FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


ベッドで彼への攻撃

2004年10月07日[13:56:48]
バスルームから出ると、彼は自販ボックスからローターを取り出した。
「今日はコレ使うよ。」悪戯っぽく彼は見せた。
「使ってあげましょうか。」
「俺に?よせよ。」
「じゃぁ、こっちでね。」
myは持参のローションを出した。
彼はローションが好きなのだけれど、LHのローションは成分表示されていないし、直接触れたり口に入ったりするので抵抗があったの。
それでラブコスメティックで購入のローションを持参。LCハーバルローションHot type とcool type の2本を用意。

「初めはcoolな方からね。」
彼のそそり立っているモノの頂上から高くローションを垂らす。
「ふぅ。イイカンジだよ。」
ローションでヌルヌルに光っているモノを手でマッサージ。ゆっくり、ゆっくり。myの中に入っているように握ったりしごいたり。
「あぁ・・・。」彼の喘ぎ。感じて。もっと感じて。
myは口いっぱいに頬張り、優しく唇で挟んで上下する。舌を絡める。
「良すぎる・・・すごい・・・あっ・・・ああっ・・・!」
何度も繰り返す。快感にあえいでる彼の反応を楽しみながら。
「あ・・・myの口の中・・・」
「気持ちよすぎる?もっと気持ちいいことしてあげる。」
彼のモノを手で上下にこすりながら、根元にある袋の縫い目を猫のように何度も舌で上下に舐めあげる。そしてパクリと片方ずつ口の中に含んで、袋の芯を確かめるように転がした。

彼の足を更に開き、myは彼の足の間に潜り込むようにして、袋の下から更にその下までの通り道を舌で刺激する。
「あぁぅ。」という声と共に彼のアナルがキュッと収縮する。まるでそこへの刺激を待っているかのように。

舌を堅くしてアナルの入り口に触れると彼は崩れるようにあえぎ声を出した。
ローションで手を更に滑らせて、彼のアナルの周りをゆっくりと撫で回す。彼は「ふぅ~。」と小さくため息をついたけれど、次の瞬間myの小指がアナルに入ると「うぅっ。」と緊張したような声を上げた。小指を中指に替え、今度はゆっくりと挿入していく。
「全身鳥肌が立っちゃうよ。」シーツをつかんでこらえている。
指を奥深く進めるていくと、彼は赤ちゃんのように口をすぼませて悶える。そして中の壁の天井をゆっくりと指で奥から入り口の方に沿わせるように移動させると快感に降伏しないように声を押し殺している。
まだmyの攻めに預けることに抵抗しているのね。
「あのね・・・俺ね・・・どっか行きそうになるよ・・・」
「じゃぁ、行かせちゃおうかしら。」
指を前後にピストン運動させる。
「う~ダメダメ。」彼の腕はお手上げの状態。
「すごく締まっているわ。どんどん締まっていく。」
「あぁ・・・それ以上は・・・」
「ダメ?やめる?」
「じゃなくて・・・」
にゅるっと指を抜くと「はぁ~。」と大きなため息と共に彼は全身の力を抜いた。
「myの中に入れたい。」
「ん?待って。温かい方でも気持ちよくなって。」
myは。ローションを手にとり、彼のモノ、袋、足の付け根、アナルにゆっくりとのばした。
「今度は熱くなっていくでしょう。」
「あぁ。」柔らかい表情で笑いかける。
手で柔らかくこねるように優しく全体を撫でまわす。
「うふぅ。気持ちいいよ。」彼が落ち着いてきた。
・・・けどね。ぬぷっ。
彼のアナルへ再攻撃、前立腺を一気に刺激。グリグリいじると彼は耐え切れなくなって両手の人差し指で"バツ"のサイン。「ダメダメダメダメダメッ。」
指をサッと抜く。
「んふッ。危なかった?」
「もう、バタンだよ。」
解放されて彼は大の字になった。

もっと秘めた話はこちらにも。>-
-今myはどこにいる?人気ブログランキング<恋愛>でご確認できます。>-


my、"S"みたい?違うんですねぇ。彼への無償の気持ちがこんな事させてしまうんです。"S"は"S"でも、サービスの"S"です。だってmyはどちらかというと"M"っ気の方ですから。(^^;
その件は次回への続きということで。 _| ̄|○ (またカイって突っ込まないでクダサイ)


スパムコメント・スパムトラバは削除させていただいています。

make loveコメント:0トラックバック:0◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 
トラックバック
  • スポンサーサイトベッドで彼への攻撃のトラックバックURLはこちら。(※本文中に当プログの名称表記・リンク貼り付け必須でお願いいたします。表記貼り付けのない場合は、削除させていただきます。)
  • http://koizoushi.blog13.fc2.com/tb.php/175-d46ae14c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛