FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


私の中に彼を・・・

2004年09月22日[19:19:46]
やはり・・・昨日の「俺、多分お昼挟んで空けられると思うから。」のセリフが見事に予想通り実現せず、まただ。
と思いきや、「夕方まで何とか時間とれるから。」ということで急遽待ち合わせ♪
でも、2時間位という中途半端な時間。
お昼を食べていない彼のために、ビールと小ワイン、デリでサンドウィッチを購入。
「じゃぁ、食事だけして行こうか。」←(んな訳ないんですけどね)とお持込でLHへ。
二人で仕事の話をしたりでまったり1時間。
「ちょっとだけ、横になる?」
「ウン。ちょっとだけ。」
「えっと時間は・・・よし大丈夫。本当はもっと時間掛けてすごくエッチな事したいんだけどね。」
「ウン。添い寝だけでもいいわ。」←(もちろん、んな訳ない)
「横になるだけなのに、何で俺服脱いでいるんだ。」
「エッチだからでしょ。」
「いや、ちょっと暑いから。」
「じゃぁどうして私の服脱がすの?」
「それは・・・エッチだから。」
ガーターとストッキングだけになったmyのお尻を後から"カシャ"。
「えっ又撮ったの?」
「イヤラシイお尻だ・・・こっちも撮ろう」
myの足を広げて"カシャ"撮られるだけで感じてしまう。
花弁を広げて蜜壺をアップで"カシャ"。楽しんでいる様子はまるで子どもみたい。
「恥ずかしいワ。」
「だから撮るんだよ。」
彼はmyに逆さまに覆いかぶさり、蜜壺を舐める。ズズーッ、ペチャペチャ、チュー。
myは目の前にある彼のモノを貪るように咥え込む。チュパ、チュパ。いとおしい彼のモノ。
ズズーッ、ペチャペチャ、チュパチュパ。低いBGMの中でイヤラシイ音が響いて私達は本当に動物化している。
彼が腰を動かしてmyの口の中にあるモノを前後させる。喉の奥深く挿入させてくる。
イラマチオ。アグッ、アグッ。息ができない位彼はmyの口の中を犯す。苦しいけれど彼のモノを離せない。
何てステキなの。口の中に性感帯はないのに。←(もしかしてアル?)
更に激しく彼は腰を動かす。
「あぁ・・・いいよ・・・」彼の反応に呼応して、myは更に奥の奥まで咥え込む。
「入れたくなっちゃった。入れるよ。」
彼のモノが入ってくる瞬間がイイ。
ズプッと蜜壺に入る瞬間、カラダ全体が彼を歓迎している。
"カシャ"彼が結合部分を撮った。
「ホラ、入っているところだよ。」myに見せる。
「すごいグロテスクね。」
ゆっくり腰を動かしながら彼が耳元でささやく。
「こんな添い寝最高だよ。」
「うん。ステキ。もっと繋がっていたいわ。」
正常位から、彼はmyの足を思い切り上げ腰の下に枕をあてがう。
ズンズンとストレートに子宮に当たる。
「あ~ん。ステキ。もっときてぇ。」なんてイヤラシイのかしら。
カラダ中をゾクゾクした快感が走る。
何度も何度も彼が突いてくる。バタンとmyにかぶさる彼の背中にしがみつく。爪の跡付けたい。
「イクけど。」
「中に出して。」
「ホントいいの?」
「いいの。全部頂戴。」
ググッ!ズンズンと彼の動きが激しくなり、myの中に彼は出し切った。
「ふ~全部出たよ。あふれている。」
初めて"中出し"を許してしまった。
許したというより、myから望んだのね。その割りに彼、感動してないわね。
ハイハイ、あなたにとっては大した出来事ではないのね。
まぁ、いいですけど。そんな事気にしないわ。
myがシャワーを浴びてる最中、彼は携帯で会社に指示を出していた。
「ゆっくりしていられないみたいだ。ちょっと急ぐけど。」
彼は身支度を急いだ。
「さっきの写真公開しないでね。」
「どうやって?」
「ネットで。」
「俺にそんな事できると思う?」
「そうよね。じゃ今度は私が写真撮ってネットに公開しようかしら。」
「ええっ!!」
「入れているところ。」
「俺が?」
「イイエ。私がコレを入れているところ。」
myは右手の中指を彼のお尻に当てたの。
「意地悪だな。」
「意地悪よ。もっと意地悪なことしちゃう。」
彼のスラックスから、かわいらしくもやわらかくなっているモノを出して、口に含んで転がした。
「あぅ・・・気持ちいいけど、続けて欲しいけど、時間がないんだ。」
段々堅くなり、少しお汁も出ているモノをパッと離した。
「もう、意地悪だ。」
「そうよ、意地悪よ。」
折角の中出しに無感動な"ヤツ"に少しムッとしていたのかも。
「悪魔だよ。」
「鬼って言われていたけど、部下には。」
「いや、悪魔だな。」
帰りの車の中でちょっと素直に言ってみた。
「今日は忙しい時に時間をとってくれてアリガトウね。」
「小悪魔だなぁ。」彼が手を握って言った。
そんな歳じゃないんだけど。

make loveコメント:0トラックバック:0◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 
トラックバック
  • スポンサーサイト私の中に彼を・・・のトラックバックURLはこちら。(※本文中に当プログの名称表記・リンク貼り付け必須でお願いいたします。表記貼り付けのない場合は、削除させていただきます。)
  • http://koizoushi.blog13.fc2.com/tb.php/189-876a55aa


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛