FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


対立と理解

2012年02月22日[00:22:23]

Sさんから以下のようなご相談をいただきました。
***************************************************
前回仕事のエントリについてみなさん前向きな姿勢の中、
このようなご相談は恥ずかしいのですが、
今の私は女性の上司と折り合いが悪く、
仕事の細かいミスを厳しく指摘され続けているうちに、
自分自身にすっかり自信をなくしてしまい、
何事にも前向きな気持ちになれないでいます。
私のほうが現在の仕事が長く、
一時期あるプロジェクトに従事したりもしていましたが、
上司は今回初めての分野で初めて課長になった、という背景があります。
それなのでいっぱいいっぱいで余裕がない中、
あてにしたい私があてにならず、
余計いらいらが募るのかもしれません。
幸い、その上の部長とは親しくして理解してくれているのですが。
また、昨年から同じチームの男性職員がうつ病で現在もまだ休職しています。
私自身も精神的に辛いには辛いですが、
辛い思いをしていない人はいない、となんとか毎日仕事をしています。
働く女性のメンタルについて、ミィさんアドバイスなさるような立場だと思いますが、
ご自身ではこのようなスランプ、すべてがうまく回らない状況になった経験、
またこのような状況を打開したご経験はおありになるでしょうか。
私自身、別の職場に異動希望していますが、
この年で新しい事をちゃんとやっていかれるだろうか、
と今の職場に残っても異動しても、不安を抱えてしまっています。
みなさんの仕事に対しての生き生きとした姿勢に対して本当に恥ずかしいのですが。
***************************************************


>ご相談は恥ずかしいのですが
とのことですが、私は相談をしようというそのお気持ちに、
sさんの前向きさを感じます。
客観的に現状を把握され、ご自身の状況も理解し、相手の気持ちも考えてらっしゃるのですね。
「何でもかんでも相談すればいいというものではない」という方もいらっしゃいますが、
私は、誰にも相談もせずに、意地を張って何でも自己解決をしようとするのは、
チーム作業をしていたらかえって周りの足を引っ張るだけなので、
相談しない自己解決人間は、相談をする人よりも、
チームにとって毒だと思っています。
 
実は、私がその自己解決人間でした。
相談、悩み事は恥と考えていました。
悶々とした思いを払拭するために、ひたすら足元を固め、
余計なことは考えないようにしていました。
特に人間関係は、「決して、他人と過去は変えられない」というのがありましたので、
そういう人だから、致し方なしと捌けていました。
 
ただその考えだけですと、対処は出来るのですが、
結局根本的な解決にはならないのですよね。
また、同じことが繰り返されるのですよね。
それが重なると、ストレスも溜まりますし、
気持ちだって良いものではありません。
頑張りが無駄に終わることもあります。
 
コーチングや心理学などを学ぶうちに、
それらは、段々と解決が出来るようになりました。
かなり苦労はいたしました・・・・
 
もちろん、今でもムカッとかイラッということはあります。
でも、何度か経験をして解決をしてきているので、
ちょっとした修正で解決は可能にはなっています。
 
いくつかの解決方法のうち、
今回のケースに合うのでは・・・と思う、
私なりの解決方法の一つを、ご紹介します。
 
 
仮に悩みの種の主をAさんとします。
まず、Aさんとの人間関係を良くしたいとお考えですか?
●嫌いなものは、仕方がないから無理。→解決はできません。
●今は嫌いだけれど、何とかしたい。↓進む
 
●Aさんの行動を誰かに注意してもらいたい→解決はできません。
●Aさんの行動をもし自分が変えられるのであれば何とかしたい。↓進む
 
セッション1
Aさんの良いところを5個くらい書いてください。
 
セッション2
Aさんの悪いところを思い浮かぶだけ書いてください。
 
セッション3
Aさんの嫌いなところを思い浮かぶだけ書いてください。
その際、「××なクセに○○だ」と理由づけられたら、つけてみてください。
 
セッション4
セッション2,3で書いたものの中で、自分にも当てはまるものにチェックしてください。
 
いかがですか?
賢明なSさんは、お分かりになりましたよね。
嫌いな部分にAさんと自分の共通項目が、結構多くありませんか?
 
人が人を嫌いになる時、二種類の理由があります。
一つは、同じものを持っている時。
もう一つは、違うものを持っている時。
 
同じものを持っているというのは、相手の中に自分を投影させているということ。
同じなのに共感ではなく、嫌悪感になるのは、
自分自身の自信のなさから自分を嫌っているから。
やっかいですが、それが自分自身なのです。
なので、「似たもの同士なのね」と理解してあげてください。
お互い様です。
 
残った、自分とは違うところをじっくりと見てください。
それはいついかなる時にも、悪いことなのでしょうか?
場合によっては良いところに転じる可能性はありませんか?
 
細かいというのは、物事を細部まで気をつけているということ
大らかというのは、大雑把だったり、うっかりだったりもします。
はっきりモノを言われて傷つくことはありますが、
それによって、ミスが減る場合があります。
みんなに好かれる優しさは、優柔不断にもなります。
 
私が、言いたいのは、人はみんな長所と短所を半分ずつもっていて、
それは、場合によっては、いかようにも転ぶこともできますし、
いかようにも見ることができるということです。
 
プラスに陽転で見てあげる努力をすると、心が開かれます。
自分の心を開かないと、相手も入ってくることはできませんよね。
 
もしかしたら、力技で物事を決めようという方なのでは無いでしょうか?
わかるのだけれど、こっちの意見も聞いてもらいたいと思うことはありませんか?
話が長く、「もう分かっているからそれは」と言いたくなる事はありませんか?
 
何故力技で来なければならないのでしょうか?
何故独断で進めようとしているのでしょうか?
何故話が長いのでしょうか?
 
心を閉じている相手には、こうするしかないですよね。
力技で独断で説得するしかないのですよね。
 
もし、気が付かれましたら、自分から心を開く努力をしてみましょうか。
相手の良い部分を見つける努力をして、
自分から挨拶をして、
自分からお手伝いの声をかけ、
自分から感謝の言葉とお願いの言葉を言ってみる。
自分から相談をしてみる。
 
悪化しいている人間関係の場合は、そう思うだけでも辛く、
行動なんて到底できるものではないかもしれませんし、
気持ちも重くなってしまうこともあります。
 
でも、ここは、頑張って大人になってみませんか?
優しさを前面に出してみませんか?
仲良くしたいと行動で示してみませんか?
少しずつでいいんです。
少しずつ仲良くなれたらいいんです。
 
仕事に「仲良し」という言葉は相応しくないという方がいらっしゃいます。
私も以前はそういう考えがありました。
でも、組織で仲良しであれば、どんなに楽しいでしょう。
どんなに仕事の効率が上がるでしょう。
上辺の仲良しだから、なぁなぁになったり、グレーになるんです。
本当に仲良しは、そうはなりませんから。
 
セッション5
Aさんの悪く見えてしまうところを裏返して良いところに換えて見ましょう。
悪いところの数ぶんだけあげてみましょう。
 
セッション6
良い部分を見ることができるようになったら、
そうした機会をくれたAさんの存在に感謝しましょう。
 
 
「他人と過去は変えられない」
本当にそうだとおもいます。
 
でも、自分が変わると、相手も変わるのです。
 
自分にとって身近で、嫌な相手こそ、自分の映し鏡です。
 
出来れば、価値観が同じで、考え方も同じで、ストレスの無い人と仕事はしたいものです。
でも、何でもピタリと合う人なんていないのですよね。
違うからこそ、何かそこからの学びがあるはずなんです。
「心遣い力」も付くものです。
 
素晴らしい人物ほど、自分の性格と全く違う部下やお目付け役を手元においています。
 
 
どうしてもどうしても合わないということはあります。
でも、何もせず弾くよりは、手を尽くして可能性を模索して
そこから何かの気づきがあるといいですよね。
 
そしてどうしてもダメな場合は、決断をするしか無いかもしれません。
 
以上のお話に違和感を感じられましたら、またご相談いただけますか?
 
頑張ってらっしゃるSさんの努力が活きるように、
少しでもSさんの、解決方法に近づけられたらと思います。
 
一歩ずつトライしてくださいませね。
必ず、何らかの糸口が見えてきます。
小さな成功体験の積み重ねが、Sさんの温かく深い人間味となっていきます。
本当のSさんをAさんが一日でも早く理解してくれますように。
SさんとAさんが理解し合えますように。
 

 
******
熱く潤って、上級の官能を得られるエッセンス
エステ感覚でとりいれて、セルフで気持ち柔らかに。
大人の女性としては、細部までお手入れ完璧に。
あの人の指に巻きつけてもらう柔らかふんわりアンダーヘア
衝動を起こさせたい、じれったいあの人への刺激
色気をまとって、誘惑するの。
******

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック || 恋愛事情||


願いと祈りをこめて

思ふことコメント:11 □ トラックバック:-◇ 


2012年02月07日[00:05:00]

先日知人等(それほど深くはない関係の方々)と会食(殆ど飲み会)をしていた時のこと、
ある男性がカミングアウトをした。
「おと恋」が、奥様の知るところとなり、猛省中とのこと。
それは突然の告白だった。
 
「どうして知られてしまったのですか?」
「リークですよ。それ以来携帯履歴全消去!」
「あっ俺も」えっあなたも?
「ウチはカミさん絶対に見ない。というか障らない。逆に見たくないのかも」
あら甘い。ちなみに彼はITセキュリティ系CEO。
皆さん、普通に日常的なように「おと恋」を匂わす話をする。
骨折で入院してきたような話し方。
 
男性って何故普通に話せるのかしら。
ちなみにその場に女は私一人。
武勇伝とは違う。
おチャラけているのでもない。
 
「今は大丈夫なのですか?」
「まぁ一応・・・」
「そう。それはそれは」
「でも、その時は真剣なんですよね。命がけというか」
「うんうん」
周りの男性も深く頷く。
あら身に覚えありの方々?
(皆さんまっとうな経営者)
 
「はぁ~でも、また恋したくなるんだよな~。これが」
「うんうん」
また頷く諸兄諸弟。
 
告白することで、心を軽くして、ニュートラルに戻すという感じなのかしらね。
禊的な行為なのかも。
 
なんだかねぇ。
恋の数だけ恋人同士がいて。男と女がいるのですけれどね。
男と女は違いますね。
   

 
******
熱く潤って、上級の官能を得られるエッセンス
エステ感覚でとりいれて、セルフで気持ち柔らかに。
大人の女性としては、細部までお手入れ完璧に。
あの人の指に巻きつけてもらう柔らかふんわりアンダーヘア
衝動を起こさせたい、じれったいあの人への刺激
色気をまとって、誘惑するの。
******

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック || 恋愛事情||


もちろん、奥様方とは、絶対にリンクしない場ですけれどね。

思ふことコメント:29 □ トラックバック:-◇ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛