FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


突っ込み

2009年09月27日[01:41:31]

「ナンパされて自慢するようじゃ、年とった証拠よ」
と、言ったのはN美。

言われたのは、自慢しぃのワタクシでございます(笑)

「最近面白いことあった?」と言われて、
「立て続けにガイジンに公共交通機関に乗っている最中、
  ナンパされたわ」と話したの。
 
「最初は米国人に英語で話しかけられて、ナンパされて
  その次は仏蘭西人に仏語で話しかけられてナンパされたのよ」
「何で母国語?あなた格好つけて、
  英字新聞とか仏字新聞とか読んでたんじゃないの?」
「そんなことないわよー。携帯でjigってただけよ」
「で、格好つけて、電車の中でペラペラ応対したわけ?」
「なんで、いちいち格好つけてって、くっつけるのよ。
  道を聞かれたら別だけど、そういうのには日本語で応対だわ」
「何て言ったの?」
「キョウミゴザイマセン」
「あら、釣れないのね。そう言われて、どう反応されるの?」
「携帯を開かれたわ。
  米国人は、何か芸能人と写っている写真をみせられたわ。
  個人教授をしているとか、俳優とかモデルとかやっているって。
  で、メアドを赤外線しようとされたわ。
  仏蘭西人は、携帯の電話番号を見せて電話してって。
  変なナンパよ。日本語力不足を携帯で補っているのかしらね」
「今時日本人だってそうよ。携帯はナンパツールらしいわよ」
「ふーん。そうなの。今迄なかったわ」
「あっ無いんだ」
「普通大人は、そういうナンパしないでしょう?」
「どんな?」
「飲み物をいただいたり?」
「昭和なカンジ(笑)」
「うーん。でもパーティだと何かスマートっぽいわよ。
  まぁ、ナンパというよりも、お話しいたしましょう的なジャブ?
  その後は、お名刺交換したり、この後いかがですかとか、
  良いお店を知っているので、ご一緒にとかね 」
「ナンパ系パーティ?」
「まさか、チャリティとか社会貢献とかのパーティよ」
「結構そういう方面系はあるの?」
「さぁてね。無い事は無いわ」
「ふーん。そうなんだ。モテますねぇ・・・・
  でも、ナンパされて自慢するようじゃ、年とった証拠よ」
「あら、そう?・・・・それもそうかもね。
  ネタになるくらい以前よりも数が少なくなったものね」
 
「でも、そういうのってある意味ご褒美よね」
優しいA子がフォローしてくれる。
 
「そういうこと自体は、このヒトのご褒美じゃないわよ」
「あはは・・・」
「そういうことを話して羨ましがらせるのがこのヒトのご褒美なのよ」
「うひひひひ」
「ほぅらね。myもっと飲みなさいよ。飲んで醜態晒しなさい」
「あははははは」
 
 
こういう話ができて、突っ込んでくれる女友達がいるって幸せッ!

*******************************************************************

お店では、買えないけれど必需品は、ネット販売で。
LCラブコスメティクではそれとは分からないように届けられるので安心です。

アロエエキス配合で挿入時も滑らか パウダージェルで手ベタつかない 0.02ミリの驚異の薄さを実現!! 初めての柔らかさを極限まで追求 薄くて柔らかい、新感覚に導きます

*******************************************************************

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック || 恋愛事情||


ここも、ある意味そうですね・・・・・(笑)
Thanks!

思ふことコメント:9 □ トラックバック:-◇ 


"改"

2009年09月20日[01:16:58]

古典文学に見る男と女シリーズ 第50回
 
改めて益なき事は、改めぬをよしとするなり。
  
 
徒然草 第百二十七段  


徒然草二百四十四段中、最も短い章段になります。
 
たったこれだけの章段。
訳する必要も無いくらいに簡易ですし、
書いてあることも、そうだよね。なので。
はい次、百二十八段ね・・・・と行きそうな、
すっ飛ばし章段。
 
ただね、兼好さんですし、究極の短さの中にこそ、
仰りたいことがあるのではと、わざわざ深読みしてしまいます。

「改めても意味の無い事は、改めなくてもいい」
でも、
「改めなければならないことは、断固として改めるべきではないか」

 
何か、忸怩(じくじ)たる思いをそこに感じます。
多分、左の拳はぎゅっと握られていたのでは・・・・なんてね。
考えすぎ?それに男と女シリーズではありませんね(笑)
 
 
 
この段を思い出したのは、前回のエントリのA子との会話中でのこと。
A子は中央省庁の役人。
この時期とんでもなく忙しいのですけれど、
だからこそ、N美と引っ張り出して(夜の11時過ぎに)、
「"党"とか"誰"のためにではなく、"国"の為に頑張っている」
と言い切るA子を応援すべく、
馬鹿ッ話を・・・・ではもちろん無くね。
短い時間でしたけれど、明日からの活力のためにと、
モチベーション上げ上げや気持ち和む話をして過ごしました。
 
 
 
改めなければならないことなのに、
改めることが、非常に難しい"官"世界に比べて、
民間の私などは、ウダウダ言えないわぁと思います。
 
「myちゃんは、官・民どっちに行っても暴れん坊将軍でしょ」
とA子に言われますが(笑)
 
・・・・確かに。
お陰で痛い思いも随分いたしておりますが(笑)
 
特に革新派というわけではなくね、
改めなくてもよいというか、
改めるべきではない、変えてはいけないという意見に、
納得できる理由があれば、それは守ります。
何でもかんでも変わるのが良いということではないのですから。
 
でも、納得できる理由が無い場合は、
「では、とりあえずやってみましょうよ」と。
「やってみて、だめだったら、私が責任持つから」と。
まぁ・・・裁量権が持てるようになったから言えることなのですが・・・
 
でも、裁量権など無かった頃から、
「とりあえず、やってみましょう」とは言い続けてきたかしら。
「じゃぁ誰が責任取るんだ」
「私が取りますッ!」
・・・・で、成功もすれば、失敗もしで・・・
資産も身も削ることもありましたね(笑)
 
今だから笑って言えますが・・・・
 
 
人間、プラスとマイナスは当分に配分されているのですよね。
 
良いこともあれば、悪いこともある。
迷った時には、やってみる。
やるだけやって、失敗しても学びはある。
直面する出来事は、全て学びのための必然だから。
 
 
だっからへこたれないんですよね~
よっしゃぁありがとぅッ!って。
 
全てを改める必要はありませんが、
"らしさ"は残しつつ、反省すべき点は改めて前に進む。そこに人間らしさがあるのだ。
 
あらら、徒然に書いてましたら、少し本筋とズレましたかしらん(笑)
 
まぁ・・・言いたいことは何か。
お分かりいただけますよね。
 
 

*******************************************************************

LC初!秘密のお酒、限定『メロメロ梅酒』がついに登場。
ガラナやエッチなハチミツ『ゴールデンハニー』をプラス。
飲んだ瞬間、お互いメロメロに感じてしまうかも!
まるで甘くて飲みやすく、ジュースのような口当たりだから、お酒を飲み慣れていない方でもグイグイいけちゃいます♪
もう一杯、また一杯、と飲み進めるうちに体も心もメロメロ状態!?
その後の展開は…!何が起こるかわからない!!エッチな梅酒をぜひお試しくださいませ。

*******************************************************************

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック || 恋愛事情||


決して強い女というわけではないんです。
いつでも、本気で突き進みたい。それだけ。
皆のもの参りますわよーッ!!

古典 恋愛入門コメント:15 □ トラックバック:-◇ 


脱ぎたい理由

2009年09月14日[01:17:31]

「さっちんがAVだってねぇ~」
お馴染み(?)の女三人が、久々に集結。
今回は、N美のセッティングで小さなお寿司屋さん。
隠れた名店らしく、とても美味しい。
N美お薦めの品がテーブルに運ばれる。
A子と私は、口にする度に感嘆の声をあげる。
 
それぞれの近況報告ひと段落の後、N美が先の話題を持ち出した。
 
「さっちん?」そちら方面に疎い私は間抜けに聞く。
「鈴木早智子。winkの」
「あぁ~、さっちんね。さっちん、さっちん。どっち?」
「痩せている方よッ」
「痩せてる、さっちんがAV出演ね。はいはい」
 
「何で今頃AV出演なのかしらね。
最近だと、そんな衝撃的というわけではないわよね。
あの頃ならまだしも・・・」
A子が腕をカクカクさせて言う。(winkの振り付け?)
「そうよね。一部R35男子にとっては衝撃的でしょうね」
N美も合わせてカクカク。
「ごめん。その後は出来ん」
その頃の邦楽に全く興味がなかったので、ついていけない私(笑)


「でも、何となくわかる気がするわ」
私の発言に二人が手を止める。
「何で?」
 
「メモリアル?なのじゃないの?」
「メモリアル?」
「そう。ギリギリでしょ。露出は。年齢的に」
「だからって・・・やけっぱちな感じ」
 
「N美もA子ちゃんも、カラダ磨いているでしょ?」
(両名とも独身)
「myちゃんもね」
「もちろん。でね、スパとかジムで同年代の女性の体型を目にすると、
  思わない?まだまだいける('-'*)って」
「まぁね・・・」
「うん」
「でしょ。もっと下の世代の何もしてないヒトに比べたら、
  ほぅら・・・・何て思っちゃったりしない?」
「ううん」
「若干」
「その、ほぅら・・・・じゃないの?」
 
「だからってAVというのも」
「だからAVなのじゃない?アノ時の所作って、
  年齢を重ね、経験を重ねるほど、何ともいえない艶めきがあるって、
  昔から言うでしょ」
 
「そうなの?」
「さあ・・・・昔からのファン向けじゃないの?」
 
「女性から見るとワカランなのだけど、男性には分かるらしいのよ」
 
「写真集でもいいのじゃないの?」
 
「だから、所作よ。それは写真だと無理でしょ?
  ちょっとした動きよ。もちろん、わかるヒト向きなのでしょうけれど。
  それと、ほんのちょっとした崩れ?がかえってエロチック。
  写真だと、ただの崩れでアラになっちゃっうけど、
  動くと、そうじゃなくなると思うの」
 
「写真集も出しているらしいわよ」
「嘘ッ!」
「ホント」
「捨て鉢だわ」
「だから言ったでしょ。やけっぱちって」
「よっぽど自信があるとか・・・・」
「うーん。見てみる?」
N美が、バッグからネットPCを取り出す。
Amazonで確認。
 
"TVでは見ることのできなかった本格的なベッドシーン、恍惚の表情、身悶えする姿などを余すことなく激撮したファン必見の1枚。 "

「ファン必見・・・・なのね」
「あくまでもそこ?」
「芸能人と言えば、ファンは恋人」
「年齢超えたら、恋人のため?」
「恋人だからこそ、分かってくれる」
「ある年齢こえたら、恋人しか分かってくれないとも?」
 
「うーん」
三人とも唸ってしまった。

というのは一瞬で、
「あらら、このヒトも脱いでいたのね」的発見多数。
 
「やはり、見せたいのね」に落ち着いた。
 
皆様はどう思われます?

*******************************************************************

女性のためのHOW TO SEX DVD『LOVE48』。
女性のHを磨くための48の方法をDVD2枚に収録。
女性は、よりキレイになるために、おしゃれやメイクなど自分磨きをします。ボディラインやバストなど体のお手入れも欠かしません。
ではHは?と聞かれるとちょっとドキッとしてしまいます。
おしゃれや体磨きのように、これからはHも磨いてレベルの高い女性を目指しましょう。柔らかく可愛らしいテクニックを身に付けたいときは『babypink』を。
大胆でセクシーな印象を出したいときは『deepred』を。

*******************************************************************

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック || 恋愛事情||


話題自体、古いらしいですが、まぁ・・・・盛り上がりました(笑)

思ふことコメント:10 □ トラックバック:-◇ 


再び

2009年09月07日[00:19:57]

戻ってきてからのtaiメールは嬉々としていて、
やりとりの応酬もリズミカルになり、
逢う日にちが決まってからは、
艶メールも交わすほどに・・・・
 
拘っていた何かを落として、
変な遠慮も取り払い、素直に感情を言葉にしている。
 
気にしていた壁は、気にしても仕方ないから自然体で、
受け入れてみる・・・・という心持ちになってくれているみたい。
 
 
逢瀬の日は、いつも現地集合。
でも今回は、私が出先から向かうこともあり、
途中の地下鉄駅で待ち合わせして、
短い地下鉄デートをリクエスト。
 
だって、私は、一緒にいられるだけで幸せ。
  
構内を歩き、一緒に地下鉄に乗り、並んでつり革にぶら下がり、
会話をして、二人だけになれる場所に向かいました。
  
 
でも、時間の経過とともに、地面から何か出てくるような違和感。
また?
 
 
 
 
長いキスの後、
「大丈夫?何か言っておきたい事ない?」
という私の問いかけにtaiは、
「それは、いいの」と答える。
 
私の思い過ごし・・・かしらね。
 
そう。思い過ごし、思い過ごし。
久しぶりですものね。
「いいの」なのだから、解決ですものね。
 
 
何となくtaiの所作に余韻が無いのも、きっと久しぶりだから。
私も緊張しているのだわ。きっと・・・・
 
 
でも、岸辺からどんどん離れていくような寂しさを感ぜずにはいられない。
 
 
今迄とは、どこか違う何か。
唇の重なり、肌のあわせ方、交わり方、攻め方、放出が・・・・
 
 
何?何か変だわ。
 
 
 
「ねぇ・・・ちゃんと話しましょう」
 
「いいでしょ。今日は。逢ったという事実だけで」
「だって、寂しいわ」
「ふぅ。もういいでしょ。あなたは、○×□△◎・・・・・」
何か突き放されたような言葉を言われたけれど、
あまりの態度に、私の頭が混乱して、何を言われているか理解できない。
 
 
 
そこから、またtaiは心を閉じてしまいました。
 
駅までの道すがらも、乾いた空気をまとったまま歩くtai。
私は、少し呆然としながら、事態を理解しようとしていました。
 
 
今日は何のために逢ったの?
リセットしたのではなかったの?
taiは、まだ気持ちの整理ができていなかった?
いいえ。メールの内容はそうではなかったと思うわ。
重なるためだけに逢ったの?
そんな事はないわ。
もう「求め方」や「スピード」は問題じゃないと思うの。
 
では何かを確認したかった?
逢って、また更にギャップを持ってしまった?
潜在的に持っていた違和感を再認識してしまった?
 
私の存在自体がtaiの違和感を増幅させている?
 
 
 
 
taiは、とても温和な性格。
でも、温和だからこそ、自分の気持ちを抑制して、
自分の中に溜め込んでしまう。
潜在意識も引き出そうとはしない。
 
だから、沸々とした感情は抱えていても、
それは出さない。

ただ、抑えている蓋が外れると、噴火してしまう。
怖いくらいにぶつけられる。
 
それを自分で知っているからこそ、籠ってしまうのでしょう。
 
 
沸々とした感情の元となっているものは、何となく察しがつく。
 
それは、いくら私が今迄以上にtaiを暖かく受け入れ、
優しさと癒しでフォローしようと思っても、取り払えるものではない。
 
taiが拘っている限り。
 
中身だけ、心の芯だけ、というわけにはいかないの?
 
今回逢ってから、チェクリストの<違う>の欄にレ点を入れられ続けて、
どんどん増えて、別れ際にはやっぱり違うと判定?
 
男のヒトは・・・・そこにやはり拘ってしまう?
 
 
寂しいけれど。
残念だけれど。
 
 
今現在、taiとは音信不通です。
 
忙しいらしいです。
解せないこともたくさん有るらしいです。
 
 
黙ってもらいたいみたいです。
 
なので、黙っております。
それが、今私がtaiにできる"情"の表現です。
 
忖度することはやめて、ただ放っております。
考えれば考えるほど辛くなるので。
 

*******************************************************************

キス専用美容液『ヌレヌレ』にあのフレーバーが再登場
忘れられないキスを演出する『ヌレヌレ』に
ヌレヌレ・ブドウキッス』が再登場
味わい深い巨峰をミックスさせた上品で大人っぽい女性らしい香り。
エッセンシャルオイルの贅沢な香りが女性を解放的な気分にさせて、男性の心に忘れられないエロティックな印象を焼き付けます。
ぷっくりとヌードな唇で、大人の女性をこの秋は演出してみましょ♪

*******************************************************************

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック || 恋愛事情||


全くの無の状態です。

思ふことコメント:19 □ トラックバック:-◇ 


伝え合い

2009年09月01日[01:32:04]

前回からの続きです。
 
taiを待つ間、私は二人だけの掲示板をつくりました。
メールですと、返事が送ることが出来ないヒトへ
"送りつけ"ているような気がしたので。
 
掲示板ですと、見たかったら見るでしょうし、
見たくなかったら見ない。
URLとパスワードを送ってtaiを待ちました。
 
掲示板には、ココにも書いた、taiを寂しくさせてしまったお詫びと反省。
私のtaiへの気持ち。
taiの全てを受け入れているということ。
コツコツと書き溜めていきました。
 
でも、taiは掲示板を見ていませんでした。
それは、見ていなかったのではなく、
掲示板の意味をtaiが理解していなかったから。
 
 
それでも私は、私自身の気持ちを整理して、
自分の気持ちが振れないように書いていきました。
 
 
ただ、やはり掲示板を見に来てもいないのは
(訪問カウンタが上がっていなかったので)
URLが届かなかった?何かあった?という疑問が湧いてきて、
久しぶりにメールをしました。
 
 
「掲示板のURLを送ったのですが、
もしかしたら届いていなかったのかしらとか・・・
何かあったのかしらと、急に不安になってきてしまって・・・・
ずっと音信不通でしたので、鼻の奥がツーンとなってしまって、
とうとうメールしてしまいました。丈夫でいますか?」

 
果たしてtaiから返事がきました。
「鼻の奥がツーン?…となる程に、ご心配をかけてしまってゴメンね。
ちゃんと生きているし、元気にしてますよ。
ここのところ、いろいろと忙しくしてます。
-中略-
掲示板のアドレスも、ちゃんと届いているよ。
 
myからのメッセージも、ちゃんと読みました。
どう反応すれば良いのか、わからないままに、
どんどんと沈黙が続いてしまって…という、
相変わらずの状態です。
 
myがとっても恋しくなったり、会うのが怖くなったり、
そのアップダウン(?)の繰り返しです。
 
でも、こうして時間を空けてみると、
あまり構えず、難しく考えずに、
無邪気に素直にmyを求めていけば良いのかなぁ…
とも思えてきた。元々は「自然体で」なんて言っていたのは、
この僕なんだけど、その僕が構えちゃってる、という感じだよね。
 
正直に言うと、myには近より難い距離というか、
壁みたいなものを感じていて、
会う度に壁が高くなっていく感じがしていたんだけど…
 
その壁も今は低くなっている感じがする。
myがその「壁」を低くしてくれているんだよね、きっと。
 
ありがとね…。 「話合おうね」と言ってくれていたのに、
僕が沈黙しちゃったから、myも困ってしまっただろうし、
悲しい思いをさせてしまったと思います。
 
僕が悩んでいたのは…
myとの付き合いを、理屈で考えていたからだと思う。
僕らの付き合いは、理屈じゃ説明できない部分があるんだよね、きっと。
 
素直にお互いを求めていけば、いいんだろうな…
だから、myも素直に求めてくださいね。
今は、とってもmyが欲しいです。
 
思いきり抱きしめて、myをたくさん感じたいし、たくさん感じさせたい。
myの体にたくさんキスして、myの体の中に入っていきたい…
その時のmyの感触、声、息を思い出すと、熱くなっちゃうよ。
…素直に、myが欲しいです。
「今さら何を言っているの?」って、言われちゃうかもしれないけど。
こんな風に、素直に求めていけば良い…のかなぁ」

 
 
やっと持ち直したかしら・・・
でも、この時点でまだtaiは、掲示板に私が書き溜めていた言葉の数々を
知りませんでした。
 
 
それで、敢えて掲示板へ促すと、やっと気づいてくれました。
 
 
「何で掲示板なんだろう…? 最初にそう思ったけれど、
こうしてmyがいろんなことを綴ってくれているのを読んで、
「そうか、なるほどね」と思いました。

僕が全然返信を書いていなかったのに、
どんどんと書き足してくれていて…
僕はそれに気付いていませんでした。
 
掲示板の意味を理解していなかったから、というのもあるし、
いろいろとmyに対する戸惑いや迷いがあったから、というのもあるし。
 
こうして、myが思いを込めて書いてくれた
1つ1つのコラムを読んでいると、
僕がいろいろとアタマだけで考えていたことや、
沈黙をしてしまったことを申し訳なく思います。
そして、myに愛されていることを、とても嬉しく思います。
今から、myが書いてくれたコラムの全てに返信を書いていっても、
今さら遅いことなのかもしれないけれど、
返信することが真摯にいろいろと考え、悩み、思ってくれた
myへのお礼でもあり、礼儀でもあると思って、
今から書いていこうと思います。
すべていっぺんに書けるワケではないけれど、
少しずつ、書き足していきますね」

 
 
taiが心の内を書いてくれました。
 
「僕が感じていたギャップね…。
確かに、誰しも「何もかもピッタリ」なんていうことは
あり得ないのはわかっているし、僕もそれは求めていないよ。
 
僕が感じていたのは「ギャップ」とか
「違和感」と言うのが適切なのかどうか、わからないんだけど…
正直に言えば「どういうツモリなのか、よくわからない」
ということだったのかもしれない。
 
僕が沈黙しがちになって、
こうして掲示板にmyの思いを綴ってくれた今は、
myの気持ちが伝わってきているので、そうは思っていないんだけどね。
 
その前はメールのやり取りや、実際に会っていても、
ちょっと切ないというか、寂しい気持ちになることがあったのです。
 
お互いの「求め方」って違うものだし、「スピード」も違うものだから、
今から思えばその「求め方」「スピード」の違いだったのかもしれないね。
 
僕ももっと早くからmyに対して、
そういう思いを正直に言えば良かったのかもしないけれど、
逆にそれを言ってしまうとmyを失ってしまいそうで怖かった、
という思いもあったりして。
意気地がなかったのかな。
でも、それで沈黙しちゃったら、解決しないのにね。
myが僕の迷いを敏感に感じ取って、
いろいろと思いを巡らせてくれたから、
こうして元に戻ってこれたけど…
>私の情は、そういうところも全てひっくるめて、
>taiであるということを受け入れているところだと思ってくれたら嬉しいわ。

僕のそんなトコロまで受け入れてくれている…という実感は、
今はあります。そんなmyがとても好きだし、
すごく嬉しいよ。 ありがとね、my」

 
 
「私が、掲示板の意味をきちんと伝えなかったのも悪かったわ。
でも、今となっては、それも良かったと思えるの。
taiが私から離れて、考えられる時間が作れたわけだから・・・
私も、自分自身を見つめられた良い機会だと思っているの。
 
逢う度にtaiが、違和感を抱えていたこと、
なんとなく感じないわけではなかったけれど、
その理由がはっきりしないまま、逢えばそのうち・・・
なんてどこかで思っていたのよね。 
 
「スピード」の違いに対する戸惑い。
無意識に私、心の奥底で「ゆっくり、少しずつ」と思っていたのかも。
 
私の場合は、息切れしちゃうのが怖かったの。
本来は、情がとてつもなく濃くて、何をするにも猛ダッシュ。
とことんやりつくして、燃え尽きても悔い無しみたいな・・・・
 
でも、taiと出逢って、失いたくないという気持ちが湧いてきてね、
とっても甘くて美味しいドルチェを
ひと匙ひと匙すくうようにしていたみたい。
一気に食べちゃうのがもったいなくて・・・
それが「どういうツモリなのか、よくわからない」
という疑問を生じさせてしまっていたのね。
 
恋愛の浅いところで、タマに逢う相手とアバンチュールを
楽しんでいるように見えてしまったのかもしれない・・・・ 
 
不本意にも、私の臆病な求め方が、
逆の気持ちを生み出してしまっていたのね。ごめんなさい。 
 
今回taiが、波長が合わない部分とのギャップがあると
はっきり言ってくれたことで、
原因が私の中にあると考えることが出来て、良い学びになりました。
 
本当、恋愛って人生の学びの場よね。 
対象が大好きな人だから、一所懸命に考えられる。
自分を反省できる。taiと出逢えて、心から良かったと思えます。
感謝しています。ありがとう」

 
 
お互いの思いを伝え合い、逢うこととなりました。

続きます。

 

*******************************************************************

◆香りを残せない関係だから◆
長く関係を続けたいから、お互いに持ち帰りはできない香り。
LCハーバルローションは、無香料ですから気になる香りは残しません。濡れた想い出だけを残して・・・・
◆ローションを買ったらオマケに付いてきたの◆ナンテネ
LCの中でもダントツの人気LCピンクローター
気にはなるけれど、使ってみたいけれど、自分から提案は恥ずかしい・・・という方。「ローションを買ったらオマケで付いてきたの」なんていうのはどう?「本当はこっちが欲しかったんだろう」なんて言われても「もぅ~イジワルぅ」なんてね。
小さいけれど、盛り上がり度は高いですよ。
★セットで ¥1160が¥1050に!110円お得です★

*******************************************************************

◆アクセスランキング参加サイト◆
  || 不倫ノートブック || 恋愛事情||


すみません。
籠ってました(笑)

思ふことコメント:5 □ トラックバック:-◇ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析 track feed _ RSS feed meter for http://koizoushi.blog13.fc2.com/
-----------------------------------------------------
このページのラブコスメ画像は許可を得て転載しています。
許可なく複製、転用、販売などの二次利用する事を 固く禁じます。
-----------------------------------------------------

不倫
婚外恋愛