FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


料亭

2004年08月03日[00:00:00]
「今日はゆっくり昼飯を食えるよ。」やっとスケジュールが合った。
個室でゆっくり食事が出来る料亭へ行った。
個室といっても、テーブルを挟んで向い合わせで座る上、時々仲居さんが料理を運んでくるので、なかなかシットリという雰囲気にはならない。
それでもたわいも無い会話が楽しい。
 
デザートをいただいた後、私はログが残る携帯メールよりは、パスワードを使ったBBSを連絡板にする事を彼に提案した。丁度私が雑記帳のように使っている板があったので、そのURLとパスワードを教えた。
詳しく説明するために彼の隣に移る。

肩が触れ合う。私達はごく自然に唇を重ねた。彼のキスは甘く優しい。
私の理性の糸がすぐに切れる。彼の胸に身を委ね腕の中で解けていく心地よさに酔う。

彼の手は私の胸を優しく包む。ゆっくり動く手は私の乳首の位置をすぐに当て、ブラジャーの上からつまむ。それだけの刺激なのに吐息が漏れる。
「もっとイヤラシイ事したいよ。」
「ダメよ。仲居さんが来るわ。」
「カワイイお尻だ」耳元でささやく。
スカートの上から彼の手のひらはお尻の丸みを、そして指先はお尻とお尻の間を沿わす。カラダの中から熱くなる。
「ガマンできないよ。」と彼はスラックスのベルトを緩めた。
「ここが、もうダメだ。」スラックスの上からそれが硬く盛り上がっているのがわかる。「ここで・・・」「ここで?」それは危険すぎる。
「失礼します。」仲居さんが扉の向こうから声を掛けてきた。とっさに私達は離れ、座り直す。

自宅に戻り着替えをする。下着がぐっしょりと濡れていた。

過去のことコメント:0トラックバック:0◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 
トラックバック
  • スポンサーサイト料亭のトラックバックURLはこちら。(※本文中に当プログの名称表記・リンク貼り付け必須でお願いいたします。表記貼り付けのない場合は、削除させていただきます。)
  • http://koizoushi.blog13.fc2.com/tb.php/209-120e6635


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛