもいい事だ。話したかっただけ。
「あっいいよ。その前に露天風呂にでも行く?あっ違うか。ははは。」とことん軽い。
「マシンを持っていきますので。よろしくお願いいたします。」あくまでもクールに受け流した。

電話を切ってから、奥様を出し抜いたような気がして、陰湿な心がすこし微笑んだ。

もっと秘めたお話はこちらにもあります。
-今myはどこにいる?人気ブログランキング



スパムコメント・スパムトラバ・本来のトラバとは別の使われ方のbackは削除させていただいています。

過去のことコメント:0トラックバック:0◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 
トラックバック
  • スポンサーサイト出し抜く。陰険なオンナ。のトラックバックURLはこちら。(※本文中に当プログの名称表記・リンク貼り付け必須でお願いいたします。表記貼り付けのない場合は、削除させていただきます。)
  • http://koizoushi.blog13.fc2.com/tb.php/213-d0670aff


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛