FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


衝撃の体験

2004年11月22日[20:44:58]

お互いのヌルヌルベトベトを流しバスタブに入る。
「俺、さっき白目向きそうになっちゃったよ。ふら~っともう別の世界に行く寸前だったぜ。」
「凄かったわ。これと同じモノとは思えない。」
柔らかくなっている彼のモノを握る。
「私はこっちの柔らかいのも好きよ。可愛くって。」
「可愛いって、なんだよ。」

「この間○○○が会社に遊びに来てさ、」
「えっどなた?」
「ホラ、アダルトグッズ販売しているヤツ。」
彼の交友関係には本当に驚かされる。
危ない人から変わっている人、所謂エライ人まで。

「あいつが漢方くれたんだよ。」
「元気になるお薬?」
「そう。効くんだよなー。」
飲んでたのね。ふふっ。
「どちらかで効果試したの?」
「試してないよ。」
「あら、ホント?元気になりすぎておかしくならないの?」
「ちょっとね。」
「じゃぁ、お一人で?」
「もう、そこまでする必要はないよ。」

「男はいいよな。イク時ははっきりしていて。出してすっきりだもんな。」
「そうよね。オンナの場合は難しいわ。イケナイ時は全然だし、イクく時はザップーンなのよ。」
「何それ。」
「こう、波が引いていってね、来るわ、来るわ・・・で津波がザップーンって感じで果てるの。」
「ザップーンか・・・。そうみたいだね。」
ずっと握っていた彼のモノが固くなってきた。
「ふぅ~。回復したみたいだ。上がろうか。」

ベッドに無造作に置かれたローターを手に取る。
「あら、いつものと少し違うわ。」
「うん。構造は同じだけどね。これってさ、ホテルによって本当に値段がマチマチだよな。」
「これいくら?」
「ここは2,000円。●●●は1,500円だったし、どこだったか、エライ安いところもあったな。」
「えぇー。本当?ローション買ったラブコスメのショップで280円よ!」
「えー。そりゃないよー。いい商売だよな。」
「こんなのがねぇ。単純構造で、モーターなんて安い物なのにね。」
「でも、気持ちよくなっちゃうんだよな。よこして、気持ちよくしてあげるよ。」

ヴィーンと音を出して、ローターがクリトリスのまわりを踊り始める。
「あぁ・・・もう、クリトリスが膨らんできたよ。エッチだぁ・・・」
「あぁぁん・・・そんな・・・。」
彼がローションをクリトリスの上にトローリと垂らす。
「トロトロ光ってすごくきれいだ・・・」
指と手のひらで彼はゆっくり優しく秘部全体を撫で回す。
「熱くなってきてるわ・・・」
彼が塗ったHotタイプのローションがチリチリと熱くする。
「お尻にも塗ってあげるよ・・・」
アナルの周りを指が何度も何度も周回する。
早く入れて・・・。
心の中では渇望しているのに、言えない・・・。
本当は欲しいのに、アナルを攻められることがまだ恥ずかしい・・・。

アナルの入り口で指の動きが止まる。
にゅるッと指が入ってきた。
「あぁぁぁは~ん。」
アナルの入り口を入ったところで指を前後に抜き差しさせたり、グリグリ回されると、切ない快感が体中を通り抜け、よがり声と一緒に出ていく。
「あぁぁぁぁぁ・・・・・・・・だめぇ・・・。」
その上、別の指が蜜壺の中にも入り、容赦なく二つの入り口を同時にぐちょぐちょに攻められる。
「あぁんっ・・・だめぇ・・・壊れちゃう・・・。」
どうしようもない快感に襲われて足を閉じそうになる。
それを押さえつけるように、彼は両足でmyの足をグッと開脚させ更に秘部をあらわにさせる。
「まだだよ・・・。ああ。全部丸見えだ。」
蜜壺の中にもう片方の手の指が入り二本の指でかき回され、交互に出し入れされぐちゃぐちゃにされる。
「あぁっ・・・だめぇ・・・そんなぁ・・・本当に壊れちゃう・・・。」
ぐちゅぐちゅとあふれる愛液の音がいやらしさを増す。
「エッチだー。すごくエッチなお○○○だー。」
めちゃめちゃにされ、もうどうにでもして下さい。という感覚に陥る。
彼も興奮して、指の動きが更に激しくなる。
彼だけに許されるいやらしい行為。
淫乱に悶えるmy。

クリトリスにローターが当てられる。
ヴーンという唸る音で押し付けられる。
「あっ・・・あ、あ、あぁぁぁ・・・・。」
波が来そう・・・・。
「・・・あん。」
寸でのところで引いてしまう。
「あ、あ、あ、あぁぁぁぁ・・・・・・あん。」
波に乗りたいのに中々イケない。
「あっあっあっ・・・き、来そう・・・来・そ・う・・・・あぁぁぁぁぁぁ・・・あん。」
イケない。
「あ~ん。だめぇ~。イケないわぁ。」
「だめ?」
「うん。何かね、麻痺しちゃっているみたいなの。感覚がなくなってるみたいなのよ。」
「ローターも使いすぎで、電池がなくなりそうだ。威力がないみたい。」
クリイキ・・・もうイラナイ・・・。
「来て。もう来てちょうだい。お願い。」
「俺のもちょっと元気なくなりかけているみたいだ。中で元気にして。」
「ええ、私の中で元気になって。包んであげるから。」
少し萎えかけている彼のモノがmyの蜜壺の中にズズズッと入ってきた。
ゆっくり彼が腰を前後に動かすと、彼のモノが段々硬く大きくなっているのが感じられる。
「ん~。気持ちよくってすぐ回復しちゃうよ。」

myの腰を引き寄せ、ガンガン腰を前後させ、ズンズンと突き上げられる。
「ああっあっ、あっダメェーっ・・・あっ、い・・いやあぁぁぁぁ・・・・!」
今までに感じたことがない衝撃に体中が驚いている。
「うっ・・ものすごく締まってる。」
更に彼は片膝をたて、更に奥の奥まで貫く。
「ああ~っ!だめぇー!もぅだめぇー!」
myの声はもはや喘ぎではなく、叫び声になっている。
「いやぁ・・・・そこ・・・・あああぁぁぁぁ・・・・・っ!!!」
子宮口をズカンズカンと突かれ、その衝撃は痛さでもなく、快感でもなく、全く別のもので、何が何だかわからない。
このままだと狂いそうになる。
尚も彼は腰を回し、子宮口をこね回す。
何なの?この感覚、内臓まで揺さぶられるみたい。
「ダメ、ダメぇ・・・ま、待って、待ってぇ・・・・!お願いっ!お願いだから止めてぇ~!」
絶叫を上げて彼に止まってもらう。
「このままだと、本当におかしくなりそうなの。少し休ませて。」
彼も「ふぅ~。」っと息を整える。

もっと秘めた話はこちらにも。>-
-今myはどこにいる?人気ブログランキング<恋愛>でご確認できます。>-


一体あの感覚は何だったのでしょう?
本当に耐えられませんでした。
いつもの脳イキではないんです。
どなたか教えてください。o(*≧д≦)o″

あともう一つ不思議感覚が・・・
次回にて。


スパムコメント・スパムトラバは削除させていただいています。

make loveコメント:0トラックバック:0◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する(広告目的のコメントはスルーさせていただくことがあります)
※IPがp-osaka.nttpc.ne.jpからのコメントはスパム対策のため拒否設定中です
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人のみ閲覧可能
本当に秘密?お悩みはみんなでシェアしませんか。
貴女のお悩みと同じお悩みをお持ちの方が救われるかもしれません。
できれば公開にしてくださいませんか。
HNを代えられてもOKなので。
 
トラックバック
  • スポンサーサイト衝撃の体験のトラックバックURLはこちら。(※本文中に当プログの名称表記・リンク貼り付け必須でお願いいたします。表記貼り付けのない場合は、削除させていただきます。)
  • http://koizoushi.blog13.fc2.com/tb.php/140-c37b9ed3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛