FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


恋愛的セックスは

2004年09月03日[00:00:00]
やっとの事で彼に逢える日程がとれた。
夕方に待ち合わせをしている。
彼も調整してくれた。にもかかわらず私の仕事が終わらず大変な状況に。
プログラムが走らない。何度やってもダメ。
泣きそうになって一度彼に連絡を入れて元気をもらう。

時間ギリギリに何とか上げて準備をする。
私達は二人だけになれるところへ真っ直ぐ向かう。
今日はゆっくりできるので、軽食とシャンパンを注文しLHでの夕食。
彼は、若い頃の話をした。海外で放浪していた時の事、かなり危ない場面に立ち会っていた事、現地の女性と住んでいた事。

私は、彼から女性の体験を聞くのは好きではない。
嫉妬ではなく、私もその内こんな風に話しの"オカズ"にされるのかしら。と思うとたまらない。
男性は自分の女性経験を話したがる。経験をアピールしたいのか。
そんな事は関係ない。私は今二人だけの経験を共有できたらそれでいいのに。
過去でもなく、未来でもなく、今を。
 
このLHのバスルームは広く、バスタブも広い。お互いのカラダを触れ合いゆったりできる。
「"ぬるぬる"しようか。」彼はマットを敷いてローションを湯桶で丁寧に薄める。
「うつ伏せになってごらん。」
彼は優しく全身をマッサージしてくれる。そして、クリトリスを丁寧に撫で、蜜壺の中に指を挿入して2箇所同時に優しく攻めてくる。
さらに3箇所目、アナルに指がゆっくりと入ってくる。
私のカラダは全身ローションと同化するかのようにトロトロととけていく。
心とカラダが一つになるような感覚。
「気持ちいい?あ・・・俺の指も気持ちいいよ。」彼の言葉に4箇所目の脳が揺さぶられるくらい刺激される。
「入れるよ・・・」
「待って」
私は彼と向かい合わせで座り、彼のモノにローションを付けマーサージ。
「あ・・・入っているみたいだ。」
両手をゆっくりと下の方へ移動して、二つの袋を包み込む。
時々彼のモノがピクンとなる。
そして、ローションが絡んだ私の右手の中指をにゅるりと彼のアナルへ挿入する。
「あっそんな、お店のお姉さんみたいなこと・・・しないで・・・」と彼は悶絶する。
「ふーん。行ってたのね。で、いつ行ったの?」と、指を進める。
「最近、行ってない・・・夏前・・・本当・・・絶対・・・」
イジメている感じも気持ちいい。ぬぽっと指を抜いた。抜くときもいい声出してくれる。
「もう、全くー。こうするぞ」
彼のモノを後ろからぬぷっと私の蜜壺に入れてくる。
彼の動きはさっきの指のゆっくりとした動きとは正反対に激しい。
何度も何度も私の子宮に当て、私はその度に「あーーイイッ。」と声が出る。
「いいよ。myの○○○○すごくいいよ。」壊れそうなくらい蜜壺の中を突かれ頭の先までクラクラになる。
急に彼が動きを止めた。
「うっ・・・危なかったー。俺イキそうになっちゃったよ。」
「イカないの?」
「今日は何度も復活は厳しそうだからねとって置く。」

実は前回の逢瀬の時、中々濡れず、イキづらかったので通販でラブコスメを購入していた。
"アメリカで大人気のフェ○ジェル"だそうだ。眉唾物だったが、試しに持参。
使用書の様に愛撫してもらってみたが、やはり劇的に変わるということはなかった。
「どう?」
「スースーするけど・・・」
「だよね。そんなものだよね。」

フェラチオの要求に、時間をかけて丁寧にしてあげた。
今まで、こんなにも愛おしくフェラチオをしたことはない。フェラチオ自体好きではなかったのに自分でも信じられない。
「顔見せて・・・」彼が私の髪をかき上げる。
「よく見ててね」見せることにも抵抗感が無い。
いやらい体位にも抵抗感なく応えてあげられる。
 
恋愛においてセックスは、淡白なものでも二人が繋がっていればいいと思っていた。
アクロバティックでいやらしい事盛りだくさんの動物的セックスはただの遊びのセックスだと思っていた。
でも、彼とのセックスでそれらは違うのではないかと気が付いた。
恋愛的セックスは、お互いの要求に応えてあげたいという愛しい気持ちが燃え上がらせ、動物のようにむさぼり合うセックスになる。
私は足をM字にし、秘部を全開にしてクリトリスや蜜壺を彼に好きなように吸われたり、いじられたりされながら、そんな事を考えていた。
 

make loveコメント:0トラックバック:0◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 
トラックバック
  • スポンサーサイト恋愛的セックスはのトラックバックURLはこちら。(※本文中に当プログの名称表記・リンク貼り付け必須でお願いいたします。表記貼り付けのない場合は、削除させていただきます。)
  • http://koizoushi.blog13.fc2.com/tb.php/201-044bbdcc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛